最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

騙されないで! 「カラダ目的の男」が言う“ズルすぎる逃げ口上”5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
彼と二人で楽しく過ごしているのはいいのだけれど、ふと「もしかして、カラダ目的なのかな……」と思うときってありますよね。

こんなときの直感は当たるもの。思いきって「私たち、付き合ってるの?」「どんな関係なの?」と聞いてみると……。

今回は、はっきり「付き合おう」とは言わずに、煙に巻こうとする「ズルい男」の逃げ口上をご紹介します。

■「楽しんだでしょ?」

「そりゃ確かに楽しいけど……」

そもそも男女では楽しむ意味が違います。男性は行為自体を楽しみますが、女性は雰囲気や、行為に至るまでのプロセスを楽しみます。

エッチだけではなく、そのあとの会話などデートのもろもろをひっくるめたことを指しているのです。

カラダ目的の男は「男も女も同じ考え」と植え付けようとしていて、男女を同じ視点で見ています。

■「女子にも性欲あるよね」

「もちろんあるから会ってるけど…」

もちろん女性にも性欲はありますが、イチャイチャなどのメンタルな部分がほとんど。愛がなければ性欲はわかない、ということを知らないのです。

自分がムラムラしているときは相手もムラムラしているという謎の持論があり、「今日はちょっと…」と断られると怒るのがこのタイプ。

アダルト動画をうのみにしていて、女も男並みの性欲があると思っています。デリカシーがありません。

■「カラダから始まる恋もあるよ」

「そういう始まりもありなのかな」

こんな風に言われたら一瞬納得してしまいますよね。

確かにそうかもしれません。それでも、恋が始まる始まらないの決定は早くすべき。普通はこんなことは言いません。言うことによって、言葉巧みに正当化しようとしているのです。

■「これから知っていこう」「知っていけばいいよ」

「うん、これからだよね」

そう答えてしまいたくなる、優しくて甘い言い方ですね。

女性の言う“これから知る”は、お互いの内面のことを指していますが、男性は「もっとエッチしてみよう」という意味で言っています。カラダを知っていく……という直接的な話です。

■「大事なことだから、先に相性を確かめたんだ」

「それも大事だよね…」

と、やはり納得してしまいますね。しかしこれは「その後、恋愛に発展するかもよ。わかんないけど」という意味でしょう。

カラダ目的の男にとって、相性を確かめることが先だろうが後だろうが関係ありません。「これじゃまだ相性がわからない」などと言いつつ、ずるずる関係を続けるズルい男もいます。

以上、すべて一理あるように思えますよね。しかし、相手は自分に有利なことを言っているだけ。これこそ口車というものです。

彼がつねづね「関係を軌道修正しないと」と思っていて、伝えるタイミングを失ってしまっていただけ……というなら「どんな関係?」とこちらが聞けば「付き合ってるよ」「恋人だよ」と答えてくれるはずです。

そこでやりがちな間違いは「彼氏を作ろうかな」と言ってしまう、安っぽい駆け引きです。

「彼氏は僕だよ」と言ってほしいのか、それよりも「セフレと認識している物分かりのいい女」なのか。“私は彼氏じゃない人とそうなっていても平気な人です”と言ってるようなものですから、そこは気をつけて。

いかがでしたか?カラダ目的の男は今回ご紹介したような価値観なので、今後も変わりません。

とくに、こんな逃げ道を作っている男は、経験を積んだしたたかな男か、何かに影響されている男。ただのカラダ目的よりタチが悪いです。

カラダから始まる恋はありますが、相手の男性が女性を大切に思うか思わないかはすぐジャッジできます。

女性を大切に思ったら関係性を改めるはず。ああだこうだ逃げ道を作らないかどうか、よく見極めてくださいね。


外部リンク(ウレぴあ総研)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス