最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

磯山さやか 23冊目写真集「熟女感増さないように攻めないで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
親しみやすい笑顔と、”お母さん”みたいな安心感で幅広い層に根強い人気の磯山さやかが、実に2年ぶりとなる最新写真集『holiday』(ワニブックス)を発売、記念のイベントがブックファースト新宿店で行われ、会場前は老若男女長蛇の列となった。
23冊目となる今回の写真集の舞台はロサンゼルス。古くから彼女を撮り続けている矢西誠二氏のタッチで、タイトル通りにまるで休日を一緒に過ごしているかのようなリラックス感と、LAならではのスケール感や”抜け感”を楽しんでもらえる一冊となっている。
IMG_5380
「ロスは天候がいつも良いということで(撮影地に)選んだんですが、なぜか海での撮影の時だけ雨が降ってしまい、それは残念だったと思いますけど、ロスらしい風景もたくさん撮れたので”観光写真集”みたいな感じになっていると思います」と遠慮気味にアピール。しかしお気に入りショットは大胆に豊満なバストを洋書で隠すというセクシーショットを選択。「振り返ってみると、グラビア17年やらせていただいてますけど、モノで隠すというのをあまりやってこなかったので、”可愛いのかな?”って思ってやったらすごく可愛くなったので、綺麗に撮っていただけたなと思って」と満足そうに答えた。写真集のタイトル『holiday』にちなみ、休日の過ごし方を問われた磯山は「昼からお酒飲んでます」と告白。記者陣の笑いを誘った。
出来上がった作品を観て本人は「あまり攻めてない磯山さやかが撮れたなと。大体グラビアって”私を見て!”みたいな表情とか、ポージングとかが多いんですけど、今回は柔らかいというか、いつにも増して”まるい”印象の作品になったと思いますね」とにっこり。写真集を出し続けることへの新鮮さの持続を問われた磯山は「そうですねー、あんまり無理して”いやらしい”ものを作らないようにしています。グラビアは男性の方に喜んでもらうことが第一と思ってやってるんですけど、どうしても写真集でやりすぎてしまうと、本当に”熟女感”が増してしまうというか(笑)、もう34歳なので。それでどこかフレッシュさを残せとなると、形でいやらしさを見せるんじゃなくて、表情とかで見せるようにして、あまり露出をしないように心掛けたら、そこまで”熟女感”出てないんじゃないかなあって毎回思ってます」と語った。
撮影前準備もさほどせず臨んだようで「ジムに通って体作りをやっても、やっぱりぽっちゃりはぽっちゃりなんで(笑)、あんまりやりすぎてもファンの方に喜んでもらえないのかなあと思っているので、普段通りにストレスを貯めずに過ごしてましたねえ」と振り返った。
「ロンドンハーツ」(テレビ朝日)で、グラビア界のレジェンドの双頭として、磯山と肩を並べる熊田曜子に関して質問が飛ぶと、「熊田さんはもう、別格ですからね。お子さん産まれても戻って来てくれて。そこまでできないと思います。私は結婚したらグラビア辞めると思うので、どんどん”キングカズさん”のようになってくれたら嬉しいですねえ」と盟友にエールを贈った。

外部リンク(dwango.jp news)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス