最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

“コード・ブルー”浅利陽介、比嘉愛未は「1stシーズンからタイプだった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【浅利陽介・比嘉愛未/モデルプレス=10月7日】俳優の浅利陽介が、6日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(よる9時55分)にゲスト出演。同局系ドラマ『コード・ブルー』シリーズで恋人役を演じた女優の比嘉愛未について語った。

◆比嘉愛未への素直な気持ちは?



2015年に大学の同級生と結婚した浅利だが、「共演女優を好きになっちゃう」と明かし、過去には付き合ったこともあると告白。

先月まで3rdシーズンを放送していた同ドラマについて話が及ぶと、「『コード・ブルー』の時は、比嘉愛未さんがやっぱり相手役だったので、ぶっちゃけ本当に、1stシーズンの時から結構タイプで…」と打ち明けた。しかし、「比嘉愛未さんのことを色々考えたりとか、自分のこととかを考えると、当時、背負いきれない部分の方が大きかったし、勇気出せなかったので、何もできませんでしたけど…」と、アプローチはしなかったそう。

◆比嘉本人からタレコミも



しかし、そう言う浅利に、比嘉本人からの“タレコミ”が。「『コード・ブルー』がクランクインしてすぐの飲み会で、『今回恋人の役だから、ちゃんと好きな気持ちで挑むからね』と言われました」と暴露され、浅利は苦笑い。「(自分は)結婚しているけれども、比嘉さんに対して、役を通したらそこは関係ないので、ちゃんと“全力で好きになっていくつもりでやるからね”っていう風に言ったんですよ」と弁明した。

これを聞いていた俳優の坂上忍は、「普通はそういうの口に出す奴なんていないですよ」とツッコミ。浅利は当時その場に共演者の山下智久などもいたものの、「ちょっと引いてました」と打ち明けた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス