最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

星野源、本番は"笑顔封印"も現場では「赤ちゃんにニコニコしちゃう」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歌手で俳優の星野源が7日、都内で行われたTBS系ドラマ『コウノドリ』(10月13日スタート、毎週金曜22:00~)の特別試写会&舞台挨拶に出席した。

講談社『モーニング』にて人気連載中の鈴ノ木ユウの同名漫画をドラマ化。2015年10月期に放送された前作に続き、産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラ役を綾野剛が務め、前作から2年後の姿を描く。

サクラの同期で良きライバル・四宮春樹を演じる星野は「2年前の1stシーズンのときから現場も楽しく作品も素晴らしくて、今日1話を見終えて、本当に素晴らしい作品にまた出ることができてうれしい」と感激。「現場では赤ちゃんがいっぱい訪れてくれて、本当にニコニコしちゃいます。でも、"しのりん"四宮は笑ってはいけないので、笑顔を封印して撮影を頑張りたい」と四宮役としての意気込みを語った。

本作で四宮が笑うのか聞かれると「今のところはないです。これから笑顔が出てくるのかな」と星野自身もまだわからないとのこと。また、「今回、(吉田演じる)小松さんに"しのりん"って言われてないんです。"しのりん"っていう呼び方をすごい気に入っているので、どこかで入れてください」と希望した。

さらに、「表情は相変わらず硬いんですけど、前回より気持ちを言葉にする"しのりん"の成長が。前回のラストにあったきっかけを経て、一つつきものが落ちたのかなと」と四宮の変化を説明。「信念はぶれないながらも、思い悩んでいるサクラに寄り添っていこうとする。チームの中に入っている感覚があって、それがすごくうれしい。前回はあまりチームの中にいる感じではなかったので」とチーム感を喜んだ。

舞台挨拶には前作に引き続き出演するオリジナルメンバーが集結。星野のほか、主演の綾野剛、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、大森南朋が出席した。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス