最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

夏ドラマ20作を総括! ベスト作品&俳優は? - 命をめぐるシリアスな急展開が続出、オリジナルで攻めた日本テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●展開重視のストーリーと挑戦意欲
9月の終わりとともに、すべての夏ドラマが終了した。視聴率トップは全話平均14.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(フジテレビ系)。録画分を合わせた総合視聴率も24.2%を記録するなど、文句なしの結果を残したと言えるだろう。

その他は、在宅率の低い時期だけに、全般的に低迷。特にフジテレビは、『警視庁いきもの係』が6.5%、『僕たちがやりました』が6.1%、『セシルのもくろみ』が4.5%とプライム帯ドラマのワースト3を占めるなど、『コード・ブルー』との明暗がハッキリわかれた。

ここでは、「心理描写より展開重視のストーリー」「新作オリジナルで勝負した日本テレビ」という2つのポイントから夏ドラマを検証し、全20作を振り返っていく。今回も「視聴率や俳優の人気は無視」のドラマ解説者・木村隆志がガチ解説する。

■ポイント1:心理描写より展開重視のストーリー

暴力やイジメ、学校の爆破、ベッドシーン、ホームレス生活、屋上から飛び降りなどの過激なシーンが続いた『僕たちがやりました』。主人公が銃で撃たれ、実母から冷酷な扱いを受け、ジャーナリストをボコボコにした『ごめん、愛してる』(TBS系)。庭に埋めた死体が掘り起こされ、脅迫メールが送られ、骨を送りつけられた『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)。ヒロインが夫に浮気され、息子を奪われ、会社ではリストラされた『カンナさーん!』(TBS系)。前シリーズ以上に医師たちがアクシデントに襲われ続けた『コード・ブルー』。ヒロインが銀行の金を横領して銀座のママとなり、恐喝でさらに大金を手にしたが、失ってしまった『黒革の手帖』(テレビ朝日系)。

今夏は「激しいシーンや急展開の連続で視聴者を引きつけよう」という作品が多かった。物語の中心は、事件や事故などの非日常的なアクシデント。「それらに翻弄される主人公たちを描く」というコンセプトで、「SNSの反応につながりやすい」という狙いもあっただろう。

なかでも『僕たちがやりました』『ごめん、愛してる』『愛してたって、秘密はある。』『コード・ブルー』は、「“命の重さ”というテーマを際立たせるために激しいシーンや急展開を続けた」と言えるが、視聴者はこのコンセプトに賛否両論。制作サイドも、ある程度の批判を覚悟した上で挑んでいたのは間違いない。

以前の夏ドラマはカラッと明るい作風が多かったが、今年はシリアスモードだった。相対的にヒロインの心理や成長をじっくり描いた『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の評価が高くなりやすい状況だったとも言えるだろう。

■ポイント2:新作オリジナルで勝負した日本テレビ

今夏は『コード・ブルー』『黒革の手帖』『刑事7人』(テレビ朝日系)、『遺留捜査』(テレビ朝日系)などの続編やリメイクが目立ち、平均視聴率はすべて2桁を超え、それぞれ1位(14.8%)、3位(11.45%)、4位(11.36%)、5位(11.0%)と上位を占めた。

上記以外は、ほとんどが漫画か小説のドラマ化であり、プライム帯で新作のオリジナルは『過保護のカホコ』『ウチの夫は仕事ができない』『愛してたって、秘密はある。』の3本のみ。いずれも日本テレビの制作だが、『過保護のカホコ』は視聴率2位の11.47%と、続編・リメイクの間に割って入る健闘を見せた。

日本テレビは10月スタートの秋ドラマでも『先に生まれただけの僕』『奥様は、取り扱い注意』の新作オリジナル2本を手がけるなど、最も意欲的な姿勢を見せている。オリジナルは「先が読めない」「ネタバレなし」だけに当たれば大きい。ドラマ人気を再燃させる上でも、日本テレビの挑戦に期待が集まっている。

上記を踏まえた上で、夏ドラマの最優秀作品に挙げたいのは、『僕たちがやりました』。前述したように、序盤から批判覚悟で暴力やセクシーなシーンを描いたが、すべては罪と向き合う終盤に向けた伏線だった。原作漫画とは異なる非情なラストシーンも評価されるべき。

その他では、企画そのものが語り継がれそうな『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)、ほのぼのとした新境地の刑事ドラマ『警視庁いきもの係』、高畑充希&竹内涼真コンビが光った『過保護のカホコ』、ミュージカルに振り切って笑いを誘った『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系)の4作。いずれもオリジナリティで他の作品を凌駕していた。

主演男優では窪田正孝と山崎育三郎、女優では高畑充希と武井咲。また、助演として
彼ら4人を輝かせた今野浩喜、高梨臨、竹内涼真、仲里依紗の演技も素晴らしかった。

最後に、深夜帯のため対象外としたが、『さぼリーマン甘太朗』(テレビ東京系)も素晴らしかった。『孤独のグルメ』に次ぐシリーズ化に期待したい。

【最優秀作品】『僕たちがやりました』 次点-『下北沢ダイハード』
【最優秀脚本】『下北沢ダイハード』 次点-『僕たちがやりました』
【最優秀演出】『ハロー張りネズミ』 次点-『警視庁いきもの係』
【最優秀主演男優】窪田正孝(『僕たちがやりました』) 次点-山崎育三郎(『あいの結婚相談所』)
【最優秀主演女優】高畑充希(『過保護のカホコ』) 次点-武井咲(『黒革の手帖』)
【最優秀助演男優】竹内涼真(『過保護のカホコ』) 次点-今野浩喜(『僕たちがやりました』)
【最優秀助演女優】仲里依紗(『黒革の手帖』) 次点-高梨臨(『あいの結婚相談所』)
【優秀若手俳優】コムアイ(『わにとかげぎす』) 横山だいすけ(『警視庁いきもの係』)

●総合三ツ星評価は3作
全20作のひと言コメントと目安の採点(3点満点)

○『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』 月曜21時~ フジテレビ系

出演者:山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香ほか
寸評:7年のブランクと脚本家の変更で賛否を呼んだが、全体のパッケージとしては破たんなく、ラストもソフトランディング。医療要素が軽くなったほか、医師たちにアクシデントが多すぎるなど、エンタメ寄りのシフトは疑問だが、視聴率も映画化も、このキャストをそろえただけで勝ちと言える。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆】

○『僕たちがやりました』 火曜21時~ フジテレビ系

出演者:窪田正孝、永野芽郁、新田真剣佑ほか
寸評:今期最大の挑戦作であり、初回から「暴力やイジメシーン全開」という不退転の意志を感じさせた。先の展開が読めない連ドラらしさや、罪と向き合いはじめる中盤以降のメッセージ性など見ごたえも十分。漫画原作とは異なる結末を仕掛け、若手俳優たちを育てたという意味でも価値は高い。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

○『カンナさーん!』 火曜22時~ TBS系

出演者:渡辺直美、要潤、斉藤由貴ほか
寸評:「さすが旬の女芸人」と思わせる渡辺の存在感は出色で、演技派の助演陣とも遜色なし。ただ、「どんな困難でも健気に頑張る」というキャラはしらじらしく、飽きてリタイアする視聴者が少なくなかった。どんなアイコンを輝かせるのも脚本次第。演出陣が苦労している様子が透けて見えた。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆】

○『刑事7人』 水曜21時~ テレビ朝日系

出演者:東山紀之、高嶋政宏、北大路欣也ほか
寸評:第3シリーズも視聴率こそ安定していたものの、脚本は不安定なまま。事件解決への流れも、7人なりの一体感も、何より主人公の魅力にも物足りなさが残った。最初から最後まで後味の悪さを感じさせる展開を選んだのはなぜなのか。プロットの粗さがディテールまで影響している感があった。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆】

○『過保護のカホコ』 水曜22時~ 日本テレビ系

出演者:高畑充希、黒木瞳、竹内涼真ほか
寸評:浮世離れしたヒロインは遊川和彦脚本の必須アイテム。上手さを感じた反面、「愛してる」「信じる」などの「それを言ったら身もフタもないでしょ」というセリフが多く、高畑や竹内らの演技力に助けられた。ファンタジー要素の強い演出も含め、ほのぼのとした世界観が現代視聴者にウケることを実証。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

○『わにとかげぎす』 水曜23時56分~ TBS系

出演者:有田哲平、本田翼、光石研ほか
寸評:過激な展開に頼った脚本と思いきや、主人公を取り巻く背景などに社会性も見られた。ラストは偶然が続いてのハッピーエンド。肩すかしに見せて実は、「恋も仕事も人を避ける生活から脱することができたのは“変わりたい気持ち”だった」という深さも。ドラマ枠が消滅してしまうのは惜しい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『遺留捜査』 木曜20時~ テレビ朝日系

出演者:上川隆也、栗山千明、段田安則ほか
寸評:舞台が京都に移動しても糸村の魅力は変わらず。しかし、木曜20時台らしいシンプルな事件と謎解きは消化不良で、「3分間の話」も薄味に感じられた。各話のバラつきが大きくなってしまったのは、脚本家メンバーの変更だけでなく、時間枠の移動が原因なのか。「作品ファースト」とは言い難い。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

○『黒革の手帖』 木曜21時~ テレビ朝日系

出演者:武井咲、江口洋介、伊東四朗ほか
寸評:米倉涼子版とは異なる役作りを見せた武井が最大の収穫。30代の貫録はないが、20代ならではのしたたかな悪女像で、今後の女優業に期待を持たせた。裏を返せば、「何度も放送されている物語に新奇性はない」ということ。高嶋政伸の演技や、高畑淳子の本格復帰に注目が集まるのも仕方ない。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

○『セシルのもくろみ』 木曜22時~ フジテレビ系

出演者:真木よう子、吉瀬美智子、伊藤歩ほか
寸評:ファッション誌や読者モデルという題材が古く、原作選びからミスリードがはじまっていた。真木とヒロインのキャラが合致せず、編集者やライターの描写も粗さがあるなど、キャストの頑張りが空回り。立場の異なる4人の女性が対峙するシーンは見応えがあっただけに、そこを広げたかった。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

○『脳にスマホが埋められた!』 木曜23時59分~ 日本テレビ系

出演者:伊藤淳史、新川優愛、岸谷五朗ほか
寸評:深夜ドラマらしいバカバカしさと、ぶっ飛んだ展開は、いかにも鈴木おさむらしい企画。新川と安藤なつのキャラも、ツッコミどころ満載のハッピーエンドも、読売テレビ制作の同枠にハマっていた。スマホというテーマだが、意外に若者よりも大人が見て楽しめる作風に。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『警視庁ゼロ係 生活安全課なんでも相談室』 金曜20時~ テレビ東京系

出演者:小泉孝太郎、松下由樹、大杉漣ほか
寸評:事件の内容も黒幕もあっさりだったが、マイペースな主人公を中心に、メンバーのキャラクター劇でファンを楽しませた。最後は元総理大臣の息子である小泉が元総理大臣の事件に挑むという遊び心も。視聴率も同枠としては好調で、第3シリーズは既定路線か。小さな安達祐実に大きな存在感。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

○『ハロー張りネズミ』 金曜22時~ TBS系

出演者:瑛太、深田恭子、森田剛ほか
寸評:全話の脚本・演出を大根仁が手がけただけあり、ディテールへのこだわりがギッシリ。1カットに対する執念を感じた。それだけにありがちな人情話が多かったのは残念。怪奇現象の回は、凄まじいけれんみで度肝を抜かれただけに、同テーマで1クール放送するくらいの思い切りがほしかった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『あいの結婚相談所』 金曜23時15分~ テレビ朝日系

出演者:山崎育三郎、高梨臨、鹿賀丈史ほか
寸評:個人的にはかなり楽しめたが、ここまでミュージカルに振り切ると賛否両論になるのは当然。毎回、「ここまで歌って踊るか?」と思わせる演出も、「最後はスカッと結婚」という展開も、ゆるさを求める週末の深夜に合っていた。山崎の一人舞台となる設定にしっかりついていった高梨も見事。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『下北沢ダイハード』 金曜24時12分~ テレビ東京系

出演者:古田新太、小池栄子ほか
寸評:イレギュラーな企画だが、存在価値は果てしなく大きい。とりわけ小劇団の作家たちは競い合うように渾身の一作を手がけ、今後のドラマ界を担う見本市のように感じられた。俳優たちも売れない時代を思い出したかのような伸び伸びとした演技を見せ、関和亮らが手がける映像も見応えアリ。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

○『悦ちゃん』 土曜18時5分~ NHK

出演者:ユースケ・サンタマリア、平尾菜々花ほか
寸評:かわいいが小生意気な平尾と、昭和初期でも脱力した役作りを変えないユースケのコンビが癒しを誘った。門脇麦と石田ニコルも相手役としてストーリーに溶け込み、最終回はそつなくすべてを回収。楽しげなダンスも含め、NHKの土曜時代ドラマらしいスッキリとしたフィナーレだった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『ウチの夫は仕事ができない』 土曜22時~ 日本テレビ系

出演者:錦戸亮、松岡茉優、佐藤隆太ほか
寸評:「ダメな夫を持つ」女性目線の物語と思いきや、さにあらず。「従順な若妻をめとる」男性目線の物語。「仕事ができないのは人がいいから」という図式にリアリティはなく、かといってエンタメ性が歌って踊ることでは苦しい。イモトアヤコ、江口のりこ、壇蜜ら助演女優たちは意外に効いていた。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆】

○『居酒屋ふじ』 土曜0時20分~ テレビ東京系

出演者:永山絢斗、飯豊まりえ、大森南朋ほか
寸評:キャスト、セット、おやじのエピソード、鉄拳のイラスト、主題歌など、「作り込んだ大人のドラマ」と思いきや、軸となる物語がステレオタイプ。店のムードはよかっただけに、売れない俳優の描写がご都合主義でもったいなかった。実名で登場する俳優が、あえて下手に演じているのが妙味。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

○『ごめん、愛してる』 日曜21時~ TBS系

出演者:長瀬智也、吉岡里帆、大竹しのぶほか
寸評:「韓流を日曜劇場風にストンと落とし込んだ」という印象。裏社会と音楽業界、病気とトラウマ、ストレートな愛情と嫉妬……時代をさかのぼるような設定と展開は、イチかバチかの賭けだったのでは。長瀬は難しい作品を辛抱強くこなしたが、助演たちは持ち味を発揮していたとは言い難い。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆】

○『警視庁いきもの係』 日曜21時~ フジテレビ系

出演者:渡部篤郎、橋本環奈、浅野温子ほか
寸評:硬軟自在の渡部、元アイドルでコスプレ風の橋本、ダジャレのお兄さん、随所に映り込む動物たちなど、脱力感が連鎖。刑事モノであることを忘れそうになるが、事件の謎解きはしっかり動物にリンクさせていた。同枠は終了するが、早くからこの手の作品を放送しておけば継続できたかも。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

○『愛してたって、秘密はある。』 日曜22時30分~ 日本テレビ系

出演者:福士蒼汰、川口春奈、遠藤憲一ほか
寸評:弁護士と検事、医者と看護師、刑事と命を取り巻く職種が大集合。感情や価値観をダイレクトにぶつけ合うなど、若年層にもわかりやすい人間関係を巧みに構築していた。サスペンス連ドラとして視聴者を引きつけた一方、二重人格という結末は「それがアリなら何でもできる」禁じ手に近い。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

■プロフィール
木村隆志
コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月間20本超のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2000人を超えるタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス