最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

まっすぐ帰宅しない「フラリーマン」が急増? 庄司智春も「架空の打ち合わせを作る」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(画像はInstagramのスクリーンショット)

29日に放送された、フジテレビ系情報番組『ノンストップ!』で仕事後、まっすぐ帰宅しない「フラリーマン」について討論。お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春も、「フラリーマンであること」を告白した。

■愛妻家の庄司も早く帰らない


早く帰宅しても奥さんに「子供を寝かしつけたのに」と怒られたり「家事を手伝って」と言われるのが嫌で最寄り駅より手前で電車を降りて時間を稼いで帰る強者もいるようだ。

そんな、フラリーマンの気持ちに対して庄司は…

「僕は、仕事が無いと思われるのが嫌でよく架空の打ち合わせを作る。車でシートを倒して寝て30分くらい時間を潰してから帰る。

子供を寝かせるの時間に帰ると言われるので重ならないように家に到着してもエンジンを切った車内で静かに時間を潰している」

「ミキティー!」とテレビで奥さんの名前を叫ぶほど、愛妻家の庄司も早く家に帰らないようにしているようだ。

■ネット民は結婚の意味を考える


「旦那が早く早く帰宅すると予定が崩れる」や「旦那がうっとうしい」という主婦の意見。対して、帰宅したくないサラリーマン。ネットでは結婚について考える意見が目立った。






■家事は女性がするべき?


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,332に「家庭での男女の役割」について調査したところ「男は仕事、女は家事すべき」と回答したのは2割という結果に。

©sirabee.com

やはり、時代の影響か。お互いにシェアするという夫婦のかたちが望ましいと考える人が8割ということが明らかとなった。

毎日の仕事で疲労とストレスが溜まり、帰宅した後は大きく羽を伸ばしたいのがサラリーマンの本音だろう。しかし、子供がいる家庭であれば、主婦も家事や子育てに忙しく働き、中には「育児ノイローゼ」になる人もいるほど。

早く帰宅できる日は、風呂掃除など簡単な家事を手伝うことで帰宅しやすい環境も作れるかもしれない。

・合わせて読みたい→共働きの妻に「残業」と嘘をつき… 「フラリーマン」の実態に主婦激怒

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年3月24日~2017年3月27日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス