最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

キャサリン妃 ツワリに苦しむも「ようやく最悪な時期は通過」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
念願の第3子を妊娠したものの、激しい吐き気やおう吐が続き静養中の英キャサリン妃。困り果てた夫ウィリアム王子も「コレはどうか」「アレはどうか」と様々な食材を入手し妻に食べるよう勧めていたというが、“ツワリ軽減に効果大”と言われるものも妃には効かず。しかし「ようやく最悪な時期を越えた」という証言もあることから、順調に行けば近いうちに再び妃の笑顔が見られるかもしれない。

酷い船酔いのようなムカつきが延々と続き、「コレなら…」と食べても全て嘔吐してしまう。そのような状態をジョージ王子とシャーロット王女の妊娠で経験したキャサリン妃が、再び通常の生活ができぬほど体調を崩し静養生活を続けている。ツワリの症状、続く期間は人それぞれで、10分おきに吐いてしまう人もいれば、出産まで体調不良が続き入院生活を余儀なくされる人も。突然元気になり食事ができるようになる場合もあるが、いずれにせよツワリの期間は一日、一日が辛く非常に困難であることは間違いない。

しかしキャサリン妃の場合、今回の妊娠が発覚するなり医師団が早急に妃の体調管理をスタート。症状の悪化で入院を余儀なくされぬよう見守っているといい、「しっかり休んでください」「焦らず少しずつ乗り越えましょう」とアドバイスしてきたという。そのような周囲の努力や力添えもあり、妃の体調も現在は少しだけ良くなっているもよう。妃の家族を知るという人物は『E!News』にこう話している。

「キャサリン妃の場合、とにかく妊娠初期の体調が酷いんです。でも現在は酷く辛い時期は脱しています。大丈夫ですよ。」

現在はすでに妊娠中期に突入しているという話もあり、一部メディアの報道によると「公務などへの復帰に向けて準備を進めている」とのこと。さらにジョージ王子が学校にいる間にシャーロット王女としっかり向き合い、なかなか確保できなかった母娘の時間を満喫しているという。

今後徐々にツワリの症状が軽減し一日も早く元気になるよう、夫ウィリアム王子、そしてジョージ王子とシャーロット王女が誰よりも強く望んでいるはずだ。まずは無理をせず、家族のためにもしっかりと休み体調を整えていただきたい。

画像は『Kensington Palace 2017年7月19日付Instagram「The couple walk through the Field of Stelae at The Holocaust Memorial inBerlin.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス