最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

花總まり、平野綾が3年ぶりに描く英女王の物語!ミュージカル『レディ・ベス』初日前会見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年10月8日(日)から東京・帝国劇場にてミュージカル『レディ・ベス』が開幕する。本作は約45年もの長きに渡り英国女王として君臨し、母国に繁栄をもたらしたエリザベス一世(レディ・ベス)の若い頃から女王に即位するまでの激動の人生を描く物語。2014年の世界初演から3年の年月を超えたが、レディ・ベスをWキャストで演じる花總まり平野綾をはじめ、メインキャストがほぼ変わることなく再演の日を迎えることとなった。初日を目前にした10月7日(土)、初日前会見が帝国劇場にて行われ、花總、平野とロビン・ブレイクをWキャストで演じる山崎育三郎加藤和樹が姿を現した。

3年ぶりの再演、となる本作だが、花總は「稽古場の時点から初演のような濃密な稽古をし、さらに舞台に立ってからも変更が入ってばたばたしてます」と舞台裏を明かしたが、「3年を経て新しい『レディ・べス』をお見せできるのが楽しみです」と笑顔。平野も同感と言いたげに「新曲が増えてドキドキしていますが、早く皆さんの前で演じたいです」とやる気いっぱい。
花總まり
花總まり
平野綾
平野綾

昨今、映像の仕事が多く、今年初の舞台仕事となる山崎は、自身の事も含め「いろいろな経験をいてみんながここに集まってきました。きっと濃密な『レディ・ベス』をお見せできると思います」と胸を張るが、久しぶりの舞台の稽古場では「皆の声がでかいなあと思いました」と“ミュージカルあるある”的なエピソードを話し、笑いを誘っていた。
山崎育三郎
山崎育三郎

そして加藤は「初演を迎えるような気持ちです。役としての在り方は皆変わっていないんですが、3年の時を経て役に対するそれぞれのアプローチの仕方に変化が出ていておもしろかったです」と稽古を振り返っていた。
加藤和樹
加藤和樹

初演から再演となり、大きく変わったとことは「最後の最後に歌うベスの曲です」と語る花總。「物語の大詰めの所がググッと通り上がりますね。観ている方も興奮できると思いますよ」と期待を持たせると、山崎も「より切ない感じになりますね。僕は初演より再演の方が好きです」と語っていた。

なお、この取材当日は、加藤の33歳の誕生日。すでに『レディ・ベス』メンバーによるグループLINEでお祝いをされたそう。さらに明日は平野の30歳の誕生日ということで「30歳になって初めての仕事がこの『レディ・ベス』で嬉しいです」と満面の笑みを浮かべていた平野だった。

今回はベスの親子関係や当時のイギリスの情勢なども深く掘り下げて描かれ、シリアスさも増すとのこと。これを踏まえて花總は、「初演のときはこの作品を作ること、幕を開けることが必死でしたが、今回はべスの人生に焦点を当てて深く演じていこうと思います」と力を込めていた。
【あらすじ】
16世紀のイギリス。
ヘンリー8世の王女として生まれたレディ・ベスは母親のアン・ブーリン(和音美桜)が反逆罪で処刑されたため、家庭教師ロジャー・アスカム(山口祐一郎)らと共にハートフォードシャーで暮らしていた。
そうしたある日、若き吟遊詩人ロビン・ブレイクと出会う。
ベスは、彼の送っている自由なさすらいの生活に心魅かれる。
メアリー(未来優希・吉沢梨絵/Wキャスト)がイングランド女王となると、ベスを脅威に思い謀略をめぐらすメアリーの側近、司教ガーディナー(石川禅)らは増長の一途をたどる。
ベスは絶え間なく続く苦境に、自分自身の運命を嘆きながらも、強く生きることを決意し、ロビン・ブレイクと密やかに愛を育む。
メアリーの異教徒への迫害が続くなか、民衆は次第にベスの即位を望むようになる。
そんな中、メアリーはベスへある告白をする……。
取材・文・撮影=こむらさき
公演情報 ミュージカル『レディ・ベス』 ■脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
■音楽・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
■演出・訳詞・修辞:小池修一郎
■出演:花總まり/平野綾(Wキャスト)、山崎育三郎/加藤和樹(Wキャスト)、未来優希/吉沢梨絵(Wキャスト)、平方元基/古川雄大(Wキャスト)、和音美桜、吉野圭吾、石川禅、涼風真世、山口祐一郎 ほか <東京公演>
2017年10月8日(日)~11月18日(土)
■会場:帝国劇場 <大阪公演>
2017年11月28日(火)~12月10日(日)
■会場:梅田芸術劇場メインホール

■公式サイト:http://www.tohostage.com/ladybess/

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス