最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

豪華作家陣&キャスト集結の『下北沢ダイハード』、面白さの裏側に「異常な打ち合わせ本数」 濱谷プロデューサーが振り返る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●吉沢亮の表情を堪能したくて生まれた0.5話
小劇場界の最先端で活躍する人気劇作家と豪華キャストが集結し、下北沢で巻き起こる”人生最悪の一日”をテーマに設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディ・ドラマとして話題を呼んだドラマ24『下北沢ダイハード』(毎週金曜24:12~)。

このドラマは、近年注目されるテレ東深夜ドラマの面白さを象徴するようでもある。29日深夜に最終回をむかえる同作について、企画成立の背景や、キャストの魅力などについて同局 濱谷晃一プロデューサーに話を聞いた。

○古田新太さんの演劇愛

――今回は古田新太さんと小池栄子さんがストーリーテラーの役割を担っていますが、このキャスティングはどのように決まったのでしょうか。

小劇場と下北沢が舞台の本作。物語の入り口と出口を背負う人は、下北沢にも演劇にも縁のある人が望ましいと考えました。そこで、下北沢で毎晩飲み歩いている演劇人の代表格である古田さんと、下北沢出身で読売演劇大賞にも輝いた小池さんの組み合わせがピッタリだという結論になりまして。スケジュールはとても厳しかったんですけど、それを押してでもこのお二人にお願いしようと。

――物語の入り口と出口のシーンが飲み屋になったのは?

ストーリーテラーというと『ヒッチコック劇場』や『世にも奇妙な物語』の1人しゃべりが思い浮かぶので、差別化するためにも2ショットの与太話から始めようと。去年、演劇を見た帰りに下北沢の焼き鳥屋さんに寄ったのですが、たまたま古田さんが自分の後ろの席で飲みながら演劇について喋ってたんですよ。その記憶があったので、飲み屋の与太話からドラマが始まったらリアルで面白いなと思ったんです。

――実体験から繋がってたんですね。今回ご一緒されて古田さんはいかがでしたか?

衣装合わせのときに、11人の劇作家のラインナップをお見せしたら、すべての劇団を知っていて。流石だなと思いました。特に、サンプルの松井周さんに関しては「松井は昔っから変態みたいな戯曲しか書かないから、松井がテレビで何書くのか楽しみだな」って嬉しそうに仰ってましたね(笑)。打ち上げに劇作家さんも集合して、古田さんと小池さんを囲む会になりまして。そこでも古田兄さんの演劇愛は、本当に熱いんだなって感じました。

○吉沢亮の美形さが話題に

――1話完結なので、毎回たくさんの方が出演しました。吉沢亮さんは、第1話の「裸で誘拐された男」では神保悟志さんの息子役を演じた上に、特別編のエピソード0.5「下北沢で○○○が見つからない男」(29日23:59まで配信)にも主演していました。特別編のトイレがないという設定はどのように浮かんだのでしょうか?

今回は、僕もほぼ毎日下北沢の撮影現場に行きまして、そこで下北沢ではなかなかトイレが借りられない大変さを実感していました(笑)。ほとんどのコンビニがトイレを貸してくれないし、ラーメン屋さんにトイレためだけに入るわけにもいかないし……。脚本の劇団アガリスクエンターテイメントの冨坂(友)さんと、制作会社ソケットの櫻井(雄一)Pと話していたら、トイレ我慢しているくらいシンプルなほうが、スピンオフの「身も蓋もないピンチ」として良いということになって。

――0.5話を吉沢さんでというのは当初から決まってたんですか?

1話の編集中に吉沢くんの顔を見て、「本当に美形だね~」って皆で感心して。今回のスピンオフは吉沢くんの表情を堪能できるチャンスだ! と。チャップリンやバスター・キートンの時代のモノクロの映画みたいにしようってことでサイレントになりました。

――0.5話の最後と1話の冒頭が繋がってますよね。

下北沢駅の北口に公衆トイレがあるというオチなのですが、「そこって、1話に出てくるスーツケースの受け渡し場所だ!」というとこに気づいて、じゃあ、1話のプロローグ扱いにして繋げちゃおうと急遽思ったのですが、あの身代金用のスーツケースがもう用意できなくて……。そこで吉沢君に誘拐犯役の緑のマスクをつけてもらいました。あたかも最初から計算していたかのように見えませんか? 後付けなんですよ(笑)。

●佐藤二朗は本当に全裸
○異常に多かった打ち合わせ

――ドラマ24の枠に出演することを、喜んでくれる俳優さんもいたと思いますが。

おかげさまで。特に第1話「裸で誘拐された男」の神保さんは、ほぼ全編、全裸でスーツケースに入っている役なので不安でしたが、嬉々として演じて下さいましたね。逆に第2話「違法風俗店の男」の光石(研)さんは、「川栄ちゃんに裸見られるの恥ずかしいなー」ってしきりに言ってました(笑)。

――光石さん、『バイプレイヤーズ』でお話を聞いたときから、オフのエピソードがかわいらしいですよね。神保さんといい、光石さんといい、1話、2話と裸が続きましたが、それは偶然なんですか?

偶然です。ただ、第3話「夫が女装する女」でも野間口(徹)さんが下着姿になりますし、第6話「未来から来た男」でも佐藤二朗さんが全裸になりますし……けっこう裸ありましたね。光石さんと野間口さんは下着姿、神保さんも肌色の下着で撮影でしたけど、佐藤さんの撮影はド全裸で前貼りでした(笑)。佐藤さんは、メイキングのカメラに「お父さんの仕事はこれなんだぞ」と息子さんへのメッセージを発してました (笑)。

――もともとは下北沢を舞台にするのではなく、すすきのを舞台にした「すすきのダイハード」を考えていたそうですね。

風俗ビルの立てこもり事件を描く単発ドラマなんですが……。でも、この企画はテレ東とはいえ通らないなと思いました。スペシャルドラマとしてはマニアックだし、全編風俗ビルのワンシチュエーションっていうのも……。でも気に入っていたので、ドラマ24用に書き直しました。ワンシチュエーションパニックというテーマを残し、しかも小劇場の劇作家が競作するオムニバスドラマ。テレビの外の新しい才能を登用できるメリットもあるので、興味を持ってくれるんじゃないかと思ったんです。

――プロデューサーとして11話を詰めていくのは大変だったのでは?

脚本の打ち合わせの本数は異常に多かったですね。普通のドラマって数カ月前から準備して、第1話はすごい時間をかけて打ち合わせを重ねるけど、最終話のころには撮影が迫ってて、5日くらいで書いてるなんてことも。最初のころの丁寧さはどこに行ったんだって(笑)。今回のように、一人の作家さんが1本しか書かないのであれば、数カ月間、その1本のためだけに納得いくまで打ち合わせすることができます。もちろん、すんなり脱稿した方もいらっしゃいます。

○映像作家との化学反応

――11人の劇作家さんがいましたが、何か印象に残るやりとりはありましたか?

細川(徹)さんは、「俺はコント作家なのに劇作家のくくりに入っていいのかな」なんて言われてましたね。でも、身も蓋もないピンチを書くのはさすがでしたね。あと、サンプルの松井さんは「普段は何も起こらないことを面白がる演劇をやっていたけど、今回は何かが起こることが求められるから、それが大変であり、新鮮でもあった」という話をされていました。

――今回、「身も蓋もないピンチにあう」という、共通の「しばり」があるわけですが、劇作家さんにとっては新鮮なのではないでしょうか。

劇作家の方って自身に書きたいテーマがあると思うので、テレビのプロデューサーから、こういうテーマで書いて下さいって言われることって稀だと思うんですよ。でも、皆さん面白がってくれてました。松井さんの「所詮、一人の作家に書けるテーマなんて一つしかなくて、それをいろんな角度からやってるんです」というお話が印象的で。松井さんのテーマは「自分という人間の中の変容」のようなもので。最初から女装を書くって決めてましたね。皆さんの得意なテーマに『下北沢ダイハード』という企画をぶつけていった感覚です。

――第3話「夫が女装する女」の最後のオチに意外性があってジーンときました。一話、一話、テイストが違っていたけれど、第9話の「幽体離脱した男」は、今、若手の俳優さんたちが、小劇場の舞台にどんどん出ているという実際の状況と、すごくリンクしていると思いました。この作品も優しい結末でしたね。

ロロの三浦(直之)さんも、僕の企画趣旨を聞いて、いろいろなピンチを考えてくださったんですけど、三浦さんが本来やりたいことに立ち帰ろうということになりまして。それがボーイミーツガールだったんで、あの形にたどり着きました。

――今回、映像を担当するのが、3人のミュージック・ビデオの監督だったということですが、それはどういう狙いだったのででしょうか。

コミカルな要素を映像にできる人として関(和亮)さんにぜひお願いしたいと思いました。もともと関さんのミュージック・ビデオが好きだったし、他局のスペシャルドラマもよかったし。そこから企画の打ち合わせを重ねるうちに、だったら「劇作家×映像作家」という打ち出しで、普段テレビを作っていない人同士の化学反応が面白いんじゃないかと思い至り、MVで活躍する映像ディレクターさんにお願いする事になりました。

――実際に劇作家と映像作家の組み合わせでやってみてどんな化学反応がありましたか?

今回は作家性の強い劇作家陣の世界を映像に落とし込む企画だと思うんです。その点で、ミュージック・ビデオの監督は、ミュージシャンの作った詞や曲の世界をどう映像に落とし込むかというのが仕事の根底にあるので、うってつけだったなと。関さんは画がストーリーを邪魔しちゃいけないんじゃないか、どうやったらストーリーが見やすくなるのかってことに重きを置いたとおっしゃっていたので、すごく俯瞰で見ているんだなと思いました。

――この企画、実際にやられてみていかがでしたか?

11話のドラマを、一からキャスティング、一からロケハン、一から脚本打ち合わせしないといけなかったので、毎回スペシャルドラマを作っているみたいでした。現場の方からも「俺たちがダイハードだったよ」って言われました(笑)。オリジナルでオムニバスの深夜ドラマなんてなかなかないので、出演者や作り手がこういう企画に楽しんで参加してくれるという自信はあったんですが、視聴者にもこの変わった取り組みをちゃんと面白がってくれる人がいる、と感じられたことが良かったですね。

そして、ずっと好きだった小劇場で活躍する人たちをフックアップできたことも嬉しかったです。個人的な野望としては、このドラマが実現したことによって、元ネタの「すすきのダイハード」も何かしら着地すればいいなと思っています(笑)。

<著者プロフィール>
西森路代
ライター。地方のOLを経て上京。派遣社員、編集プロダクション勤務を経てフリーに。香港、台湾、韓国、日本などアジアのエンターテイメントと、女性の生き方について執筆中。現在、TBS RADIO「文化系トーラジオLIFE」にも出演中。著書に『K-POPがアジアを制覇する』(原書房)、共著に『女子会2.0』(NHK出版)などがある。

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス