最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【えひめ最新レポ】道後温泉の旅館で究極の「坊っちやん部屋」が体験できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
DSC_0258

愛媛県松山市の道後温泉にある旅館で今、夏目漱石の小説『坊っちやん』の世界をまさに“体感”できる客室がある。道後温泉とその周辺で開催中のアートフェスティバル「道後オンセナート2018」の一環。

道後エリアの人気旅館・道後舘にある一室が「部屋本 坊っちやん」として公開されている。ブックデザイナー/アートディレクターの祖父江慎さんが手掛けたその客室は、『坊っちゃん』の文章でほぼ埋め尽くされている。

祖父江慎さんのオフィスは、昔も今も数多くの本で埋め尽くされているという。一方、夏目漱石と正岡子規は明治28年から29年にかけて松山で過ごし、その10年後に夏目漱石は『坊っちやん』を発表した経緯がある。

客室の壁や天井、障子、床、なんとトイレの壁にまで『坊っちやん』の文章がギッシリとある。『坊っちゃん』を読み尽くした人にはたまらないだろうし、これを見ると思わずもう一度読み返したくなってくる。

見学特典として付く道後舘新聞『坊っちやん』も、夏目漱石と祖父江慎さんのファンは必見。名作の活字に囲まれる、ぜひ一度体験してみて欲しい。

開催期間:2017年9月2日-2019年2月28日
見学時間:11~14時 (最終受付) 見学時間20分
見学特典:道後舘新聞 『坊っちやん』漱石+祖父江慎 / オリジナル見学券 / 喫茶券
見学料金:1,500円、小学生以下 1,000円

(C)SHIN SOBUE / Dōgo Onsenart 2018

道後舘
http://www.dogokan.co.jp/

道後オンセナート2018
http://www.dogoonsenart.com/

【Nicheee![ニッチー!]編集部のイチオシ】

・【ドバイ 最新レポ】古き良きドバイが感じられる人気スポット アートイベントも
・果物をモチーフにした作品で、女性の魅力を引き出す靴職人 篠原すみれさんが新作を発表!
・日仏の漫画家たちが描く「ルーヴル美術館」特別展 見どころ紹介


Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス