最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

あり得る!ハワイまで30分。イーロン・マスクが言うんだから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京からNYまで37分、シドニーは35分、ホノルルは30分。

奇跡のような移動時間を可能にする乗り物が、ついに実現するかもしれない。

世界中どこでも、30分で到着!?




オーストラリア・アデレードで開催された国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。

それを可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。創設者であるイーロン・マスクによれば、火星移住計画様に開発された宇宙船であり、2022年にはテスト飛行を開始する予定。

驚くべきは、実現した時の価格予想。どうせ一般人が気軽には使えないほど高いのだろうと思ったら、現在のエコノミークラス程度になる予定だとか。

Instagramに公開された、イメージ映像がコチラ。



Fly to most places on Earth in under 30 mins and anywhere in under 60. Cost per seat should be about the same as full fare economy in an aircraft. Forgot to mention that.

Elon Muskさん(@elonmusk)がシェアした投稿 -


「明日休みだからNY」
あぁ、うっとりしてしまう。




地球上のどこにいくにも30分。そんな日が来たら、1日の休みが持つ可能性は計り知れない。国内旅行よりも、海外に行くほうが圧倒的に速いだろう。半日だって遊びに行けてしまう。ビジネス面でも、企業の海外進出が今以上に活発になることは間違いない。「BFR」によって、世界は大きく変化していくのだろう。

便利である反面、心配なのはやっぱり安全面。過去の事例がない分、リスクが高すぎると感じている人も多い。

ちなみに、「BRF」はBig F**king Rocketの略。なぜここでFワード?と、一瞬目を疑ったけれど、いろんな意味で人類に刺激を与える存在になるであろうことは、この単語からも感じ取れる。ちょっと怖いけど。



Reference:Making Life Multiplanetary,@elonmusk


外部リンク(TABILABO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス