最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

4年ぶりSPYAIRד銀魂”、杉田智和がコメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロックバンド・SPYAIRのニューアルバム「KINGDOM」に収録される新録曲「スクランブル」が、PlayStation 4/PlayStation Vitaのサムライ乱戦アクションゲーム「銀魂乱舞」のテーマソングに決定した。SPYAIRと“銀魂”のタッグは約4年ぶりだ。

「スクランブル」は、「銀魂乱舞」のために書き下ろされた、アルバム「KINGDOM」制作の中で一番最後に仕上がった楽曲。20代になって社会に出て未来を模索しているときの心情を、30代に突入したSPYAIRの等身大の言葉で表現した。デビューが決まり、上京してきた当時を振り返って書かれた、バンドのリアリティが十二分に発揮された作品に仕上がっている。

これまでにも「サムライハート(Some Like It Hot!!)」(2011年)、「サクラミツツキ」(2013年)、「現状ディストラクション」(2013年)といった数々の楽曲でTVアニメ「銀魂」とタッグを組んできた彼らだが、今回はゲーム「銀魂」と初のタッグ。ゲームの中で“戦う”プレイヤーの背中を押す、疾走感あふれる楽曲だ。

「銀魂」坂田銀時の声優を務める杉田智和は、今回の楽曲について「昼に食べたあんかけ炒飯が思いの外辛かった。帰宅する道中で、それは直腸へ流れゆくマグマと化した。この熱はKINGDOMの持つ熱量と似ているようでまったく違う。しかし、放っておけないのは何故だろう?当たり前だ。門が爆散する。無事に帰宅後、マグマは海底に流されていった。スクランブル 危機を乗り越えた先に少しだけ残る不思議な高揚感の中、この曲がずっと鳴り響いている」とコメントを寄せている。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス