最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

足立梨花「やっぱり“おっぱい”に叶うものはない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
町麻衣の人気コミックを実写映画化した『アヤメくんののんびり肉食日誌』の初日舞台挨拶が、10月7日にシネ・リーブル池袋で開催。黒羽麻璃央、足立梨花、佐伯大地、GENKING、瑛茉ジャスミン、尾関陸、永田崇人、芝崎弘記監督が登壇した。話題の台詞「おっぱい……、触らせてもらっていいですか」のやりとりの感想を黒羽麻璃央と足立梨花が語った。

黒羽はこの台詞について「うれしかったですね」と照れ笑いする。「自分の気持ちとかをなくしてやりました。ずっと佐伯大地くんを、練習にやらせてもらって」と、佐伯の胸を触りながら本番に備えたことを明かした。

瑛茉が「おっぱい触ったの?」と核心に触れると、黒羽は「大地くんのは日頃、触ってる」と答える。ふたりの間に立っていた足立が笑いながら「場所変わろうか?大丈夫?」とツッコミを入れ、会場は大爆笑となった。

黒羽は足立との同シーンについて「役として、自分が出ないようにやってました。普段、言いたいけど、そんなこと言ったら変な目で見られるでしょ」と苦笑い。

足立は「何でしょうね。なかなか言われないじゃないですか」と同台詞についてコメント。「前回の完成披露試写会で、“おっぱい” “おっぱい”と言いすぎて、どの記事も“おっぱい”でした。でも、やっぱり“おっぱい”に叶うものはないな、と。こんなに堂々と『おっぱい』と言える作品はなかなかない」とキッパリ。

『アヤメくんののんびり肉食日誌』の原作は、第6回「ananマンガ大賞」の準大賞を受賞した話題作。動物の骨格研究に没頭する女子大生・椿雛菊(足立梨花)が、英国帰りの菖蒲瞬(黒羽麻璃央)と出会い、次第に惹かれ合っていくが、そこに恋敵が現れる。【取材・文/山崎伸子】

https://news.walkerplus.com/article/123882/

外部リンク(Movie Walker)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス