最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

渡部秀&棚橋弘至、“ライダートーク”で大盛り上がり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月1日に行われた「東映特撮ファン感謝祭2017」終了後に、“仮面ライダー”の余韻に浸る渡部秀と棚橋弘至選手を直撃! 仮面ライダーの話はもちろん、2人が出演する映画などについて話を聞いた。

■ ライダー好きが集まった空間が楽しかったです!

――約300人のライダーファンを前にしてのイベントを終えたばかりですが、いかがでしたか?

棚橋:ライダー好きが集まって、好きなことを共有できる空間がいいなと思いました。ライダーを知らない人には、まずある程度ライダーの説明をしてから本題に入るのですが、その説明がいらないですからね。そういう空間がとても良かったです。

渡部:すごく充実していて、楽しかったです。棚橋さんがおっしゃったように、すごく熱意のある特撮ファンの方だからこそ作り上げられる雰囲気がとても心地よくて、(「仮面ライダーオーズ/OOO」[2010-2011年、テレビ朝日系]をやっていた)当時の舞台あいさつをやイベントをやっていた頃を思い出しました。

――お2人は同じアミューズに所属されていますが、お会いされたのは本日が初めてですか?

棚橋:そうなんですよ! すごく物腰の柔らかい方ですね。ライダーが終わってもライダーを愛しているということは、応援している側としてもうれしいです。

渡部:「アメトーーク!」(毎週木曜夜夜11.15-0.15ほか、テレビ朝日系)の仮面ライダー芸人など、拝見しました。(新日本プロレスの)皆さんが(アミューズに)入ってこられて、こうして同じライダー好きとして一緒にお仕事させていただいてすごくうれしいです。棚橋さんはライダーファン代表というところもあるので、これは僕らライダー出身者がみんな思っていることかもしれませんが、ライダーをやっていた人とは別の目線でライダーを語っていただけるということはすごくうれしいことです。今日お会いして、愛のある方だなと思いました。

――ご本人を前にして言いづらいかもしれませんが、芸能界随一のライダーファンである棚橋選手が感じる仮面ライダーオーズの魅力は何ですか?

棚橋:最近のライダーの傾向として、新しいフォームがどんどん出てくるんですけど、オーズくらいがちょうどいいですね。

渡部:ライダーも2人しかいなかったですしね(笑)。

棚橋:バースも好きでしたね。無限の組み合わせがある中で、出しどころが良かったですね。本当に良かったですね。最後のメダルをどっちが持っていって、何枚あるみたいなところは良かったですね。

渡部:やっている側は、あれを見て判断しますからね(笑)。「もう、チーターはないんだ」みたいな…。台本でもその部分が載っているんですけど、それを見て判断していました。

棚橋:面白い! プロレスラーが試合会場に行って、自分の試合を知るのと同じですね(笑)。

■ 棚橋選手の“ライダー愛”が全開!

――仮面ライダーシリーズの魅力については、いかがですか?

棚橋:僕はいろんな物を背負って、それでも戦っていくという姿勢が好きですね。もちろん明るいライダーも好きですが、やっぱりちょっと陰があり、それでも生きていかないといけないみたいなところが、グッと感情移入できますね。

渡部:先ほどのイベントで“孤独”というふうに表現しましたが、やっぱりそれに似たところでいうと、責任感といいますか…。とてもリアルな話をしますと、1年間しっかりと務め上げるといういいプレッシャーに打ち勝ちながら、なおかつ、子供に夢を与え続ける存在でないといけないと思うので、その使命感みたいなものがあります。

棚橋:すごいプレッシャーだと思いますね。でも、渡部さんは「緊張感が表に出ない」と言っていたので、それがいいのか悪いのかという感じですね。

渡部:見た目には全然出ていないんですけど、内心すごく緊張していたんです。何かできるんだろうと思い、いろいろ振られたんですけどね(笑)。

棚橋:でも、それを乗り越えてきたからね。すごい!

渡部:いろいろ経験をさせていただきました。

――棚橋選手の著書を拝見したんですが、新日本プロレスを勢いがなかったところから持ち上げたというところの責任感は、ライダーとかぶるのではと思うのですが、いかがですか?

棚橋:主演を座長というらしいのですが、座長が撮影現場の雰囲気とか全員のモチベーションを上げないとというところは、すごく考えましたね。でも、僕は人に「ああしろ」「こうしろ」と言えるタイプではないので、誰よりも仕事をして、練習をして、盛り上がる試合を見せて、これ以上やったら怒られるだろうというところまで、やってきました。(仮面ライダーカブトが残した)天道語録に、「俺は世界の中心だ。ならば俺が世界を救ってやる!」とういのがあるのですが、「俺が新日本プロレスの中心だ。ならば俺が新日本を救ってやる!」と入れ替えて、そのままいただくという(笑)…使命感はありましたね。

■ オーズらレジェンドライダーが再集結!

――12月9日(土)には映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイド with レジェンドライダー」の公開が決定しましたね。

渡部:そうなんです。僕とアンク(三浦涼介)が復活します!

棚橋:うわっ! 僕は子供がもう卒業しちゃったから、地方で1人で見に行きます!!(笑)。

渡部:先ほど特報を見せてもらったんですが、歴代の何人かが当時の衣装をそのまま着て出演しています!

棚橋:それ、やばいなぁー(笑)。

――撮影の合間などに、後輩のエグゼイドの飯島寛騎さんやビルドの犬飼貴丈さんとは、お話されましたか?

渡部:犬飼くんとは撮影のタイミングでは会えず、飯島くんだけだったんですけど、2人とも「ジュノン・ボーイ」の後輩で、つながるところがすごくあります。飯島くんとは、“ライダーあるある”みたいなことを話したりしていました。1年前の自分と1年後の自分は相当変わったところがあると思うんです。なので、「1年間、孤独を背負ってきた男だな」という気はしました。

棚橋:1年間責任感を背負って、すごい経験値だと思います。

■ 大東駿介とのW出演映画でレッドバロン操縦士に!

――「仮面ライダー―」の前に、「BRAVE STORM ブレイブストーム」も公開されますね。大東駿介さんとW出演ですが、どのような作品ですか?

渡部:これは「スーパーロボット レッドバロン」と「シルバー仮面」を題材にした戦いで、僕がレッドバロンの操縦士で、大東さんがシルバー仮面の操縦士になって、巨悪と戦うリブート映画です。CGがすごくて、当時のレッドバロンとかシルバー仮面を知っていらっしゃる方は、すごい戦闘力にびっくりするんじゃないかと思います。お互い過去にいろいろあってシルバー仮面が未来から来て2人が出会うんです。僕が「世界を救え!」と言われて救うことになった元ボクシング最強男で、今はちょっとぐれちゃっている青年みたいな。そういう男性を演じました。

棚橋:見ます!!

――どんなところが見どころですか?

渡部:今回、ハリウッドからカメラマンさんがいらしたりしていて、海外のスタッフさんがたくさん参加され力を入れている作品です。映像美もさることながら、アクション、お芝居も含めて、世界観を丸ごと楽しめる作品になっていますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

■ 悪役レスラー・ゴキブリマスクで、映画初主演!

――映画といえば、棚橋選手も来年公開の映画「パパはわるものチャンピオン」で主演を務められていますね。悪役レスラーの役ですが、本業のプロレスは生かされましたか?

棚橋:プロレスラーの映画だというふうに見られたくなかったので、早い段階から演技レッスンをお願いしました。演技レッスンのまま、夏の「G1 CLIMAX 27」という一番過酷な試合に突入して、中1日でクランクインしました。

――すごいハードスケジュールですね! 今回の映画のために、長かった髪を切られたそうですが…。

棚橋:8月13日に「G1」が終わって、15日がクランクインだったので、14日に髪を切りに行きました。10年間金髪でロン毛でしたが、いいパパ役なのでバッサリ切りました。初めていろいろな役者さんと共演させていただいて、(演技の)うまい役者さんに引っ張られるというのが、初めての経験でした。

――母親役の木村佳乃さんは、ついこの前まで「ひよっこ」(NHK総合ほか)にも出ていらっしゃいましたが、どんな方でしたか?

棚橋:昭和51年生まれで、同級生だったんです。すごく気さくな方で、しかも、すごくフレンドリーで、それは「好きになるわー」と思いましたね(笑)。

■ 棚橋選手、感極まって涙!

――撮影中の思い出に残るエピソードはありますか?

棚橋:1番最後のシーンが寺田心くんと一緒だったんです。オールアップして、花束をもらって、「ありがとうございました!」とちゃんとあいさつをする9歳の心くんを見て、ボロボロ涙していましたね。前日から「泣くかな」とは思っていたんですけどね。「これだけ何も話せないほどに泣いたのは、アイドル以来です」って監督補に言われました(笑)。一生懸命生きてきて、40歳にして、まだこんなに一生懸命できることがあったんだ」とうれしかったです。

――そんな心くんとは、現場でどんなお話をされましたか?

棚橋:すごく人懐っこい子でしたので、普段から「パパ、パパ!」と言ってくれて、一緒にいる時間も多かったので、演技も自然な感じでできました。

――今後、また演技をされたいですか? 昨年は映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ―」にも出演されましたが…。

棚橋:いやー、素人なんで(笑)。もう一度「オーズ」を1話から見て勉強します!

渡部:いやいや(照れ笑)。

――本日せっかくの初共演なので、最後にお互いの印象などをお願いします!

棚橋:渡部さんは、映司でしたね。つくっていない感じ。人となりが、そのまま映像になっている感じがしました。映司に会えた気がして、うれしかったです!

渡部:こちらこそ光栄です! ずっとヒーローをやっていらっしゃるので。ライダーとプロレスという観点から、今の世の中、暗くなりがちなことも多いと思いますので、2大ヒーローが盛り上げていくというつもりで頑張っていきたいと思います。これからも、よろしくお願いします!

https://news.walkerplus.com/article/123912/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス