最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

メスがペニスを持つ珍しい虫「トリカヘチャタテ」をきっかけに、男女差とは何かを考えてみた【カリスマ男の娘・大島薫】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


見た目は美女でも心は男――。「カリスマ男の娘」として人気を博し、過去には男性なのに女優としてAVデビューを果たした大島薫。女性の格好をしたまま暮らす“彼”だからこそ覗ける、世の中のヘンテコな部分とは?

この世の中でなにが男と女を分けるのだろうか。

「そんなの男性器があれば男性で、男性器がなければ女性だろう」

そんな、男性器至上主義の皆さんに面白いニュースをご紹介しよう。

人々を笑わせ、考えさせた業績に贈られる「イグ・ノーベル賞」の「生物学賞」を今年受賞した日本人らの研究チームが行った発表だ。

彼らはブラジルの洞窟で見つかったある新種の虫を紹介した。その虫、メスがペニスを持って、オスに挿入して交尾を行うのだ。研究チームらはこの特殊な雌雄逆転の虫を、平安時代の古典「とりかへばや物語」になぞらえて「トリカヘチャタテ」と命名した。「とりかへばや物語」は男女の入れ替わりを描いた話だ。

そう、もはや男性器の有無が絶対的な男女の差ではないのだ。

「いやいや、虫と人間は違うだろ」

おやおや? そう画面の前でツッコミを入れている方に、このトリカヘチャタテより以前から皆さんがよく知る性別が曖昧な動物をご紹介しよう。

それはハイエナだ。

動物の雌雄を見分けるのに、生殖器はたしかにもっともわかりやすい特徴だろう。しかし、ブチハイエナという種類のハイエナの性別を、生殖器で判断するのは非常に困難だ。なぜなら、ブチハイエナのメスのクリトリスはペニスと同じくらい巨大だからだ。

なんだったら睾丸も付いていて、勃起もする。もはやペニスだ。

このように、性器は性別を決める絶対的な要素にはならな……え? 「いや、虫よりは近付いたけど、それだって人間とは違う生き物だろ」って?

では、人間は必ずしもペニスがあれば男性と言えるのか、についても考えてみよう。

◆500人に1人はいるクラインフェルター症候群

以前、ボクがよく通っていた病院でこんなことがあった。そこの先生がとてもいい先生で、なにかしら通院しているとさまざまなことを心配してくれた。最初こそ、この見た目で生活していてよく起こる「女性に勘違いされる」などといったすれ違いはあったが、話しやすい先生だったので、男性であることや、この見た目でも性別を変えたいと思っているわけではないことも伝えるようになった。

女性ホルモンも、性別適合手術も受けていないということを聞いた先生は「それにしては女性っぽいですね……」と言い、こんなことを聞いてきたのだ。

「男性の染色体はXYで、女性の染色体はXXなんですが、稀にXXYという染色体で生まれてくる男性がいて、そういった方の場合見た目や性格がかなり女性的に成長するんですよ。染色体を調べてみたことはありますか?」

これはクラインフェルター症候群というもので、染色体上は男性とも女性ともいえる存在ということになる。ちなみに、確率500人に1人といわれていて、結構いるっちゃいる症状だ。このときは精子の量も普通だし、染色体異常ではないと思うと先生には伝えたが、よく考えたら人口も多い症状だし、いつかは検査を受けてみたいものだ。

さて、では、ペニスの話に戻ると、これは身体的な特徴は男性で染色体に女性も含まれているという話だが、例えば性器もどっちつかずで生まれてくる場合がある。

インターセックス(半陰陽)だ。

正確には違うが、わかりやすくいえば「ふたなり」と言うと少しはピンとくるかもしれない。この場合、先ほどの染色体だけどっちつかずというわけではなく、遺伝子、染色体、性腺、内性器、外性器など様々な要素が典型的なものとは違い、人によってほとんど見た目は男性だったり、女性だったりするのにペニスがあったりヴァギナがあったりする性分化疾患のことだ。

つまり、ペニスがあっても女性だったり、ヴァギナがあっても男性だったりするということ。

さあ、ここで男性器至上主義の方はこんなことを思うのではないのだろうか。

「もうそれ疾患って言っちゃってるじゃん。つまり“特殊な”人たちのことでしょ?」

そう! その“特殊な”と思ってしまうことが、性別を決めるのにもっとも重要な要素だと、ボクは考えているのだ。女性と男性の世界を行き来してきたボクからすると、性別を考えるうえで特殊という言葉は適切ではない。

ボクが思うに、この世の中で性別を分ける概念は“特殊と普通”ではなく、「大体の場合そうであるもの」と「それ以外のもの」ではないか。その考えに照らし合わせると、必ずしも男性器が決定的に雌雄を決するものではないように思えてくる。だってそれ以外の例がちゃんと存在するのだから。

そう考えてみると、みんなが抱いている「男性はペニスが付いているもの」という常識は、「女性は髪の毛が長い人が多い」とか「女性はスカートを履いている人が多い」といった社会的記号となんら変わらない、一つの要素でしかなくなる。

いわば「女装」というものも、世の中的に女性のものとされている服を身に纏うから女装になるわけで、この世の中が男性が髪の毛を伸ばしてメイクをし、スカートを履くような世界だったら、なんら珍しくもない人間ということになるだろう。

そもそも言葉や物事の意味などは人間が定義を決めていて、すべてはただ現象に線引きをして、わかりやすく区切っているだけだ。一度物事をそういう「記号の寄せ集めに過ぎない」というふうに考てみると、ボクらを取り巻く社会はもっとシンプルに捉えられるのではないだろうか。

【大島薫】

作家。文筆家。ゲイビデオモデルを経て、一般アダルトビデオ作品にも出演。2016年に引退した後には執筆活動のほか、映画、テレビ、ネットメディアに多数出演する。著書に『大島薫先生が教えるセックスよりも気持ちイイこと』(マイウェイ出版)。大島薫オフィシャルブログ(http://www.diamondblog.jp/official/kaoru_oshima/)。ツイッターアカウントは@Oshima_Kaoru 写真集『大島薫に例のアレを着せてみた』が10月13日に発売


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス