最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

愛人が欲しければこれを観ろ? テレ東『フリンジマン』が攻めすぎ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

深夜枠ならではの攻めの姿勢で、これまで多くの視聴者を魅了してきたテレビ東京の深夜ドラマ。当サイトでも先日まで『下北沢ダイハード』という傑作を毎週紹介してきたが、秋ドラマも心配になるほど攻めてくれるようだ。

板尾創路主演、愛人作りドラマ『フリンジマン~愛人の作り方、教えます~』が本日深夜12時20分から始まる。

■「愛人作り」のノウハウを伝授


この作品は、愛人が欲しい3人の男たちが、井伏真澄(板尾創路)に「愛人作り」のノウハウを教えてもらうというストーリー。

彼は22歳のとき、初めて愛人を作って以来その道を極め、今までの最高同時愛人数は11人という強者。現在は愛人教授(ラマン・プロフェッサー)として、愛人を求める男性に方法論を教えている。

その方法は、繊細かつ理論的。「都合のいい女」たちに対して繰り広げられる行動の数々には、今までの蓄積から得られた成功率が常に呈示される。

そんな彼に教えを請うのは、田斉治(大東駿介)、満島由紀夫(淵上泰史)、坂田安吾(森田甘路)の非モテな男たち3人。「愛人同盟」というチームを結成し、お互いの「愛人作り」に協力し合っていく。

■筧美和子のかわいさに悶絶必至


「笑って済ませられずに、怒る生真面目な女性視聴者もいるのでは?」「恋愛工学があれだけネット上で叩かれたのに大丈夫なの?」と、概要を見ただけでこちらが不安になってしまうほど攻めの姿勢が伺える本作。

テレ東宣伝部のご厚意で、しらべぇドラマ班が先に第一話を視聴したところ、以下のような感想を持った。

・谷間続出! 谷間続出!!

・ゲスっぷりが中途半端ではなく、むしろ清々しくてコメディとして観ていられる

・でも、夫婦で観たら絶対気まずくなる

・もちろん、良い子は観ちゃダメ!

・でも真面目な話、愛人作り以前に恋愛下手な男性にはかなり参考になる部分も…

・とにかく筧美和子がかわいい

ネタバレを避けようと書いた結果、なんだかIQ30レベルの感想になってしまったが、第二話以降にかなり期待が持てる仕上がりだった。

■「愛人の原石役」豪華出演者が続々登場予定


筧以外にも、本作には続々と「愛人の原石」役の女優たちが出演予定。安達祐実や壇蜜、岸明日香、小倉優香、MEGUMI、板野友美など、セクシーさで知られる面々だ。




■「愛人経験アリ」は1割強も


©sirabee.com

なお、しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,365名に調査したところ、愛人がいたことのある割合は、男性が14.9%、女性が8.3%。 年収別では、1000万円以上稼ぐ人は3分の1が「愛人経験アリ」だった。

愛人が欲しい人もそうでない人も、きっと楽しめるに違いない。

《これまでに配信した『フリンジマン』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→板尾創路が主演の新ドラマ『フリンジマン』 安達祐実&壇蜜が愛人役に

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20~60代の男女1365名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス