最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

筋肉で脇が閉らず!?…佐藤健の主演映画「亜人」、キャストらが明かしたウラ話&秘話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

2017年9月30日、桜井画門氏の人気漫画を実写映画化した「亜人」が全国公開となりました。 主演は佐藤健さんが務め、監督は「踊る大捜査線」シリーズやアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」などを手がけた本広克行さん。主題歌は、4人組ロックバンド「THE ORAL CIGARETTES(ジ・オーラル・シガレッツ)」の「BLACK MEMORY」となっています。

共演者には綾野剛さんや城田優さん、川栄李奈さんなど豪華なキャストが集結しており、注目を集めています。気になる映画のストーリーはというと……、
交通事故で死亡しながらも、生還したことによって、死と共に再生する能力を持つ新人類“亜人”の一人であることが発覚した主人公・永井圭(佐藤)が、国家権力やテロを繰り返す亜人たちとの争いに巻き込まれる様を描くSFアクション。 (※佐藤健vs綾野剛、『亜人』予告映像解禁! “IBM”の戦いが幕を開ける/クランクイン!より)
となっています。

原作とは違う点として主人公・永井圭が高校生から映画では研修医という設定になっていることです。

試写会やインタビューなどでは、主演の佐藤健さんをはじめとしたキャスト陣や本広監督が、映画撮影に関する裏話などを明かしていました。

綾野剛、筋肉で脇が閉らず!?…ストイックすぎる食事制限で“肉体改造”



綾野さんは9月4日に行われた完成披露試写会で肉体改造などについて語っています。

綾野さんは、佐藤さんと一緒に食事制限を行っていたそうで、2人はほぼ同じメニューを、ほぼ毎日食べていたそうです。綾野さんは、「亜人」の前の作品も含め約4カ月に渡り肉体改造を行っていたといい、「亜人」の撮影時には脇が閉まらないほどの筋肉になっていたことを明かしています。

関連記事:
佐藤健、「2センチ首が縮んだ」 『亜人』壮絶アクションの舞台裏明かす

本広監督は、8月26日に都内で行われた「亜人」とYoutubeのコラボンイベントに出席した際に綾野さんの役作りを賞賛。

綾野さんの筋肉は、"ノーCG"だったことや、筋肉のアップを撮影する際に直前まで腹筋や懸垂でパンプアップして筋肉をベストコンディションの状態に作りあげていたそうで、
『筋肉のアップを撮る時は、撮影の45分前に言ってください』と言われて。『45分後に撮影するね』と言ったら、控え室に行って、筋肉を鍛えてパンプアップさせてくる。はあはあ言いながら腹筋や懸垂をやって、(控え室から)出てきたら湯気が出ている (※「亜人」佐藤健&綾野剛の超ストイックな役作りとは?本広克行監督が告白/映画.comより)
と語っています。

川栄李奈、細かい部分にまでこだわった役作り。本広監督も女優として絶賛。



川栄さんは、下村泉役として出演。映画では、亜人・田中役の城田優さんと身長差38センチの激しいアクションシーンを演じることが明らかになっています。

また、川栄さんは今回の映画の為に髪をバッサリと切ったそうです。また、川栄さんは自身のInstagramで、役作りのために左目下にホクロを描いてこと報告。

「目下が自前のほくろで、左目下が泉ちゃん用ほくろ」と、自撮りショットとともコメントしています。

右目下が自前のほくろで 左目下が泉ちゃん用ほくろ。

川栄李奈さん(@rina_kawaei.official)がシェアした投稿 -


本広監督は、川栄さんの演技力について
「まったく同じ芝居を何回もできるんですよ。それぐらい精密に動ける。天性ですよね。コメディーセンスもあるし、オールラウンドプレイヤー。なんでもできちゃう」 (※川栄李奈、目標は「この人、AKBだったんだ?」 本広・新城監督も絶賛の演技力/マイナビニュースより)
と絶賛しています。

人気声優・鈴村健一、佐藤健と10年ぶりに共演!実写映画初出演を果たした理由



アニメ「銀魂」の沖田総悟役などで知られる、声優の鈴村健一さん。アニメ版「亜人」では、曽我部役を務めています。今回の実写版では、報道センターのアナウンサー・岩清水憲明役で出演。また、顔出しで演技を披露するのは初となるとのことです。

鈴村さんは、佐藤健さんが主演を務めた2007年放送の特撮ドラマ「仮面ライダー電王」(テレビ朝日系)で、リュウタロスというキャラクターの声で出演しており、今回の「亜人」で、佐藤さんとは10年ぶりの共演を果たしています。

出演のキッカケになった理由は、映画のアクション監督補佐が鈴村さんの実弟だったことからオファーがあり出演が決まったそうです。

関連記事:
声優・鈴村健一、実写版『亜人』でアナウンサー役! 佐藤健と10年ぶり共演

ちなみに、アニメ版で主演を務めた宮野真守さんが、実写版ではナレーションと佐藤さんが操る「IBM」の声で出演しています。

YouTuberのヒカキンが出演!その理由を本広監督が語る「世界観に合う」



原作にはない、YouTuberのヒカキンさんが実写版に出演することが明らかになっています。本広監督はこの経緯について、8月26日に行われた「亜人」とYoutubeのコラボンイベントで、ヒカキンさんとは4年前から知り合いだったこと明かし
物語の中で起きている現象、社会的状況を伝える手段として、テレビのニュース番組でアナウンサーに語らせる手もあるけれど、YouTuberがネット動画で訴える、という表現が世界観に合うな、とひらめいて。 (※実写映画『亜人』本人役でヒカキン出演の狙い 本広克行監督が明かす/オリコンニュースより)
と語っています。

予告篇からすでに「かっこいい」「テンション上がる」の声



解禁なっている予告編からすでに「かっこいい」「テンション上がる」など興奮するファンの声も多く挙がっています。9月30日の公開を楽しみに待つファンも多いのでないでしょうか?






公式サイト:映画『亜人』

※本記事内のツイートなどは、各サービスの埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

(担当・せきたようたろう)


関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス