最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

青柳翔主演ドラマの放送決定!“食べ方”にこだわる男に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MBS/TBSで、11月から食をテーマにした新感覚ドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」の放送が決定。青柳翔が主演を務め、成海璃子、佐藤二朗らが出演する。

本作はおおひなたごう原作の同名コミック「原作は、目玉焼きの黄身いつつぶす?」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)を実写ドラマ化した作品。

誰しもが気になる“食べ方”にスポットを当て、食べ方で大げんかをするカップルとその周りを取り巻く個性的なキャラクターたちが繰り広げる日常を描く。

物語の主人公であり、料理の食べ方に人一倍こだわりを持つ田宮丸二郎(通称:ジロちゃん)を演じる青柳は、「基本、ひとりで家で笑うということってことないんですけど、この原作を読んで爆笑してしまいました」と作品への印象を語る。

「食べるということだけではなく、何事にもウザいくらいに純粋で暑苦しくて真っすぐな二郎というキャラクターをとにかく真剣に演じたいと思います。それが結果的に、なんだか憎めなくて魅力的な二郎のキャラクターに何気に笑ってしまう瞬間につながればと思います」と意気込む。

そして、成海は若手漫才コンビ「魑魅魍魎」として活動する二郎の恋人・みふゆを演じる。食べ方の違いが原因でたびたび衝突し、すれ違いながらも、自分のこだわりを相手にぶつけながら、お互いを理解しながら、徐々にお互いを認め合い距離を埋めていく関係性を描き出していく。

さらに、二郎の職場の上司で、仕事に、食べ方に大いに悩む二郎に、的確なアドバイスを送る導師的な役どころの近藤を、佐藤が演じる。原作では、アフロヘアにサングラスが特徴的な近藤だが、佐藤もグラサンアフロヘアというまさに近藤そのものの姿で個性的な役を演じ抜く。

また、放送に先駆けての第0話、放送終了後にはドラマのその後を描く続編となる第5話~第7話を映像配信サービスGYAO!で無料配信することも決定。

二郎とみふゆの関係性、近藤の強烈な個性だけでなく、毎回登場するおいしそうな食べ物の数々と登場した食べ物をどう食べるか、視聴者も考えさせられるような新感覚の参加型ドラマの誕生に期待が高まる。

■青柳翔コメント

基本、ひとりで家で笑うということってことないんですけど、この原作を読んで爆笑してしまいました。今回、食べるということだけではなく、何事にもウザいくらいに純粋で暑苦しくて真っすぐな二郎というキャラクターをとにかく真剣に演じたいと思います。

それが結果的に、なんだか憎めなくて魅力的な二郎のキャラクターに何気に笑ってしまう瞬間につながればと思います。ぜひ、楽しみにしていただければと思います。

■成海璃子コメント

これまで「食べ方」をフィーチャーした作品はあまり見たことがないので、とても面白いと思いました。青柳さんの寡黙な雰囲気も主人公の二郎ちゃんにピッタリだと思います。今回は芸人役ということで、難しさも感じていますが、楽しんでやれたらいいなと思っています!

■佐藤二朗コメント

正直に言う。「目玉焼きの黄身いつつぶす?」割とどうでもいいことだ。ホントに割とどうでもいい。だが、割とみんながかすかに気になってることだ。実は「食」に関して「どうでもいいことだが、みんながかすかに気になってること」というのはあまたある。

今回はその一つ一つに、ド真剣に、奥深くまで、迫っていきたい。その深層に何が待っているか、僕にも分からない。何も待っていないかもしれない。その可能性も割とある。

が、探検の価値はある。さあ、どうでもいいけどちょっと気になる食の探検に、皆さんも一緒に繰り出そう。

https://news.walkerplus.com/article/123886/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス