最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

浮気 

わざと修羅場に…!?「浮気がバレたとき」許してもらった体験談3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浮気をしているときって、バレないかと、普段より彼の言動にビクビクしてしまいますよね。そしてバレたときには、どうにかして許してもらおうと必死で頭を働かせるはず。もちろん浮気した方が絶対に悪いので、相手が許してくれない可能性も大きいですが、その場のすばやい対応で、なんとか危機を脱した経験のある女性も多いよう。一体どうやって許してもらったのでしょう?

1:「ごめん、じゃあ死ぬから……」


「彼の家に行ったとき、彼がなんかすっごい怒ってたんですよ。まさかバレてると思ってなかったけど、浮気が友達の耳から入ったみたいでバレてて。彼、大激怒。で、その場で自分でもなんでかわからないけど、すごく冷静な感じで“ごめん、じゃあ死ぬから……”って」(Dさん/28歳)

--え? いきなりその切り替えしですか?

「そう。こんなこと言ったら逆ギレされたり、“じゃあ、死ねよ”って言われそうですけど、私があまりにも自然に言ったせいか、彼が冷静になっちゃって“いや、別に死ななくてもいいけどさ……”って。そこから少しずつ話ができるようになって、なんとか許してもらえました!」

言った本人が「何故言ったかわからない」というのも不思議ですね。でもきっと、諦めの境地に立つと人間、何か普段とは違うスイッチが入るのかも。

「死ぬ」なんて言葉は軽々しく口にしていい言葉ではないですが、彼は「それくらいの覚悟で反省しています!」という“ハラキリ精神”にグッときた様子。

とはいえ、上記にもありましたが、「死ねよ」と煽られては本当に大変。推奨はできません。

2:じゃあ、浮気1回見逃してあげる!


「私も確かに浮気しちゃってたんですけど、彼はその前に1回浮気してて、私は1回許してたんです。だから、彼が私の浮気を知って怒ったときに“じゃあ、浮気1回見逃してあげる!”って咄嗟に言っちゃいました」(Sさん/28歳)

--えー。いいんですか?

「よくないんですけど。でも私が許してもらえて、彼とそのまま付き合っていられるなら、1回の浮気くらいは目をつぶれるかなって。もちろん実際にされると思うと怖かったですけどね」

「目には目を」ではないですが、相手に甘~い飴を与えることで、鞭を逃れるという策もアリなんですね。もちろん、相手が浮気を楽しいと思わない人なら使えそうにないですが。

3:「それでもやっぱり好きなんだよ!」と泣く


「あ、私浮気する前から、バレたらどうしようかって考えてたんです。それを実際に実行したらうまくいったんですけど。バレたら相手は絶対に怒ってくるじゃないですか? そのとき、こっちも相手の今までしてきた悪い行いを、全部全部ぶつけて、怒っちゃうんです」(Mさん/26歳)

--逆ギレですか?

「彼からしたらそうでしょうね。でもそのあとが肝心で。とにかく彼の悪いところをたくさんぶつけたあとに“でもそれでもやっぱりあなたのことが好きなんだよ!”って言いながら泣くんです。そしたら相手はちょっと感動してくれて」

--本当にそうなったんですか?

「感動したかどうかはわかんないですけど、“好きなのはしかたないんだよ!”って言いながら彼に抱きついて“ごめんなさい”を連呼しながら泣いてたら許してもらえました」

わざと修羅場を作って、そこからの反動で許してもらうという……。

なかなか使える手ではなさそうですが、うまくいくこともあるんですね。

いかがでしょう。あなたなら、素直に謝る道を選びますか? それとも今回の彼女たちのように突拍子もない手に出てみますか?

素直に謝って許してもらえるならこんな簡単なことはありません。でも、ときには「相手の虚を突く」というのもアリなのかもしれません。

外部リンク(Menjoy!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス