最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

松本潤「もう会えない人のことをすごく考えた」 有村架純「苦しかったなとかつらかったなと思う」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『ナラタージュ』の初日舞台あいさつが7日、東京都内で行われ、出演者の松本潤、有村架純、坂口健太郎ほかが登場した。

本作は、高校教師と生徒として出会い、再会を果たした2人の、一生に一度の許されない恋を描く。

高校教師の葉山を演じた松本は、本作について「本当に苦い濃密なラブストーリーになったと思います。この作品がたくさんの人の心の中に残ってもらえたらうれしいです」とアピールした。

葉山を演じた感想については「今まで自分が表現してきた方法とは違う表現の仕方を勉強させていただいて、今後自分が表現する時に、こういうやり方もあるんだっていうのを広げてもらいました。忘れられない作品になりました」と話した。

いちずに葉山を愛す泉を演じた有村は「泉の気持ちに寄り添いながら当時の話をすると思い出してしまって、あー苦しかったなとかつらかったなと思うんですけど、こうして公開して、泉と一緒に一歩前に進める気がしています」と心境を語った。

本作のキャッチコピー「壊れるくらい、あなたが好きでした。」にちなみ、「壊れるくらい好きだった物や、強烈な印象がある忘れられない人は?」と聞かれると、有村は「母の手料理です。風邪をひいて熱を出してしんどかった時に、母が作ってくれたのが、ちらしずしだったんです。それがすごくおいしくて忘れられないです」とエピソードを披露した。

坂口は「おやじが泣いてるのを見た時です。それは今でも(見た当時の)若いころの気持ちで残ってます。衝撃がすごかったです」と答えた。

松本は「この映画を見た時に、もう会えない人のことをすごく考えて。中村勘三郎さんとか、蜷川幸雄さんとか、自分の家族も含めて、自分が人の人生の中にどれだけ記憶に残ることができるか、というのをすごく考える時間になったんです。強烈に僕の記憶に残っている人のことが浮かびます」と思いをはせた。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス