最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松岡茉優、子役からの憧れ“志田未来”を「これからも追いかけていきたい存在」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女優の松岡茉優が、TBS系列にて10月13日よりスタートする新ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜22:00~※初回は15分拡大)の記者会見に出席。第1話のゲストである志田未来について「子役の頃から憧れの存在だった」と明かし、共演してみての感想などを述べる場面があった。

本作は、「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウによる同名漫画が原作。2015年10月期に放送された第1期では「命が誕生する奇跡」を描き、最高視聴率12.6%(第8話)、全10話の平均視聴率は11.5%を記録した(※視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)。そして、第2期となる今シリーズで描くのは、「生まれ、そして生きること」。主演の綾野剛演じる、ある時は冷静な判断力と患者に寄り添うことをポリシーとする産婦人科医、またあるときは情熱的で謎多き天才ピアニスト「BABY」という二つの顔を持つミステリアスな主人公・ 鴻鳥サクラの1年半後の姿を描く。

この日は松岡のほか、主演の綾野、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋が劇中の衣装であるスクラブを身に着けて登場。前作から1年半ぶりに集結したということで、久しぶりに会った印象を聞かれると、綾野は「連絡は取り合っていたので、久々というよりか、またこのチームで同じベクトルに向かって戦えるんだなと思った。支え合っているメンバーなので、患者さんに向き合う時間を多く持てた」と語った。

また、「1年半の間でそれぞれの出演作を見ていたか?」と聞かれると、綾野は「僕は見ていましたよ。源ちゃんの“オモえもん”(※NHK『LIFE!』内のキャラクター)とか。『おげんさんといっしょ』(NHK)とか」と他局の作品をピックアップ。松岡から「それ!? TBSでそれ? それじゃないやつあるじゃん! TBSのいいやつあるじゃん!」と突っ込まれると、綾野は「あー『逃げ恥』ね!」と思い出したかのように言い、“恋ダンス”の振り付けをして見せた。

そんな中、第1話のゲストである志田や泉澤祐希の話に。綾野は「お芝居が上手な2人が、役者にとっては非常に大切なある種の武器であるセリフをなくした状態で、どういう表現をするんだろうというのが非常に楽しみで。本当に(本番では)驚かされました。魅力的でしたね」と2人を絶賛し、続いて松岡は「子役の頃から本当に憧れだった志田さんと、ワンシーンだけだったんですけどご一緒できて、改めてすごい先輩女優だなと思いました。歳が近いので、本当に頼もしくて、これからも追いかけていきたい存在だなと思いました」と、力強く語っていた。

外部リンク(テレビドガッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス