最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

蒼井優、松坂桃李の“ゲス男”ぶり絶賛 「こんな薄いせりふをよく真顔で言えるな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』の完成披露試写会が28日、東京都内で行われ、出演者の蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊、白石和彌監督が登壇した。

本作は沼田まほかる氏の人気ミステリー小説を映画化。クレーマーで自分勝手で嫌な女・十和子を演じた蒼井は、観客への初お披露目に「ワナワナしています」と苦笑い。自身の演じた役を「演じれば演じるほど最低」と振り返り、「でも(松坂、竹野内など)自分より最低な人が出てくるからちょっと救われてみたり…。本当にクズ合戦みたいな感じでした」と笑わせた。

そんな嫌な女・十和子に異様な執着を見せる不潔で下劣な男・陣治を演じた阿部は「(現場で)すぐ汚されるんで、もうどうでもいいかなって。落ちたお弁当も平気で食べていました」とあっけらかん。「水虫設定」で爪をガタガタに見せるために「初めてネイルを温める機械に手を入れた」といい、「それで買い物に行ったら、(店員に)2度見されました」と切ないエピソードも語った。

妻子がありながら十和子と肉体関係を結ぶゲスな男・水島を演じた松坂は「ゲス。本当にその一言に尽きます。女性の敵。それぐらいペラペラペラ男です。共感できたら終わり」とクズっぷりを強調。「今、僕の名前の入っているうちわを持っている人もいるけれど、帰る時にはゴミ箱に捨ててると思う」と冗談交じりに話した。蒼井も「松坂さんはこんな薄いせりふをよく真顔で言えるなって、ツボに入って笑いが止まらなかったことも」とコメント。そんな男の役だが松坂は、オファーが来た際、「ここまで薄っぺらい男もなかなかできない」と思い、即決したという。

竹野内は、十和子の昔の恋人で別れる時に彼女にひどい仕打ちをした黒崎を演じた。蒼井が「まさか竹野内さんに受けていただけるとは…」と驚くほどの“クズ男”だが、当の竹野内はむしろ「これだけの豪華な共演者の中でちゃんと(自分が)できるかと不安だった」という。

蒼井については「いつかご一緒できたらと思っていた女優さん。本物の女優さんだなと改めて感じた。飾り気のない普通の感覚を持った方で、女優である前に(人として)すてきな方だと思いました」と褒めちぎった。

映画は10月28日から全国公開。

外部リンク(テレビファン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス