最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

妊娠初期の出血はよくあること?安静にするしかないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
妊娠中に出血があると不安になるものです。妊娠初期の出血で受診したところ、安静にする以外できることはないと言われたという相談がありました。この時期の出血はよくあるのでしょうか?また、安静にすること以外にできることがあるのでしょうか。

プレママからの相談:「妊娠初期の出血は珍しいことではない?」

『妊娠が分かってすぐの頃に、茶褐色の出血がありました。驚いてすぐに病院に行き診察してもらいましたが、今出来ることは何もないと言われてしまいました。なるべく安静にして過ごすようにはしましたが、本当に何も出来ることはないのでしょうか。もし何か安静にする以外に出来ることがありましたら、教えていただきたいです。またネットの情報では妊娠初期に出血があった人が意外と多くいましたが、妊娠初期の出血は珍しいことではないのでしょうか。(20代・女性)』

妊娠初期の出血は珍しくない


妊娠初期の出血を経験する妊婦さんは少なくないようです。切迫流産、異所性妊娠(子宮外妊娠)など要注意のものまで色々な可能性が考えられるとのことです。

『妊娠初期の出血は、比較的多くの妊婦さんが経験するようです。心配ない出血であることも多いのですが、その反面、異所性妊娠(子宮外妊娠)や流産など注意を払うべき状態の兆候であることもあります。(小児科専門医)』

『妊娠初期で考えられる出血は流産です。流産は、全妊娠の10%程度と言われています。特に、妊娠12週までに起こることが多いため、妊娠初期の出血には注意が必要です。また、流産には、切迫流産、稽留流産、進行流産があります。(助産師)』

出血があったらまず担当医に相談しよう


危険な出血かどうかは自己判断できません。出血が見られたら、安静にすると同時に、産婦人科医師に相談するようにというアドバイスをいただきました。

『かかりつけの産婦人科医師の診察を受けることがとても重要です。例えば異所性妊娠(子宮外妊娠)の場合は手術による対応も必要になりますが、問題ない出血の場合(着床時出血や体内環境の変化など)に対しては、基本的に安静を保ちながら経過観察することになります。(小児科専門医)』

『茶色の出血の場合は、比較的緊急を要さないことが多いといわれています。胎児の成長に伴い毛細血管が切れて起こった出血が、おりものと一緒に出てくることが原因であることが多いといわれています。しかし、茶色い出血であっても、無理をせず安静にし、産婦人科医師に相談するようにしましょう。起こった出血が危険なものかどうかは自己判断できませんので、出血があった時には産婦人科医師に相談するのが原則です。(看護師)』

『鮮血の出血・お腹の張り・腹痛を伴う場合には、緊急を要する場合がありますので、速やかに病院を受診しましょう。(看護師)』

『切迫流産とは、少量の出血はあっても、赤ちゃんはまだ生きていて、安静を保てば妊娠が継続する場合のことを言います。自宅で安静を保つのが難しい方は、入院をする場合もあります。入院時点の安静度は、「トイレと洗面のみ」となる場合が多いです。その後、治療の経過を判断して、シャワー可→病棟内歩行可→病院内歩行可と安静度が拡大して退院を迎えます。(助産師)』

妊娠初期の出血は珍しいものではなく、心配いらないものから、切迫流産や異所性妊娠(子宮外妊娠)など注意を要するものまで原因は様々なようです。危険な出血かどうかは自己判断できないため、かかりつけの産婦人科医師に相談することが大切です。


外部リンク(イクシル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス