最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

横浜流星、『honey』平野紫耀&平祐奈は「いいコンビ」 撮影現場は和気あいあい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 平野紫耀が映画初主演を務め、平祐奈や浅川梨奈もキャストに名を連ねている映画『honey』。本作の撮影現場取材会が、神奈川県内で行われ、平野扮する主人公の親友・三咲渉を演じる横浜流星と、メガホンを取った神徳幸治監督がインタビューに応じた。

【関連】『honey』現場取材フォトギャラリー

映画『honey』は、目黒あむが 「別冊マーガレット」(集英社)で連載した同名コミックの実写版。一見すると不良なものの、心はピュアな赤髪の高校生・鬼瀬大雅(平野)が、ビビりでヘタレの女子高生・小暮奈緒(平)と紡ぐ恋模様を描く。鬼瀬の親友となる三咲を演じた横浜は、「自分の思いとは別の行動をしちゃうような子。でも根はすごくいい子で、素直になれないっていう気持ちがあるから、そういう行動をとっちゃう」と役柄を紹介。「まっすぐな鬼瀬や奈緒という仲間と出会って、自分もちょっとずつ素直になっていくんですけど、そこの心情は丁寧に、心がけて演じています」と語った。

神徳監督からは「かわいく、子供っぽく」を意識するようオーダーされたそうで、「原作を何度も読んだりして、そこから取り入れている部分とかもあるんです。見てくださる方々には、ちゃんと三咲くんと認めてもらえるように、頑張らないといけないなと思っています」と表情を引き締める。ともに天然だという平野と平については、「最初の顔合わせの時に、この2人はいいコンビだなと思って(笑)。撮影中の掛け合いも面白い」とにっこり。同学年の平野は本物の同級生のように感じるそうで、「すごくリラックスして、楽しく撮影しています」と充実の表情を見せた。

一方、『ピーチガール』に続いて少女漫画ベースの作品を手がけることとなった神徳監督は、「グレてる男の子が、ヒロインとなる女の子に助けてもらって、『今度は僕がその子を守ってやるんだ!』という話の展開は、少女漫画なんですけど、すごく男の子っぽい」とストーリーに惹かれたという。劇中では原作序盤に登場する雨のシーンを見どころにしているそうで、「鬼瀬がやりきれない気持ちでいるときに、すごいびびりでヘタレな女の子が、勇気を出して、傘を差し出してあげるあのシーンは、読んだときにものすごく感動した。ここは、この映画の一番の盛り上げにしようと思いました」とこだわりを明かす。

当日に撮影されていたのは、料理上手な大雅が作った可愛らしいキャラ弁を奈緒が中庭で食べるシーン。同シーンについて質問が及ぶと、「何度かリハーサルもさせてもらっていて、今日はその結果を撮影するというだけでした。二人と話し合ってあのシーンをずっと作ってきて、キャラクターとか目つきなどもずっと稽古してきたので、そこを活かしつつ、天気にも恵まれて、本当に良いシーンが撮れたなと思っています」と話し、手応え十分だったようだ。(取材・文・写真:岸豊)

『honey』は2018年3月31日より国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス