最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

Matt、本当は坂上忍を許していない? 「僕達の役目は人を傷つけることではない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元プロ野球選手・桑田真澄氏の次男でありモデルのMattが、6日のInstagramにイベントで共演した研ナオコへ「助けていただきありがとうございました」と礼を述べている。“坂上忍への批判ツイート騒動”について集まった記者団からの質問に彼女が助け舟を出してくれたからだ。

6日、都内のイベントに出演したMatt目当てに多数のマスコミが集まった。3日の情報番組『バイキング』(フジテレビ系)でMattの特集を組んだのだが、MCの坂上忍が「いまいちよくどんな人なのか知らないし、別に知りたくもない」と突き放すような発言をし、終始興味が無さそうな態度を取っていた。これを受けて4日の『Matt Kuwata(MATTKUWATA)ツイッター』に「坂上忍っていう人は何者なの? あなたに僕のこと知ってほしいなんて一言も言ってませんけどね」と本人が反論。そして「人を傷つけることは一番嫌なこと。(中略)でも今回は僕が傷ついた。だから許せないね」「He is really annoying(彼は本当に不快)」と投稿したが、すぐに削除された。なおツイートを消した理由は「父から“自分もそこに乗っかったら終わり。相手にしてはいけない”」と助言があったからだとしている。

このツイートについてMattに真意を聞こうとイベントに集まった記者に、本人は無言だった。代わりに共演した研ナオコが「彼(Matt)は本気でいったのではない、気になっただけ。でもお父さまのことを素直に聞いて、素晴らしい親子関係だと思う」「彼(坂上)もとっても良い人で、この子(Matt)もとっても良い子。お互いに嫌いにならないでほしい」とその場をまとめていたのだ。

イベント終了後に更新された『Matt Kuwata matt_kuwata_official Instagram』に、自分の代わりに対応してくれた芸能界の大先輩に感謝の言葉を綴ったMatt。しかし「“人を傷つけるのではなく”、夢や希望、感動を与えるのが僕達の役目」と何やら意味深なコメントを添えていた。さらに「表現は自由。その子が満足して幸せに生きていればそれでいい」「みんな違って みんな良い」と彼の信念が伝わる一文で締められている。

画像2枚目は『Matt Kuwata 2017年10月6日付Instagram「今日はイベントに参加してきました!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)


外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス