最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「戦争を考えるきっかけに」特攻の母を演じる大林素子が意気込みを熱弁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(舞台「MOTHER マザー ~特攻の母 鳥濱トメ物語~」主演の大林素子と脚本・演出の藤森一朗氏)

大林素子(50)が主演を演じる舞台『MOTHER マザー ~特攻の母 鳥濱トメ物語~』が10月5日から上演される。会場となる新国立劇場で、大林らが取材に応じた。

■戦争を考えるきっかけになってほしい


舞台『MOTHER』は、大東亜戦争末期に特攻隊が訪れた軍指定食堂「富屋食堂」の経営者・鳥濱トメの物語。

特攻隊員から母と慕われた実在の人物であり、舞台も実際の富屋食堂を可能な限り忠実に再現している。

大林は、「戦争を考えるきっかけになってほしい。お父さんやお母さん、友達と日常を過ごすことを感謝。私は戦争を知らない世代なので、リアルにそれを感じることはできませんが、戦争体験者の話を聞き、色んな情報を調べて、そう感じました」と、しみじみと語った。

■最初は背が高すぎて観客のざわつきも


(大林素子)

舞台の初演は2009年。最初は、米兵を演じる役者を超える身長に、観客がざわつくこともあったそうだ。

9年目にして「まだトメさんの全てを理解できたわけではありません。でも50歳になり、落ち着きを手に入れて、ようやくトメさんを掴めてきたかな」と感慨深く話す。

また、「自分のことを顧みず、愛情を持って特攻隊にも米兵にも関わるトメさんは、とても大きい方なんです」と、尊敬の意を示した。

■演者になることが夢だった大林


(大林素子)

「大きいのでバレー選手の道を選びましたが、幼稚園のころから演技することに憧れていました」と、夢がかなったことへの喜びを語る大林。

報道陣から「バレーと演技の世界の違いは?」と質問が飛ぶと、大林は少し考えてから、「バレーは数字で上手下手がきっちりとわかる世界。でも演技は数字のように目で見てわかるものではない。だから、最初はかなり戸惑いました」と話す

「家に帰っても練習をして、自分なりに役のことを考えてがんばりました。(演出の)藤森さんが優しくて叱ってくれないので、もっと叱ってくれても」と笑う大林。バレーの肉体的にキツい練習とは違った鍛錬を求めらているようだ。

舞台『MOTHER』は東京・新国立劇場 小劇場にて9日まで上演。その後、10月18日に静岡、10月21日に岐阜にて上演される予定だという。

【公演情報】
戦後72年を飛び越えて『MOTHER マザー ~特攻の母 鳥濱トメ物語~』
劇場:新国立劇場 小劇場
日程:東京公演 2017年10月5日(木)~9日(月・祝)5日間 全8公演
チケット料金:前売6,000円、当日6,800円(税込・全席指定)
チケット取扱:カンフェティ
出演者:大林素子、ワッキー(ペナルティ)、泉川実穂 ほか

・合わせて読みたい→ケツメイシ新曲 「アンタ柴田ジャケ」の次はあの長身美女がMVに登場?

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス