最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

フランスのおすすめ観光地20選! パリだけじゃない行くべき見所は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ヨーロッパの中でも1位2位を争う人気の国、フランス。花の都パリを始め、人生一度は訪れたいと思う大学生も多いのではないでしょうか? モン・サン・ミッシェルやヴェルサイユ宮殿、エッフェル塔など、誰もが一度は耳にしたことがある建造物があるのもフランスです。今回はそんなフランスのおすすめ観光地を紹介! 今気になる治安も含めて、フランスの見所をお伝えします。

■治安

最近フランスではISISのテロ事件が頻繁に起こっており、人の集まる場所や、レストランが狙われています。2017年の6月だけでもハンマー警察官襲撃事件、国家憲兵隊の車両突入事件、パリ郊外車両兵士襲撃事件などテロ犯罪が多く発生しています。

観光施設や周辺道路、イベント会場やレストラン、映画館、劇場など人が多く集まる場所では警戒が必要です。繁華街も夜23時以降は人が少なくなり、心細く感じることもあるので不安な場合はタクシーで移動しましょう。なお、日本人を狙ったスリ、置き引きも多いので気を付けましょう。

地方都市の場合、マルセイユやニース等では移民が集中していて犯罪件数が増加傾向にあります。2015年にはマルセイユ市内で銃撃戦があり多数の死者が出ています。巻き込まれない努力も必要です。

■時差

フランスは中央ヨーロッパ時間なので日本との時差は8時間です。サマータイム中は日本からマイナス7時間です。

■飛行時間

日本からパリまでは直行便で約12時間。航空会社はエールフランス(成田・羽田・関西)、日本航空(成田・羽田)、全日空(羽田)が直行便運航しています。

パリから、フランスの各地方都市へのフライト時間は、パリ~ボルドー(1時間15分)、パリ~トゥールーズ(1時間20分)、パリ~ニース(1時間30分)で、おおよそ1時間30分位でフランス国内へ移動できます。

■旅費

日本からパリの直行便を利用してパリ1都市滞在のスケジュールを組むと、エールフランス指定3泊5日で9万円台~、4泊6日で10万円台からあります。

もっと安く日本からパリへ行きたい、という方は中東系エアラインを利用しましょう。エミレーツ、カタール、エティハドなど時間はかかりますが、安価でのパッケージツアーが販売されています。しかし、乗継ぎ時間が半日以上なんてことがないようにきちんと確認する必要があります。アジア系エアライン大韓航空、中国国際航空なども格安で販売されています。

■言語

フランスでの公用語はフランス語です。自国の言葉でしか話さない傾向にありますので「ボンジュール」「メルシー」位は覚えて行きましょう。

■その他注意事項

旅のベストシーズンについてですが、1月~3月までは最低気温が3度を下回る日も有り、平均気温が15度以下と寒いため、やはり最低気温が10度を上回る5月~11月がおすすめです。

フランスではこのところの世界的な異常気象により、暑すぎたり寒すぎたりと天気が不安定な日もあります。10月頃からは最低気温が10度を下回り、朝晩の寒暖差が激しくなりますので、秋以降の旅行には厚手のコートなどを持って行くのがいいでしょう。

■フランスのおすすめ観光地20選


フランスおすすめ観光地1.エッフェル塔

エッフェル塔

エッフェル塔は、パリ有数の観光スポットで世界遺産としても登録されています。フランスの国家的シンボルとして世界中の人々に親しまれ、フランス革命100周年に当たる1889年に開かれたパリ万博のために、設計者ギュスターヴ・エッフェルが指揮し1887年から工期2年2ヶ月余りという驚異的なスピードで建設しました。

夜9時~、10時から一定の時間に、少しの間キラキラ光る「シャンパンタイム」は混雑必至です。1,665段の階段を自力で登り、第二展望台からの眺めを楽しむのもおすすめです。

フランスおすすめ観光地2.シャイヨ宮

シャイヨ宮

地下鉄「トロカデロ駅」の上にあるシャイヨ宮(旧トロカデロ庭園)は大型展示場で、その真正面にエッフェル塔が建っているため、シャイヨ宮から観るエッフェル塔の眺めはまさに絶景な撮影スポットとして知られています。

そのシャイヨ宮の中にある「カフェ・カルル」は、文化財博物館内あるカフェとは思えないほどおしゃれで、テラス席から見えるエッフェル塔を満喫することができます。シャイヨ宮は無料で入れますので、隣にある図書館なども見学しながらパリの風を楽しんでください。

フランスおすすめ観光地3.モン・サン・ミッシェル

モン・サン・ミッシェル

孤島の修道院、モン・サン・ミッシェルは世界中のツーリストが毎年250万人訪れるフランス一番人気の名所です。潮の満ち引きが織りなす"幻想の島"は、1日観光で楽しむのもいいし、予約が取れたら島に宿泊するのもおすすめです。

10年前から湾域では砂の堆積のため完全な島となることが難しく、その歴史遺産の保全のために大規模な工事が続いていましたが、工事がようやく終わり、陸地から"島"へ「渡る」ことができ今後は大潮時の数時間は完全に「孤島」となれます。

また2017年7月からフランスの高速鉄道TGVが、ブルターニュまで延伸したため、パリやブルターニュから列車での移動も楽になり、モン・サン・ミッシェルがさらに便利に近くになります。

フランスおすすめ観光地4.シテ・デュ・ヴァン(ワインのテーマ館)

シテ・デュ・ヴァン(ワインのテーマ館)

ボルドーのシャルトロン地区に、ワインをテーマとした複合施設「シテ・デュ・ヴァン」が2016年にオープンしました。ワインの生産地ボルドーでワインについてもっと深く学び、歴史を勉強することができます。施設で最上階の展望台ではワインの試飲場所があり、入場券に含まれる1杯無料券で味見も可能です!

場所はガロンヌ河岸で、銀色に輝く近代建築は、高さ55メートルの9階建てです。うれしいことに桟橋からは、周辺のワイナリー巡りを楽しめるクルーズ船が運行しています。

フランスおすすめ観光地5.ルーブル美術館

ルーブル美術館

ルーブル美術館は「ミロのヴィーナス」、「モナリザ」など世界中の人達が知っている世界最大級の作品をコレクションしている美術館で1日に4万人の来場者があります。

待ち時間は混雑時1.5時間位で、美術館共通パス「パリミュージアムパス」を持っていると専用口から待ち時間なしで入ることができます。その場合はオーディオガイドと地図を片手に見学しましょう。

日本からは現地オプショナルツアーが便利ですので、インターネットなどでのツアー予約をおすすめします。館内でのフラッシュ撮影は禁止ですが写真撮影は可能です。写真撮影時に気を取られスリなどの被害に合う人もいるようですので気をつけましょう。

フランスおすすめ観光地6.フォンテーヌブロー宮殿(世界遺産)

フォンテーヌブロー宮殿(世界遺産)

パリからリヨン駅まで行き、そこからバスで40分のフランス国内にある宮殿としては一番大きな宮殿「フォンテーヌブロー宮殿」は、ユネスコの世界文化遺産に登録されています。

現在では世界中から観光客が訪れるフランス屈指の観光地で、もともと王族の別荘のような扱いだった城に徐々に手を加え、建物を継ぎ足し12世紀~19世紀初めまでの建築様式を比較できるほど年月をかけて華麗な装飾が施されました。フランソワ1世の回廊は見事としか言いようがありません。時間をかけてゆっくり見学するならディアヌの庭園や花壇、イギリス庭園をガイド付きで見るのもいいでしょう。

フランスおすすめ観光地7.アヴィニョン

アヴィニョン

フランスの南東部に位置するアヴィニョンは、アヴィニョン歴史地区としてユネスコの世界文化遺産に登録されている、中世の城壁に囲まれた街です。アヴィニョン歴史地区は法王庁が置かれていた時代の名残で、法王庁宮殿、大司教座の建造物群およびアヴィニョン橋(サン・べネゼ橋)が含まれます。

アヴィニョンは、世界的にも有名な「アヴィニョン演劇祭」が開かれる事でも有名で、祭り期間の観光者は約9万人以上と街の人口より多い観光客が世界各地から集まります。開催期間は毎年7月上旬から1カ月、大道芸、パントマイム、ミュージカルなどで毎日即席の舞台が立ちます。24時間眠らない芸術の街に変貌するアヴィニョン演劇祭もおもしろいですよ。

フランスおすすめ観光地8.アルルの円形闘技場

アルルの円形闘技場

フランスの南東部アルルには、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群が世界遺産に登録されています。その中の円形闘技場は1世紀末に作られ、中世の時代5~6世紀頃には要塞として改造されて使われていました。その後、19世紀に闘技場として再建され、現在は闘牛場やライブ会場としても利用されています。その外観はとにかく豪壮でいかにもローマの建築物という建物、アルルの名所の中でも1~2を争う非常に人気の高い観光スポットです。

また、アルルといえばオランダの巨匠フィンセント・ファン・ゴッホの作品「ひまわり」「アルルの跳ね橋」「アルルの女」などが、ここアルルで描かれたと言われています。当時はゴーギャンもアルルでゴッホと共同生活をしていたようで、芸術家が才能を発揮する、すばらしい地だとも考えられます。

フランスおすすめ観光地9.アルル コンスタンティヌスの公衆浴場


※写真はイメージです
4世紀、コンスタンティヌス1世がこの地に出向いた際に作られた大浴場で、トルイユ公衆浴場とも呼ばれます。プロヴァンス地方で見つかったローマの公衆浴場としては、最大の遺跡で当時の浴槽や、サウナのヒーティングシステムの1部が現在でも残っています。

フランスのおすすめ観光地10.カルカッソンヌ

カルカッソンヌ

フランス南部のトゥールーズから車で40分、ヨーロッパ最大の城塞「カルカッソンヌ」は地中海とトゥールーズ、イベリア半島とヨーロッパ諸国を結ぶルート上にあり、古くから交通の要となる場所であったことから、高台にシテ城塞、砦を築きました。全長3kmに及ぶ城壁と52の塔は古代ローマ時代のものといわれていて、3~4世紀に造られた石も内壁に見られるそうです。その後歴史は流れ、アルビジョワ十字軍に屈して城塞はフランス国王の所有となりました。

一度は廃墟になったものの、その歴史的価値が認められて1997年ユネスコの世界遺産に登録されました。夜間はライトアップされ静かに美しく佇んでいます。

フランスおすすめ観光地11.シャン・ド・マルス公園

シャン・ド・マルス公園

エッフェル塔の目の前に広がる大きな公園「シャン・ド・マルス公園」はパリ万博会場としても利用され、1991年世界遺産として登録されました。昼間はのんびりランチボックスでも広げながらエッフェル塔を望むのもいいでしょう。公園ではワインやビール売りのお兄さんもいますので、買い物などの準備をしなくてもこの公園でくつろげるでしょう。公園内には季節の花も咲き誇りますので、天気のいい日はパリ旅行中に一度この公園で楽しんでください、朝の散歩もおすすめです。

フランスおすすめ観光地12.アレクサンドル3世橋

アレクサンドル3世橋

ロシア皇帝のニコライ2世により贈られたアーチ型の美しい橋「アレクサンドル3世橋」で、中央に橋脚などがなく、セーヌ川をひとまたぎで架けられた最初の橋としても有名です。最近では、2024年オリンピック招致へ向けて、セーヌ川に100mトラックが置かれ、アレクサンドル3世橋から、17m下の河にダイブ、などというイベントも開催されました。

また、この橋は夕暮れからライトアップされ、その夜景の美しさから「パリで一番美しい橋」と言われています。1991年「パリのセーヌ河岸」の世界遺産として登録されました。映画「ミッドナイト・イン・パリ」でもおなじみです。

フランスおすすめ観光地13.エトワール凱旋門

エトワール凱旋門

エトワール、はフランス語で「星」の意味を表し、凱旋門から広がる放射状の道をシャルル・ド・ゴール広場と呼びます。凱旋門はフランスの皇帝ナポレオンが建設を指示し、1836年に完成しましたがナポレオンはその後失脚し、再びこの凱旋門に到着したのは1840年、棺がパリに改葬された時、亡くなってからでした。

この凱旋門は内部に潜入することができ(有料)、建物上部からパリを見下ろすことができます。日本からの観光客も多く登っていますので高所恐怖症じゃない、という方はトライしてみる価値ありです。

フランスおすすめ観光地14.グラン・パレ国立ギャラリー

グラン・パレ国立ギャラリー

1900年のパリ万博に合わせて建築されたグラン・パレは、正面と裏側のファサードは古典的なゴシック調の彫刻、屋根は鉄製のアール・デコ調の美しくも大胆なガラス製で建築されていて、今は国立ギャラリーとして利用されています。1964年には一部を国立美術館として改装し偉大な芸術作品の展覧会などを行っています。2017年開催のツール・ド・フランスではグラン・パレのインドアコースを周回するコースが用意されていたり、2016年は期間限定で美術館が巨大スケートリンクになったりなど、遊び心も満載です。

フランスおすすめ観光地15.パリ・ノートルダム大聖堂

パリ・ノートルダム大聖堂

シテ島にあるノートルダム大聖堂は「我らが貴婦人」、フランス語の聖母マリアを指していて、1163年着工、1345年に完成しました。石造りの外壁の細かい装飾や、ステンドグラス「バラ窓」は初期ゴシック建築の最高峰です。屋上に立ち、上からパリ市内を見下ろすと、シテ島とセーヌ河、パリ市街の位置関係が非常によくわかります。朝10時を過ぎると、大聖堂は入場するのに列ができてしまうので、早い時間からの観光がおすすめです。聖堂正面の石畳にはめられた「ゼロ・ポイント」もお見逃しなく。

フランスおすすめ観光地16.コンコルド広場

コンコルド広場

以前はルイ15世広場と呼ばれていた「コンコルド広場」は、フランス革命時にはギロチン台が置かれ、ルイ16世やマリー・アントワネットなどが処刑された悲しい歴史のある場所です。凱旋門、ルーブル美術館、コンコルド広場はまっすぐの道がありますので観光するのに迷わず進めます。

中心部には、天に向かってまっすぐ延びる柱「オベリスク」がありこれは「Luxor Obelisk(クレオパトラの針)」で、エジプトのルクソール神殿から運んできたものだそうです。

フランスおすすめ観光地17.ヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

日本からも半日観光でオプショナルツアーに参加する人が多いヴェルサイユ宮殿は、元々ルイ13世の狩猟用の館として作られ、大規模な造成と改築、改修で1682年に完成しました。

見所はたくさんありますが、フランスバロック建築のすばらしさ、トリアノン離宮に庭園内のマリー・アントワネットの村里……約800ヘクタールある広大な敷地をいかに効率的に回るかが時短見学への近道です。世界中からの観光客のあの混雑ぶりにはイラッとしてしまう人もいるかもしれません。

初めての人はパリの混雑する宮殿や美術館は旅行代理店のオプショナルツアーに参加することをおすすめします。団体用の専用入口からすっと宮殿に入り、日本語ガイドでじっくり歴史を含めた話を聞くのもいいでしょう。

フランスおすすめ観光地18.サン・ルイ島(世界遺産)

サン・ルイ島(世界遺産)

落ち着いた雰囲気の小さな島、サン=ルイ島は西隣のシテ島と「パリ発祥の地」とされています。パリのほぼ中心で、住所はパリ1区、この島に住むのがステイタスという位の高級住宅地です。日本の大女優、岸恵子さんも住んでいらっしゃいます。

また、こちらサン・ルイ島にある老舗のアイスクリーム屋「ベルティヨン」は毎日行列ができるほどの人気店です。テイクアウトでの食べ歩きが有名ですが、隣接するティーサロンでも楽しむこともできるでしょう。トッピングやダブル、シングルなどのチョイスは日本と同様に楽しめます、街歩きの途中に立ち寄ってみてください。

フランスおすすめ観光地19.シャンゼリゼ大通り

シャンゼリゼ大通り

世界的観光地、シャンゼリゼ大通りはヴェルサイユ宮殿の庭園設計などを手がけたアンドレ・ル・ノートルにより整備され18世紀頃には特徴的な美しい並木道になり華やかな大通りとなりました。パリ各所の主要な広場(凱旋門、コンコルド広場など)ともつながっていてこのパリで一番華やかな通りは、常に世界中の多くの人が訪れています。広い舗道とカフェ、デパート、イルミネーションとその地にいるだけで胸が高鳴る、不思議な場所と感じる人もいるでしょう。

その東側延長上にあるのはチュイルリー公園、ルーブル美術館に続く道で、一直線上にパリの見慣れた光景が広がっています。

フランスおすすめ観光地20.オペラ・ガルニエ

オペラ・ガルニエ

オペラ・ガルニエは1669年に作曲家ロベール・カンベーと、詩人ピエール・ペランにより設立されたフランス王立オペラを代表する由緒ある歌劇場の1つです。ナポレオン3世の帝政を称える記念碑的な経緯で1862年に建設が開始され、1875年に完成しました。

観客席は5階、総座席数2167席と、当時としては世界でも類を見ない大規模な物でその地下には、様々に趣向を凝らした巧緻な舞台装置が収まり最先端で豪華なオペラ歌劇が連日演じられ、王族や貴族も足繁く通いました。

「オペラ座の怪人」といえば、このオペラ・ガルニエが由来でなお、ガルニエの名称は設計者のシャルル・ガルニエにちなんで付けられています。

いかがでしたか? 有名な観光スポットからあまり知られていない観光スポットをご紹介しました。卒業旅行や友達との旅行でフランスを考えている人はぜひ参考にしてみてください。きっと思い出に残るすばらしい旅になるでしょう。

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)

学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。

外部リンク(マイナビ学生の窓口)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス