最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

オダギリジョー、「遊んで暮らしたい」報道に言及「皆さんもそうでしょ?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月7日、映画『エルネスト』(絶賛公開中)の公開記念舞台挨拶が都内で行われ、主演のオダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督が登壇した。

キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと共に戦った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの生涯を描く映画『エルネスト』。オダギリ演じる前村は、ゲバラから自身のファーストネーム“エルネスト”を戦士名として与えられ、ゲバラと共にボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

前村が25歳という若さで命を落としたことから、イベントでは登壇者が25歳頃の出来事を振り返った。オダギリは黒沢清監督がメガホンを取り、初めて主演を務めた映画『アカルイミライ』の撮影エピソードを披露。「初めて映画の主演をやらせていただいたので、気合いが入りまくっていまして。失敗したら先がないぞ、というぐらい全力でやっていました」と気合十分で撮影に臨んだそう。だが、「黒沢監督から毎日『そんなに芝居しないでください』と言われていましたね」と、空回りしていたことを明かした。

さらに、当時はスティーヴ・ブシェミのような個性派俳優を目指していたと告白。「ちょっとズレて、主演をやるような大した人になってしまった。自分で言うなみたいなね(笑)」と照れ笑いを浮かべて語った。

MCから現在の目標を尋ねられると「昨日もネットニュースで、仕事をしないで遊んで暮らしたいという記事がトピックになり、ざわついていたと聞きましたけど」とネットニュースの話題に触れ、「それはもう、皆さんもそうでしょ?自分は違う、みたいな人は世の中になかなかいないんじゃないかと思うんですけど」とコメント。笑いながらも「目標は働かないで楽して生きたい」と、改めて声を大にした。

ここでMCが観客に「でもオダギリさんには映画に出続けてほしいですよね?」と呼びかけると、会場には賛同の拍手が巻き起こり、それにオダギリは「無理やり拍手させてすみませんね」と恐縮した様子で応えていた。

現在28歳の永山は、本作で演じた森記者の年齢にちなみ、2年前にあたる26歳の頃を振り返った。「初めて時代劇をやっていた時。ちょうど目標を失っていて、どうにでもなってしまえと思っていましたね」と当時の本音を漏らし、「現在もそれが続いていますね」と苦笑いを浮かべていた。

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス