最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

冷めてもおいしい!「蒸かし芋」の作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
焼き芋に勝るとも劣らない、おいしい蒸かし芋の作り方。熱々はもちろん、翌日冷めたのを食べてもおいしいですよ!

おいしい蒸かし芋の決め手は「塩の使い方」

いつもの蒸かし芋を、数段おいしくする技を教えます。さつま芋の他に使うのは塩だけです。普通の蒸かし芋の場合は、蒸かしてから塩をふって食べますが、そうではなく、塩でさつま芋の身をしめ、甘味を引き出します。

材料(2人分)

・さつま芋(できれば金時芋):何本でも
・水:芋が浸かるくらい(1000cc)
・塩:適量(大さじ1.5程度)
カッコ内の分量はだいたいの目安。2~3本ならこれくらいで。

作り方・手順


1:さつま芋を塩水にひたす

さつま芋をたわしでこすってよく洗い、両端を切り落とし、太い部分の皮を1~2カ所削り取り、大きければ半分に切る。 なめてみて、濃い目のお吸い物ぐらいの塩味の塩水を作り、さつま芋を3~4時間浸しておく。 皮をむくのは、塩を染み込ませるため。さつま芋が細い場合は漬ける時間を少なくする

2:さつま芋を蒸かす

水を入れた蒸かし鍋に並べて、蓋の下に布巾をはさみ、中火で40~60分蒸す。

3:竹串がスッと通れば完成

竹串が何のためらいもなくスーッと通れば完成。

4:仕上がり

熱々はねっとりほろほろ。冷たくなれば、しこしこした食感と上品な甘さの和菓子のよう。薄く切って干し芋にするも良し。
(文:大石 寿子)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス