最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

星野源&綾野剛が"恋ダンス"ポーズ!『コウノドリ』俳優陣の自由さに会場爆笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月13日にスタートするTBS系ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜22:00~)の特別試写会&舞台挨拶が7日、都内で行われ、主演の綾野剛をはじめ、松岡茉優、吉田羊、坂口健太郎、星野源、大森南朋が出席した。

講談社『モーニング』にて人気連載中の鈴ノ木ユウが描く同名漫画をドラマ化。2015年10月期に放送された前作に続き、産婦人科医と天才ピアニストの2つの顔を持つミステリアスな主人公・鴻鳥サクラ役を綾野が務め、前作から2年後の姿を描く。

舞台挨拶には、前作に引き続き出演するオリジナルメンバーが登場。綾野は、2年ぶりの『コウノドリ』チーム集結の感想を聞かれると、連絡は取り合っていたので久々という感じはしないと言い、「再集結できてこのチームで同じベクトルに向かって戦える。支え合っているチームなので、気持ちとしては患者さんに向き合う時間を多くできる」と話した。

また、お互いの作品を観ていたか聞かれると、綾野は「観ていましたよ。源ちゃんの"オモえもん"とか"おげんさん"とか』とNHKで星野が演じているキャラを挙げ、星野は「"オモえもん"観てくれてありがとう」とにっこり。すると松岡が「それ!? それじゃないやつあるじゃないですか、TBSのいいやつ」と大人のツッコミを入れ、会場から笑いが起こった。

綾野は「あっ『逃げ恥』ね!」と、大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』だと気づき、社会現象になった"恋ダンス"ポーズを披露。星野も「それそれ!」と控えめに"恋ダンス"ポーズをすると、再び松岡が「踊らない踊らない! "しのりん"は踊らないし笑わない」と『コウノドリ』で星野が演じる四宮春樹のキャラに合わせてツッコんだ。

そして、「綾野君は人間になれたの? フランケンみたいな…」「それも局違うな」「『勝手にふるえてろ』?」「それは私の初主演映画です」「『ナラタージュ』は?」などと、自由すぎるトークに会場は爆笑。星野が「だれも止める人がいない」と指摘し、作品の話題は落ち着いた。

綾野は「仲いいですよって言ってる感じってややウソっぽいですけど、でも本当に仲いいんです」とチームワークをアピール。「仲いいからこそ集中するときは集中して、緊張感を持ちながらやっています」と現場の様子を明かした。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス