最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

英国の名門メーカーからハイエンドの技術を凝縮した新しいスピーカーシリーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国のスピーカー専門メーカーB&Wから新しい700シリーズが登場、11月に発売される。従来のCMシリーズを新技術で発展させた後継版でブックシェルフ型が3モデル、フロアー型3モデル、センタースピーカー2モデルの合計8モデルという豊富なラインアップとなる。取り扱いは、D&Mホールディングス(川崎市)。

新しい700シリーズの原点は2006年に発売された小型ブックシェルフのCM1。このモデルが世界的にベストセラーとなりCMシリーズとして拡充発展、さらにCM S2シリーズとして改良を受け今日に至っていた。700シリーズはポジションとしては同シリーズの後継となるが、先に次世代シリーズとして登場し、スピーカー界の話題を集めたハイエンド800シリーズのコア技術を受け継ぎながらその下位モデルとしての位置づけとなる。

その証として、各モデルの中低音域には800シリーズにも採用した新振動板のスピーカーユニットを投入。さらに800シリーズのダイヤモンド振動板トゥイーターに特性を近づけるべく、カーボンドームトゥイーターを新開発している。フロアー型に搭載の低音ウーファーも800シリーズと同じ振動板素材としたほか細部までパーツ類を一新、同シリーズに続く新世代シリーズとなっている。

ラインアップの主なモデルとして、ウーファー3基と独立トゥイーターを搭載した最上位702S2(ピアノブラック仕様31万5,000円/1台・税別)を筆頭に、独立トゥイーターのブックシェルフ型705S2(ピアノブラック仕様33万6,000円/ペア・税別)、サラウンドにも使える小型ブックシェルフの707S2(ローズナット仕様15万円/ペア・税別)、センタースピーカーHTM71S2(ローズナット仕様17万5,000円/1台・税別)などがある。

外部リンク(OVO)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス