最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

負けず嫌いは意外と多い? TOKIO松岡は負けず嫌いすぎて苦手な蛇ゲットも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©sirabee.com

身近な人や芸能人を見ていて「この人負けず嫌いだなぁ」と思うことはないだろうか。

例えば、TOKIO松岡昌宏はさまざまなシーンで負けず嫌いを発揮している。先日9月24日に放送された『ザ!鉄腕DASH!』(日本テレビ系)の3時間スペシャルでも、負けず嫌いすぎる行動が話題となった。

■蛇嫌い vs 負けず嫌い


『ザ!鉄腕DASH!』の人気企画である「DASH島」で、無人島を探索中に見つけたボーリング玉を使い、優勝賞品の「蛇入りの瓶」をかけて砲丸投げ勝負をすることに。

松岡は大の蛇嫌いでも有名。松岡にとっては、勝ってもイヤなものを受け取るだけな勝負のはずだが…。

しかし、「負けず嫌いな男」である松岡は、全力で勝ちに行き優勝。「ムキになっちまった」と後悔しながらも、蛇入りの瓶をイヤイヤ受け取るはめになった。

■負けず嫌い寛容派は意外と


松岡の負けず嫌いな行動には、ファンからは「癒された」という声が多かった。しかし、一般の人が負けず嫌いを発揮した場合、周囲はどう感じるのか。

しらべぇ編集部が、全国の男女1,343名を対象に「負けず嫌いをどう思うか」意識調査を行なったところ、「理解はできる」の回答が61.2%で最も多かった。

©sirabee.com

また、「自分もそうだ」6.1%、「共感する」13.2%に、「理解はできる」を合わせた「負けず嫌いな人に寛容」な人は81.5%とかなり多いことがわかる。

負けず嫌いな人が身近にいると、何かと迷惑なことがありそうなイメージがあるが、この結果を見る限り、そういうわけでもないらしい。

■寛容派こそ負けず嫌い!


全体を見ると寛容な人が多いことは分かったが、他にどういった傾向があるのか。特徴別に見てみると、“やっぱり”なものが。

©sirabee.com

「ゲーマー」は相手や友達に負けたくなさそうだし、「ガリ勉」も順位を争う負けず嫌いな一面があるだろう。

また、「リア充」には、なんでも器用に上手にできて「負けない」印象があるし、「面食い」には美人やイケメンと付き合うことで、優越感に浸りたい…といったイメージが。

『ザ!鉄腕DASH!』の松岡は、「蛇が嫌いなのに、全力で勝ちに行く」姿がどこか愛らしく、「癒し」と感じた人が少なくなかった。

一方、普通の人の場合は、世間からの理解があるからといって、ムキになり過ぎると、周囲がドン引き…なんてこともありそうなので、注意が必要そうだ。

合わせて読みたい→山下智久、ジャニーズの厳しい洗礼を激白 「負けず嫌い」な気持ちが燃えた

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1343名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス