最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

シンガーソングライターAnly、ドラマ「科捜研の女」主題歌を書き下ろし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


沖縄県・伊江島出身のシンガーソングライターAnlyが、10月19日から始まる沢口靖子主演の人気テレビドラマ「科捜研の女」(木曜夜8時放送)第17シーズンの主題歌を書き下ろした。

「科捜研の女」主題歌


主人公・榊マリコをイメージして作ったという新曲「Venus(ヴィーナス)」は、“明けの明星 = 金星”をキーワードに、鬱屈とした時代を懸命に生きるすべての女性を、遠くから見守り、応援する楽曲。
ドラマのメインキャストである沢口靖子さんの存在感と見事にシンクロしている。

同曲についてAnlyは、「新曲『Venus』の舞台は街の中。人に囲まれながらも孤独を抱え、自問自答の夜に”ひとりぼっちだ”と感じる。そんな時に、夜明けに1つ残った金星のようにあなたを見守る人が必ずいる。見つめかえしてくれることを待っている。
守り守られ今を生きている私達を『Venus』と呼びました。長い間シリーズを続けてこられた沢口靖子さんの力強さや、美しさをサウンドで表現しました。この曲が誰かの心を暖かく包みこみ、寄り添えますようにと願っています。」と、主題歌に起用された喜びを語っている。

Anlyはこの主題歌を期に、ヘアスタイリングを一新。腰まであった自慢のロングヘアをカット。“小学校以来”という髪の長さとなった新ビジュアルも公開した。

メインキャスト 沢口靖子からのコメント


『Anlyさんに書き下ろしていただいた「Venus」時に、孤独を感じる瞬間ありますよね。
でも、必ず誰かが見守ってくれる、そばにいてくれる。Anlyさんの力強くのびやかな歌声と暖かいメッセージが、
また一歩、歩き続ける力を与えてくれる気がしました。素敵な曲をありがとうございました。』
とコメント。

今回サウンドプロデュースに、JUJUや西野カナも手掛ける著名な音楽プロデューサーJeff Miyahara(ジェフ・ミヤハラ)を迎え、スケールの大きなバラード作品となった「Venus」。その「Venus」が収録されるシングルは11月29日にリリースとなる。

カップリング曲や、特典などの収録内容は後日発表されるそう。

Anlyは10月10日から自身2度目となる全国ツアー「Anly Live Tour ☆北斗七星☆」がスタートする。
もちろんライブのなかでも「Venus」が披露されることは期待されており、年末に向かってAnlyの活躍から目が離せない。


外部リンク(UtaTen)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス