最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

木本花音、自身の特技を「黒歴史だから(笑)」 SKE48カフェお台場出張イベント第3弾【インタビュー編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10月1日に東京・台場のフジテレビ本社屋内「フジさんのヨコ」で、名古屋・栄にあるSKE48 CAFE&SHOPの出張イベントが開催。チームKIIの松村香織、チームEの木本花音と佐藤すみれ、研究生の仲村和泉と野村実代が出演した。

今回はイベント終了後に5人にインタビューを実施。イベントの振り返りのほか、間近に迫ったSKE48の9周年などについて話を聞いた。

■ 先輩&後輩で新たな一面を発見!?

――まず、今回のSKE48カフェ出張イベントの感想をお願いします。

木本:カフェイベントに初めて参加させていただいて、想像とは全然違う感じだったんですけど、ファンの方がたくさん来て盛り上げてくださったので、イベントらしいイベントができたかなと思います。

松村:前の2回はカナリアのボン(溝黒)さんがMCだったんですけど、きょうはお仕事で来られなかったということで(笑)、私が代わりにMCをやりました。普段、チームKIIで活動していると研究生やチームEのメンバーと一緒になることがあまりないので、こういう機会に一緒にやらせてもらって、「こういうところもあるんだな」という発見もあったので、とてもいい機会だったと思います。

野村:前回、前々回と同期が出演していて、私も出てみたいなって思っていたので、出ることができてうれしかったです。あまり絡むことのない先輩とこうしてお話できたり、罰ゲームを一緒に受けたり、いろんなことに挑戦できていい経験になったなと思うので、これからの劇場公演や他のイベントでも、きょうのことを生かせたらいいなと思います。

仲村:ステージに立ってみて、客席が(名古屋・栄のSKE48)劇場と同じくらいの近さだったんですけど、また劇場と違った雰囲気で、それがすごく楽しかったです。木本花音さんの“即興劇”とか、先輩の知らなかった部分も知ることができて…(笑)。

木本:黒歴史だから(笑)。

仲村:これからもっと一緒にお仕事できたらいいなと思いました。

佐藤:“カフェ”イベントと聞いていたので、今(名古屋・サンシャインサカエの)カフェで出しているメニューの宣伝になっているのかなと思いきや、内容の9割がバラエティーで(笑)。でも、その中で歌の披露もあって、そこではSKE48のファンの皆さんも“らしく”盛り上がりを見せてくれたので楽しかったですし、第1部と第2部で全然違うことができて、すごく充実していたかなと思います。

――先輩のお三方が今回発見した研究生2人の新たな一面は?

木本:今の子ってすごく喋れるんだなって思いました。ハキハキと何でも言ってくれるし、振ったらやってくれるし。野村ちゃんは蜂の子を前にしても度胸があって。

佐藤:みよまる(=野村)は思ったよりもガツガツしてた。

松村: 2人共やらなきゃいけないことをちゃんとやってくれたので助かりました。

――逆に研究生のお二人は先輩とイベントに出て、いかがでしたか?

野村:喋るのに戸惑っちゃったときにフォローをしてくれたり、優しく支えられているなと感じたからこそ、いつかは自分1人でMCとか何でもできる人になりたいなって思いました。

仲村:喋ってるときのツッコミのタイミングとか、恥ずかしがらずに何でもガツガツやっている姿とか(笑)、すごく勉強になりました。

■ 松村「普通のコンサートをガイシで1年に1回くらいのペースでできる日が来るといいな」

――直近の活動についてもお話を聞きたいのですが、まず9月24日には大矢真那さんの卒業コンサートがありました。久しぶりの(名古屋・)日本ガイシホールはいかがでしたか?

木本:一言で言うと、笑いもあって涙もあって、真那さんらしい卒業コンサートだったなと。SKE48として大きいステージに立つのが久しぶりだったからこそ、メンバーも気合が入っていましたし、真那さんはSKE48を支えてきてくださった1期生なので、気持ち的にもしっかりしなきゃというか、ちゃんとやりたいという気持ちがみんなにあったと思うので、リハーサルから気合が入っていて、本番でもそれがちゃんと出せたかなと思います。やっぱり大きいステージでやるのは楽しいですね。

松村:まさにゃ(=大矢)から「普段自転車で栄を走り回っているのをそのままコンサートでやりたい」という要望があって、それでガイシの外周をあんなふうに自転車で走るなんて思ってもいなかったですけど、できてよかったです。1年半ぶりのガイシホールでのコンサートだったけど、誰かの卒業コンサートじゃなくて、普通のコンサートをガイシで1年に1回くらいのペースでできる日が来るといいなと思いました。

野村:セットリストや曲に出るメンバーを真那さんが、1人1人が目立つように選んでくださって、真那さんの優しさがあふれたコンサートだったと思います。私はスタイルの良いメンバーが集まった“美脚選抜”に入れてもらって、私なんかがそんなところに入って大丈夫なのかって思いながら挑戦したんですけど、すごく楽しむことができたので、真那さんには本当に感謝しています。

仲村:私は大きなホールで初めてコンサートをやらせていただいて、リハーサルのときは、どこに階段があってどこから出ればいいのかとか全然分からなかったんですけど、それを1つずつ解消して分かるようになったら、本番は一瞬でした。「え、もう終わり?」みたいな。あと、あまり真那さんが泣いている姿を見たことがなかったんですけど、ぼろぼろ泣いている姿もキラキラ輝いているなと思いました。

佐藤:真那ちゃんが今まで総選挙でランクインしてきた“アンダーガールズ”のメドレーがあったんですけど、そのメドレーの初期の方の曲に私は参加しました。その曲の頃って私がAKB48で真那ちゃんがSKE48で、全く共通点がなかったのに、数年後にこうやって一緒に“アンダーガールズ”のメドレーを歌ってると思ったら涙が出てきました。あかりん(=須田亜香里)、ちゅり(=高柳明音)、みなるん(=大場美奈)もその曲にいたんですけど、みんな感慨深いというか、涙がすごく溢れました。

――その数日後の9月28日には、松村さんと木本さんは木崎ゆりあさんのSKE48劇場最終公演にも出られました。演目は、松村さんは研究生時代にやっていて、木本さんはアンダーの1回だけという「制服の芽」でしたが。

木本:ゆりあたんが選んでくれたメンバーで、チームもばらばらだったので、公演自体すごく新鮮でした。ゆりあたんがAKB48に移籍してから同じステージに立つことがあまりなかったし、「制服の芽」公演で一緒に出ることは今までなかったので、最後の最後にこういう機会をいただけたことがうれしかったです。卒業ブロックで「ウィンブルドンへ連れて行って」をゆりあたんと一緒に歌うことができて、それもまたうれしかったですね。

松村:私は研究生のときにチームSのアンダーで出たり、研究生公演の演目としてやったりしていて、本当に久しぶりの「制服の芽」公演だったんですけど、同期の(後藤)理沙子とだーすー(=須田)とゆりあと出られる機会もなかったので、とても新鮮でした。アンコールで「桜の花びらたち」を歌わせてもらったんですけど、一番最初の公演が「PARTYが始まるよ」公演だったので、そのときのことを思い出すと涙が出てきましたし、ゆりあがAKB48に行ってからは一緒に立つステージもなかったので、SKE48劇場でも最終公演ができてよかったなと思います。

■ 木本「SKE48を知るきっかけになってくれたら」

――そして、10月5日(木)には「SKE48 9周年特別公演」が、前日の4日(水)には前夜祭があります。

木本:毎年“○周年”ってなると前夜祭がすごく盛り上がるんです。前夜祭は応募とかなくサンシャインサカエに来てくださったら見られるものもあって、今年私はサンシャインサカエの中に入っているお店とSKE48がコラボして紹介する企画だったり、そういうことをたくさんやらせていただくので、SKE48を知っている方には私たちが紹介したものを見て「いいな」と思ってもらえたらうれしいですし、知らない方には前夜祭がSKE48を知るきっかけになってくれたらいいなと思います。

松村:私は「炭火焼肉たむら」さんのランチメニューを私は考えているので、ぜひ食べていただけたらと思っているのと、今年で3回目になる「ミッドナイト公演」があるんですけど、今回はスタッフさんも「テレビじゃできないことをやろう」というのをテーマに挙げているみたいなので、来られない方にもDMMとかで見ていただければいいなと思います。

野村:研究生は初めての周年イベントなんです。私たちは入ってまだ1年もたっていないのに、SKE48は9年も歴史があるんだと考えたら、先輩が作り上げてきたものを私たちが崩してしまわないように、いつでも精いっぱいパフォーマンスしなきゃいけないなと思います。

仲村:いす取りゲームで勝った人が観覧車のゴンドラにラッピングをしてもらえるという企画があって、それに勝ちました。そういういろんなチャンスをもらっているので、9周年を迎えた後も、チャンスを自分の手でつかんでいけたらいいなと思います。

佐藤:私は今のところ出るのが決まっているのはトークショーで、トークショーはいつもみんな同期で思い出話をしたりしているんです。でも私は(移籍組なので)同期がいなくて、いつも出られずに悲しいなと思っていたんですけど、今年は初めて出られるので、1人でも多くの後輩メンバーに目を付けていきたいと思います(笑)。

――佐藤さんは最近そのKD(キッズ大好き)ぶりが加速していますけど、他の人はどう見ているんでしょう…?

佐藤:私は何も考えずにやってますからね(笑)。

木本:でも、すー姉(=佐藤)はかわいい子を発掘してくれるので…。

佐藤:発掘して“カワイイ”を世界中に広められたらいいなと(笑)。

――何だかスケールが急に大きくなりましたが(笑)。あと、佐藤さん、木本さんのチームEが7月に(東京・)六本木ヒルズで行ったライブの放送(10月7日[土]、CSテレ朝チャンネル1)もあります。

木本:夏の野外ライブだったのでみんなテンションが高くて。9月27日に発売された『SKEフェスティバル』に収録されている楽曲や、SKE48のシングル曲をやったんですけど、チームEとして出させていただいたので、“チームEにしかできないものを”ということで、チーム曲を入れつつSKE48をアピールするライブができたかなと思います。

――また、10月21日(土)の「T-SPOOK TOKYO HALLOWEEN PARTY」にも出演が決まりました。

松村:夏もいろいろイベントをやってきたんですけど、若手メインのものが多かったんですよね。

佐藤:今回は全員OVER-21ぐらいです(笑)。

松村:本当にベテランしかいない(笑)。なので、今回はベテランだけで何ができるんだろうということでチャンスをいただいたので、若手の勢いに負けないくらいのパフォーマンスを見せたいですね。

https://news.walkerplus.com/article/123354/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス