最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「わろてんか」5話「うちのせいで、おとうはんが化け猫に」「そんなアホなこと」わろた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)
第1週「わろたらアカン」第5回 10月6日(金)放送より。 
脚本:吉田智子 演出: 本木一博


5話はこんな話
父・儀兵衛(遠藤憲一)がお酒を盗み飲みしていたことを、てん(新井美羽)は自分のせいだと思いこんでしまう。

土下座までするてん
「うちのせいで、お父はんが・・・お父はんが・・・化け猫になってしまはった」
てんの、この台詞には笑った。
お父さんが化け猫に。なんて子供らしい台詞だろうか。かいらしなあ。

じつは、お母はん・しず(鈴木保奈美)は、儀兵衛が仕事のストレスから夜中にお酒を飲んでいたことを、知っていた。そして、その理由も理解していた。なかなかできた妻である。

儀兵衛が、新一(千葉雄大)のために、いい薬をもっているドイツの薬会社と取引したくて、酒をこっそり飲まずにはいられないほど根を詰めていることを知ったてんは、ホームパーティーの日に怒らせてしまったドイツ人のところに謝罪にでかける。
土下座までするてん。
風太(鈴木福)まで一緒に。
ここはちょっといたたまれなかった。

そんなアホなこと
てんは、お父さんにまで土下座。
てん「すんまへん うちのせいで、おとうはんが化け猫に」
儀兵衛「そんなアホなこと」
また笑ってしまった。いかん、「お父さんが化け猫に」がツボる。

思い詰めたてんに心打たれた儀兵衛は、家中のお酒を捨ててしまう。
「これでもう二度とうちに化け猫はでてこやへん てんが化け猫退治してくれたわ」
と言って「笑ってよし」と許可も出す。
こうして、家中が笑いに包まれて・・・。
久々に朝ドラの基本構成(小さい事件を、その回の翌日解決という2日構成と、週単位の大きな事件を金曜日に解決という週構成)が帰ってきた。でも、これ、やり続けると単調になるから、要注意だ。

一難去って・・・
てんの笑い問題はあっさり解決。
今度は、運命の人問題。売れっ子の芸人という触れ込みであった藤吉(松坂桃李)が、寄席で、イノシシの役。しかも、勘違いで出番を間違えるという体たらく。それを観てしまったてん。さて、どうなる?
これも、基本どおりだと、土曜にはあっさり解決するだろう。

今日のお兄ちゃん
カラダ弱いのに、お父さんのためにがんばろうとしている新一。健気である。
新一のシーンは、いつもチョコレート色。チョコレートのお茶の色って感じか。
というよりも、人生の黄昏みたいで、大変心配です。

あさイチの遠藤憲一
この日の「あさイチ」のゲストは遠藤憲一。奥さんと二人三脚の個人事務所であり、奥さんとの深い愛情のエピソードが、朝ドラ俳優にふさわしかった。コワモテだけど、いい人なのねと、たくさんの視聴者が思ったことだろう。一転して、裏社会映画の極みのような「木屋町DARUMA」の遠藤さんもぜひ観ていただきたい。
(木俣冬)

外部リンク(エキレビ!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス