最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

暗闇を映し出す超高感度の暗視カメラの性能は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナイトスコープとは、ごくわずかな赤外線を捕らえて暗闇を映し出す超高感度暗視カメラのこと。調査用機材の老舗メーカー・サンメカトロニクスからも、ナイトスコープが販売されています。ナイトスコープの実際の使い方を見ていくとともに、暗闇を映し出す暗視カメラの性能を見ていきましょう。

暗闇を映し出す超高感度の暗視カメラの性能は?

暗視カメラはバリフォーカルレンズ


サンメカトロニクスのナイトスコープ「NS-1300」は、赤外線感度領域が1,300nmと従来より高く、ごくわずかな赤外線も捕らえて描写が可能。赤外線投光器などを使わずとも、暗闇を明るく映し出せます。

ズーム機能を搭載し、50m程度の距離なら余裕で暗視カメラはターゲットを捕らえられるでしょう。ズームとピントの操作はレンズ上部。バリフォーカルレンズ(F=5~55mm)を採用しています。

ナイトスコープの本体側面にはコンポジット映像出力端子を装備。PoliceBookシリーズのレコーダーと接続すれば、録画も可能です。また、録画機能付きの暗視カメラ「NS-1300R」もあります。

暗視カメラが超高感度で暗闇を映す


実際に、約5m離れた距離でペットの姿を捕らえ、暗視カメラをPoliceBook70Sに接続して録画してみました。すると、犬の表情までハッキリと分かるほどの解像度。超高感度で暗闇を映し出します。

「NS-1300」の信号方式はNTSC、有効赤外線領域は770~1,300nm、有効画素数は38万画素、最低被写体照度は0.0003ルクスです。サイズ/重さは86W×65H×250Dmm/653g、電源は単3形乾電池×6本。実勢価格は259,200円となっています。

また、専用モバイルレコーダー「PoliceBook70S」は、動画解像度が最大1920×1080ドット、保存ファイル形式はAVI、記録メディアはSDカード(最大32GB)です。サイズ/重さは85W×53H×24Dmm/131g。実勢価格は81,000円です。

外部リンク(ラジオライフ.com)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス