最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

蒼井優、主演作『彼鳥』は“クズ合戦” 阿部サダヲは竹野内豊との意外な共通点を明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 蒼井優と阿部サダヲが、28日に都内で行われた映画『彼女がその名を知らない鳥たち』のジャパンプレミアに松坂桃李、竹野内豊、白石和彌監督と共に登壇。蒼井は最低な人間ばかりが登場するストーリーについて「クズ合戦みたいな感じでした」と苦笑した。

【関連】『彼女がその名を知らない鳥たち』ジャパンプレミアフォトギャラリー

沼田まほかるの同名小説を実写化した本作は、クレーマーで自分勝手な女・十和子(蒼井)、不潔で下劣なうえ十和子に異様な執着を見せる男・陣治(阿部)、一見誠実そうな風貌ながらとにかく薄っぺらな水島(松坂)、十和子の昔の恋人で自身の出世や保身のためなら女を道具に使うこともいとわない黒崎(竹野内豊)が織りなす人間模様を描く。

蒼井は最低な女を演じるうえでの葛藤について「お話をいただいたときは、阿部さんと白石監督しか確定していなかったのですが、うわ~、そのお二方とお仕事できるんだと思って、うれしいなと思って引き受けたんですけど、あれれ? と思って(笑)。(台本を)読めば読むほど最低だなと思って」と述懐。その後に松坂や竹野内の出演を知ったことを振り返り「私より最低な人も出てくれるんだと思って、救われてみたりとか。本当にクズ合戦みたいな感じでした」と苦笑した。

一方の阿部は、衣装や所作の汚さについて「(現場に)行ったらすぐ汚されるので。一応、お風呂とかは入っていたんですけど、もうどうでもいいかなっていう瞬間もありましたよね。お弁当とかの時間で、落ちたものとか平気で食べてました。全然それで大丈夫でした」とコメント。松坂、竹野内と唯一共演しているシーンに話が及ぶと、「悔し泣きというんですかね。何なんだこいつら? っていう。殺してやりたいです」と冗談交じりにコメントし、竹野内に関しては、「すごいシーンをやったんですよ。この2人で。そのあと握手してね。よくやったねって。同い歳ですよ、僕たち。こんな同い歳ある?」と自嘲して会場を沸かせていた。

当日は、本作が第12回ローマ国際映画祭オフィシャル・セレクションに正式出品され、ヨーロッパ・プレミアを行うことも明らかになった。

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は10月28日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス