最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

竹内涼真の"たくましさ"が決め手!『陸王』ランナー役起用の理由、プロデューサー明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の竹内涼真が、10月15日スタートのTBS系日曜劇場『陸王』(毎週日曜21:00~)で、長距離ランナー役に挑む。半年前に行われたオーディションを勝ち抜いて出演を決めた竹内。その決め手は何だったのか、伊與田英徳プロデューサーに話を聞いた。

○竹内演じる茂木裕人は"陸王"開発の最重要人物

『半沢直樹』『下町ロケット』で知られる池井戸潤の同名小説を原作とする同ドラマ。主人公で創業から100年以上続く老舗足袋業者・こはぜ屋の四代目社長・宮沢紘一を役所広司、その長男・宮沢大地を山﨑賢人が演じ、実業団・ダイワ食品の陸上競技部員・茂木裕人を竹内が演じる。

茂木は、学生時代に箱根駅伝5区を走った有力選手で、ダイワ食品期待の新人だったが国際マラソンで膝を痛めてしまう。そして、その原因が走法によるものと判明し、フォーム改良に取り組む中でこはぜ屋のランニングシューズ「陸王」に出会うという、「陸王」開発の最重要人物だ。

○茂木役と重なる"たくましさ" - "走り"と"芝居"も評価

竹内は、伊與田氏がプロデュースを務めた『下町ロケット』で、佃製作所の技術開発部 に所属する立花洋介役を好演。それ以前から竹内に会ったことがあったという伊與田氏は「なかなかの好青年」と言い、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』や日本テレビ系連続ドラマ『過保護のカホコ』で大ブレイクを遂げたこのタイミングでの『陸王』出演に、「とてもいいタイミングで再会できる」と目を細める。

実は竹内はオーディションを受けてきた。「知名度も出てきたからオーディションは受けないのかなと思ったら、オーディションから来てくれて、それを勝ち取っていく。そのたくましさが茂木のたくましさと合っていると思った」と説明。それだけではなく、"芝居"と"走り"も重要なポイントだったが、"走り"については監修を務める青山学院大学の原晋監督から「彼だったらいけますよ」とお墨付きをもらったという。

芝居については「訴えてくるちゃんとしたお芝居をされる方。それは『下町ロケット』でわかっていた」と伊與田氏。そして、「知名度が上がり鼻が高くなるのではなく、0からオーディションに来る彼の心意気が茂木と重なった」と竹内の姿勢を評価する。

○ランナー役としての肉体改造に太鼓判! 撮影エピソードも

竹内は東京ヴェルディユースでプロサッカー選手を目指していたというスポーツマン。ランナー経験はないものの、茂木に共感できるところが多いという。また、マラソンランナーに見えるように肉体改造をし、走り方もトレーニング。伊與田氏は「忙しい中準備をしてくれて、今すごくいい感じになっている」と語る。

茂木役をオーディションにした理由も聞いてみた。伊與田氏は「フレッシュなイメージがほしかった。キャスティングで決めていくというより、雑草魂というか、自分の足で立ち上がってくるたくましさが欲しかった」と説明。そのため、茂木以外もランナー役はすべてオーディションで決めたという。トレーニングも重ねた彼らに、伊與田氏は「現場で見ていると『本当の選手かな?』と思うくらい」と太鼓判を押す。

茂木のチームメイト・平瀬孝夫役には、箱根駅伝に2度出場した経験を誇る和田正人が決定。茂木が平瀬らと走るシーンの撮影も行われたそうで、経験者と並んで走る竹内について、伊與田氏は「大変だったと思う。あの中でも一番速く走らないといけないから。足パンパンって言ってたよ」と明かす。演技だけでなく、"走り"も求められる茂木役。竹内のランナー姿に注目だ。

(C)TBS

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス