最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

北朝鮮、今月10日に挑発行為で米国が軍事攻撃開始か…安倍首相の進退問題浮上も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国のティラーソン国務長官がトランプ大統領を「ばか」呼ばわりしたと報じられたことで、北朝鮮への対応など外交政策をめぐる両者の確執が表面化している。ティラーソン氏は会見でこの報道や辞任説を否定し、トランプ大統領も「フェイクニュース(偽ニュース)」と一蹴したが、その後も大統領は「嵐の前の静けさ」という表現で、北朝鮮への軍事攻勢を示唆するなど、北朝鮮政策をめぐる両者の対立は隠しようがなく、いまだに国務長官辞任説はくすぶり続けている。

かりに辞任すれば、米政権内の北朝鮮政策の足並みの乱れが露呈することになり、米主導の国連安保理の厳しい対北制裁にもかかわらず、結果的に核・ロケット開発に固執する金正恩朝鮮労働党委員長に利することになるのは間違いない。ひいては、10日公示、22日投開票の日本の衆議院総選挙にも影響し、対北強硬論者である安倍晋三首相の進退にも発展しかねない。

●「時間の無駄」発言

CNNがティラーソン氏の問題発言がなされたとされる会議に出席した人物の話として報じたところでは、会議は今年夏にペンタゴン(国防総省)で開かれ、同氏は確かに大統領を「ばか」呼ばわりしたが、この会議に大統領は出席していなかったという。ティラーソン氏は大統領不在の場で、欠席裁判的に「moron」と大統領を批判したという。「moron」を手元にある英英辞典「Longman Dictionary of American English」で引いてみると、「a very foolish person」(非常にばかな人)と意味づけている。また、「ジーニアス英和辞典」(大修館書店)では「1 軽度知的障害者(知能が8-12歳程度の成人)。2 ばか、まぬけ」とある。

いずれにしても、長官は大統領のことを“子ども扱い”したことは間違いない。CNNはどのような問題でティラーソン氏が大統領を「ばか」呼ばわりしたかについては触れていないが、思い当たるのは北朝鮮への対応だろう。

ティラーソン氏は9月下旬、トランプ大統領の訪中に先駆けて北京を訪問し、首脳会談の議題などについて関係当局と協議し、習近平国家主席とも会談し、北朝鮮とは対話による平和的な手段で問題解決に取り組むことで合意した。ところがその直後、トランプ大統領は「私は素晴らしい国務長官であるレックス・ティラーソンに『小さいロケットマンと交渉しようとすることは時間の無駄だ』と言ってやった」とツィッターに書いたのだ。

さらに続けて、「過去25年間ロケットマンに優しくして失敗してきたのに、どうして今うまくいくものか。エネルギーを節約しろ、レックス。我々はやらなければならないことをやろうぜ」と書いて、大統領はワシントン-北京間を往復するなど、平和的な解決に向けて精一杯取り組んでいるティラーソン氏の外交努力を「時間の無駄」と決めつけたのだ。これでは、まるで長官の「ばか」呼ばわりに対抗するかのようだ。

これを受けて、まだ北京に滞在していたティラーソン氏は9月30日、同行記者団と懇談を行ったが、トランプ大統領の「時間の無駄」発言に質問は集中。記者は「トランプは北朝鮮との交渉は時間の無駄と言っているが?」と質問した。ティラーソン氏は「平壌と交信するチャンネルは保持している。幅広い制裁が効き始めている。我々はその兆候を確認している」と指摘し、トランプ大統領の見解との相違を強調している。

さらに、長官は「平壌と交信するチャンネルは保持している。2つ、いや、3つ存在する。だから、会話は可能だし、会話している」としたうえで、「中国経由か?」との記者の質問に「いや、直接だ」と答えて、国務省など米政府が直接、北朝鮮当局と3つのルートで対話を続けていることを明らかにしたのだ。

当然、「3つの直接の対話ルート」について、ティラーソン氏はトランプ大統領に報告しているはずだが、トランプ大統領が外交的努力に否定的な発言を繰り返すのは、ティラーソン氏を信用していないことの裏返しともとれる。

その証拠に、トランプ大統領は5日夜、ホワイトハウスで開いた軍高官らとの夕食会で、報道陣の冒頭撮影に応じながら、軍高官らを見渡し「これが何を意味するかわかるかな。嵐の前の静けさだよ」との意味深な発言を行った。記者たちは大統領に「嵐とはなんのことですか」と質問したが、大統領は笑みを浮かべながら「そのうちわかるよ」と述べるにとどまったという。

このため、メディアの間ではトランプ政権が近く安全保障分野での懸案に関し、北朝鮮への軍事攻撃などの新たな行動に踏み切る前触れではないかとの臆測が広がっている。

●北朝鮮、10日に挑発行為か

北朝鮮情勢をめぐっては、米中央情報局(CIA)で朝鮮半島情勢を統括する「コリア・ミッションセンター」のヨンスク・リ副局長代理が4日、ワシントン市内の大学で講演し、北朝鮮が朝鮮労働党創建記念日である今月10日(米国時間9日)に挑発行為を仕掛けてくる可能性があるとの見方を明らかにしている。米国時間の9日は米国の祝日である「コロンブス・デー」にも当たっている。

北朝鮮はこれまでも米国の祝祭日に合わせてミサイル発射や核実験などを実施しており、リ氏は「(北朝鮮問題の関係者は)電話のそばにいたほうがいい」と述べて、北朝鮮の挑発行為を警戒するよう呼びかけている。

これと符合するかのように、トランプ大統領の「嵐の前の静けさ」発言が飛び出したことから、米国内では9日(日本時間10日)の北朝鮮の挑発行為に合わせて、米軍がなんらの軍事行動を起こす準備を整えているのではないかとの観測が高まっている。

ところで、日本では10日は衆院総選挙公示日に当たっていることから、米朝いずれかでも軍事行動を起こせば、否が応でも総選挙に強い影響を与えることは間違いないだけに、日本にとっても対岸の火事として座しているわけにはいかないのは当然であろう。
(文=相馬勝/ジャーナリスト)


外部リンク(ビジネスジャーナル)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス