最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

浜田雅功、ネット番組の可能性に期待「この時代にこれだけのお金を…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が3日、都内で行われたAmazonプライム・ビデオの新バラエティシリーズ『戦闘車』(10月6日配信開始、毎週金曜更新、全5話)の完成披露舞台挨拶に出席した。

この番組は、車好きで知られる芸能人たちが自ら各々の"戦闘車"に乗り込み、命がけでさまざまな試合に挑むというもの。浜田率いる浜田軍と千原ジュニアが率いるジュニア軍に分かれ、芸人、レーサー、ミュージシャン、アイドル、俳優、プロレスラーからなる総勢18人が、スピード、度胸、根性が試される自動車合戦を繰り広げる。

舞台挨拶には、浜田軍から浜田、勝俣州和、千原せいじ、誠子(尼神インター)、渚(尼神インター)が、ジュニア軍からは、ジュニア、藤本敏史(FUJIWARA)、庄司智春(品川庄司)、武藤敬司が出席。番組のイチオシシーンが流れ、高級車をぶつけ合いボコボコになる衝撃映像などが紹介され、出演者も爆笑しながら完成した映像を見つめた。

撮影では、車だけでなく、カメラも10台壊れたという。Amazonオリジナル番組初登場の浜田は「この時代にこれだけのお金を使ってっていうのは地上波ではない」と驚き、「特に今回は男の子らはすごい興奮してやれるというところで楽しかった」とほかでは体験できない撮影を楽しんだ様子。また、ネット番組の可能性について「まだまだある。人殺し以外は何でもできるんじゃないか」と冗談を交えながら期待を示し、「Amazonさん、何でも『いいですよ』って言いそう。どこまでギリか、これから話し合い」と今後探っていくようだ。

ジュニアも「地上波では絶対見ることができないすばらしいクオリティ。スケール感がでかい」と番組の魅力をアピール。また、浜田軍を「IQが低い」とけなしつつ、兄・せいじが自分のチームに「ほしかった」と言い、浜田も「せいじは頑張ってくれた。ベタ踏みして突っ込んでいけるのは、イカれてないといけない」とその度胸を称えていた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス