最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

青柳翔主演ドラマ『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』が放送決定 成海璃子、佐藤二朗らが共演&『HiGH&LOW』山口雄大氏が監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青柳翔(劇団EXILE)主演のドラマ『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』の制作が決定し、MBS/TBSのドラマイズム枠にて放送されることが決定した。

『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』は、おおひなたごう氏の同名コミックを原作としたドラマ。料理の食べ方に人一倍こだわりを持つ主人公・田宮丸 二郎(通称ジロちゃん)と二郎の恋人みふゆが、食べ方の違いが原因でたびたび衝突し、すれ違いながらも、お互いを理解しながら距離を埋めていく。「目玉焼きの黄身いつつぶす?」「カレーのルーどうかける?」といった“食べ方”にスポットを当て、一組のカップルと、その周りを取り巻く個性的なキャラクターたちが繰り広げるドラマを描く作品だ。

主人公の二郎を演じるのは、『HiGH & LOW』シリーズなどの俳優・青柳翔。二郎の恋人みふゆを、女優・成海璃子が演じる。女性若手漫才コンビ"魑魅魍魎”として活動するというみふゆを、成海がどう演じるかに注目だ。また、二郎に的確なアドバイスを送る職場の上司・近藤役で佐藤二朗が出演するほか、大谷亮平、八木将康、武田玲奈、遠藤史也、保紫萌香
、平沼紀久らがキャスティングされている。

メガホンをとるのは、ドラマ『HiGH&LOW』『コードネームミラージュ』や、映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』などで知られる山口雄大監督。脚本を、映画『ゴールデンスランバー』などの鈴木謙一氏が手掛ける。

放送決定を受けた、青柳、成海、佐藤のコメントは以下のとおり。

青柳翔(田宮丸 二郎役)

 青柳翔 (C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会
青柳翔 (C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会

基本、ひとりで家で笑うということってないんですけど、この原作を読んで爆笑してしまいました。
今回、食べるという事だけではなく、何事にもウザいくらいに純粋で暑苦しくて真っ直ぐな二郎というキャラクターをとにかく真剣に演じたいと思います。
それが結果的に、なんだか憎めなくて魅力的な二郎のキャラクターに何気に笑ってしまう瞬間に繋がればと思います。
是非、楽しみにしていただければと思います。

成海璃子(みふゆ役)

成海璃子 (C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会
成海璃子 (C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会

これまで「食べ方」をフィーチャーした作品はあまり見たことがないので、とても面白いと思いました。
青柳さんの寡黙な雰囲気も主人公の二郎ちゃんにピッタリだと思います。
今回は芸人役ということで、難しさも感じていますが、楽しんでやれたらいいなと思っています!

佐藤二朗(近藤役)

 佐藤二朗 (C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会
佐藤二朗 (C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会

正直に言う。「目玉焼きの黄身いつつぶす?」 わりとどうでもいいことだ。ホントにわりとどうでもいい。だが、わりとみんなが微かに気になってることだ。実は「食」に関して「どうでもいいことだが、みんなが微かに気になってること」というのは数多ある。今回はその一つ一つに、ド真剣に、奥深くまで、迫っていきたい。その深層に何が待っているか、僕にも分からない。何も待っていないかもしれない。その可能性もわりとある。が、探検の価値はある。さあ、どうでもいいけどちょっと気になる食の探検に、皆さんも一緒に繰り出そう。

ドラマ『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』は11月より、MBSでは毎週日曜深夜0時50分、TBSでは毎週火曜深夜1時28分からの30分枠ドラマとして放送される。また、放送に先駆けての第0話と、放送終了後の続編となる第5話から第7話が
映像配信サービスGYAO!で無料配信されるとのこと。

番組情報

ドラマ『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』
脚本:鈴木謙一
監督:山口雄大
出演:青柳翔 成海璃子 大谷亮平 八木将康 武田玲奈 遠藤史也 保紫萌香
平沼紀久 / 山下真司(特別出演)/ 佐藤二朗 他

放送局:MBS、TBS、BS12ほか
放送枠:MBS11月5日スタート毎週日曜深夜0時50分~ / TBS11月7日スタート毎週火曜深夜1時28分~
BS12 トゥエルビ 11月8日スタート毎週水曜日深夜1時56分~
話数:全8話 (4話地上波放送 + 第0話及び第5話~第7話=配信オリジナル)
分数:放送の<第1話~第4話>30分枠、配信の<第0話、第5話、第6話、第7話>10分枠 【ストーリー】
付き合い始めてまだまもない二郎とみふゆ、とある朝、朝食の定番メニュー・目玉焼きを前に、どうやって目玉焼きの黄身を食べるのかで論争勃発。料理の食べ方に人一倍拘りを持つ二郎にとって、自分とは違う食べ方には耐えがたいものを感じる。二郎は、食べ方に悩むことをきっかけにしてギクシャクしはじめた、みふゆとの関係や仕事との向き合いについて、より深く考え、悩むようになる。そして、これまで注目することの無かった、周囲の人々のそれぞれの食べ方や考え方に更に触れ合う事、それを認めていくことを通して、より彼らを深く理解し、成長していくのだった。その果てに、辿り着く仕事への矜持、そして溢れ出るみふゆへの想い。二郎は幸せを掴むことが出来るのか?

(C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会

外部リンク(SPICE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス