最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

コンビニ電池はコスパ重視なら「BIG CAPAα」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

切れた時にすぐ必要なのが乾電池。そこで、便利なのがコンビニ電池です。コンビニ電池は有名メーカー製品からプライベートブランドまで種類はさまざまですが、最もお買い得な商品はどれなのでしょう。そこで、コンビニ電池の性能を実測して、その容量と1Ahあたりの価格を算出してみました。

コンビニ電池はコスパ重視なら「BIG CAPAα」

コンビニ電池の容量を実測してみた


コンビニ電池の性能チェック方法は、各商品に2.2Ωのセメント抵抗をつなげて60分後の電圧、終止電圧(0.9V)までの時間を測定。また、電流の積算値から実測容量を算出しました。

チェックしたコンビニ電池は、パナソニックの「金パナ」(504円)、「EVOLTA」(606円)、「リチウム乾電池」(1,058円)、FDKの「富士通」(484円)、アイリスオーヤマの「BIG CAPAα」(308円)、「セブンプレミアム」(307円)です。

ダントツの実測容量だったのが、2,755mAhだったパナソニックの「リチウム乾電池」。富士通の2倍以上の差がついたものの、価格もダントツの4本1,000円超えです。1Ahあたりの価格も95.8円でした。このコンビニ電池はセブンで購入できます。

性能・コスパが優秀なコンビニ電池


コンビニ電池の実測容量で2位となったのは「EVOLTA」。ただし、1,746mAhと1位の「リチウム乾電池」とは大きな差があります。1Ahあたりの価格は86.8円です。このコンビニ電池は、セブン・ローソン・ファミマで購入できます。

1Ahあたりの価格では、ローソンで販売している「BIG CAPAα」が48円。唯一の50円以下という結果になりました。実測容量も6本中3位であり、性能・コスパともに優秀なコンビニ電池といえるでしょう。

コンビニ電池の1Ahあたりの価格では「セブンプレミアム」が52.8円と僅差で2位でした。ちなみに、3位は「金パナ」ですが、1Ahあたりの価格は84.2円と1位と2位からはちょっと乖離があります。(文/ハンダマスター加島)

外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス