最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ジェニファー・ローレンス、新作映画上映会で“中指おっ立て”アンチを挑発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 数年前まで「美しくてカッコいい、ハリウッドを代表する若きフェミニスト」と呼ばれていたジェニファー・ローレンス(27)が、主演した新作映画『マザー!』が映画ランキングでまさかの最低判定をくらい大激怒している。撮影を通して恋仲となった監督のダーレン・アロノフスキー(48)と出席した上映会で、観客に向けて中指をおっ立てる写真がネット上に流出してしまい、「負けビッチ」「言動すべてが不愉快」と叩かれている。

ケンタッキー州ルイビルで3人兄妹の末っ子として生まれたジェニファーは、兄たちの影響で勝気なおてんば娘として育ち、スポーツに精を出す傍ら、地元の舞台に立ったり、モデルとしても活動していた。女優として本格的に仕事を得るようになったのは、家族とニューヨークを訪れた14歳のときからだ。

頭の良かった彼女は、2年早く高校を卒業して、女優業に集中した。舞台だけでなく人気テレビ番組にもゲスト出演するようになり、17歳でテレビコメディ『The Bill Engvall Show』のレギュラーにキャスティングされる。番組の撮影が行われるロサンゼルスに移住し、映画にも出演するようになった。20歳で主役の座を射止めた『ウィンターズ・ボーン』(10)で高く評価され、アカデミー賞主演女優賞をっはじめとする数多くの賞にノミネート。ハリウッドで一気に知名度を上げた。

『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』(11)、そして翌年からの『ハンガー・ゲーム』シリーズで世界的に大ブレーク。SF、ホラー、コメディ、ロマンス、アクション、なんでもこなせる才女として、もてはやされるようになった。

しかし2014年、セレブたちのプライベートなヌード写真がハッキングによって流出した際には、旬の女優だったジェニファーの「パンティ姿で指をくわえてポーズをとるヌード写真」「全裸のセルフィー」ばかりが注目され、世間はその話でもちきりに。ジェニファーのものだとされる顔射シーンや女性器のどアップ写真まで出回り、「スカしてるくせに、こんな淫乱だったとは!」と世の殿方は大興奮した。

ジェニファーは「これはスキャンダルなんかじゃない。性犯罪、性的暴力であり、最低に汚らしい行為」だとハッカーに大激怒。「こんな自撮りをするなんて、ナルシストにもほどがある」という世間の冷たい目に対しても、かつて交際していたニコラス・ホルトに送るために撮ったものだったと反論。しかし、このヌード写真ハッキング流出事件後、ジェニファーのイメージは一気に下がり始める。

15年には『アメリカン・ハッスル』(13)の男性共演者たちより自分のギャラが低いことを知り「悪い評判が立つのを恐れて、ギャラ交渉時に強く出られなかった自分に腹が立つ」「ハリウッドでは、女が強く出ると生意気ととらえられるから」と業界の男女差別を訴えた。だが、ネット上では「カマトトぶってて嫌い」「男性共演者より出番が少ないんだから、ギャラが低いのは当然」「年間5,200万ドル(約58億4,700万円)も稼いでる女が、ギャラで男女差別を受けていると主張しても全く響かない」と叩かれ、同情してもらえなかった。

16年には米大手経済誌「フォーブス」の「最も稼いだ女優」で4,600万ドル(約51億7,300万円)と2年連続トップに立った。しかしSF映画『パッセンジャー』(16)でクリス・プラット相手に初挑戦したセックスシーンについて「緊張しちゃって、お酒たくさん飲んで。酔っ払った状態で撮影に臨んだの」と明かし、再び「カマトトぶるな」とバッシングされる羽目になった。

17年に入って、オーストリアのストリップクラブで酔っ払い、上機嫌でポールダンスを踊る映像が流出すると「どうせポールダンスするなら、全部服を脱げ!」と理不尽なバッシングを受け、過激なブロードウェイ作品である『1984』を鑑賞中に嘔吐したと報じられると、「それでもプロの女優か」とこれまたバッシング。ここぞとばかりにネットユーザーたちはジェニファーを叩き続けている。

このように、ここ数年で「アメリカのスイートハート」「ハリウッドを代表するフェミニスト」から、「ハリウッドの勘違いビッチ」へと激しくイメージダウンしてしまったジェニファーは現在、主演した新作映画『マザー!』のダーレン・アロノフスキー監督と交際中だ。こちらも口さがない人たちは「21歳も年上の男と付き合うなんて、気持ち悪い」と叩いている。

そしてこの映画『マザー!』が映画ランキングサイトで「最低レベルの映画」と評され、ジェニファーは大激怒中だ。上映会で、観客に向けて中指をおっ立てる写真がネット上に流出し、「本当にムカつく女」などと大バッシングが巻き起こっている。

アロノフスキー監督は、物議を醸す作品ばかりを製作してきたことで知られている。『レクイエム・フォー・ドリーム』(00)ではジャレッド・レトが12kg減量して麻薬依存に蝕まれ苦しむ主人公を演じ、『レスラー』(08)ではミッキー・ロークに落ちぶれた元人気レスラーの悲哀を演じさせた。ナタリー・ポートマン主演の『ブラック・スワン』(10)も、一流バレリーナがプレッシャーに押しつぶされ精神的に崩壊し、壮絶なフィナーレを迎えるという内容で、人間のダークサイドをサイコに描かせたら右に出る者はいないとまで評価されている鬼才だ。

そんなアロノフスキー監督がジェニファーとタッグを組んで製作するサイコ・ホラー・スリラー映画とあって、「映画界を刺激し、挑発する作品となるに違いない」と、『マザー!』にはよくも悪くも注目が集まっていた。

ところが同作が、映画ランキング「CinemaScore」で、まさかの最低ランク「F」と酷評されてしまったのだ。

このランキングは、米ラスベガスのマーケット調査会社「CinemaScore」が映画公開初日に実施する「映画を鑑賞した観客への作品に対する満足度のアンケートを聞き込み調査」の統計結果に基づき、A~Fまでランク付けするというもの。Aは良作、Bはまぁまぁ、Cはひどい、DとFは「製作する価値もない」または「プロモーションが失敗し、不適切な観客層を集めてしまった」と、この上なくシビアなもの。この結果は、映画の興行成績を予測する上で非常に参考になるとされており、信頼の高いマーケティング調査なのだ。

アンケートが開始された1978年から、これまでFにランク付けされたのは、ウィリアム・フリードキン監督の「寄生虫に体を蝕まれたという妄想に取り憑かれるカップル」を描いたスリラー映画『BUG/バグ』(07)、ジョージ・クルーニー主演、スティーブン・ソダーバーグ監督のSF映画『ソラリス』(02)、リチャード・ギアとヘレン・ハント主演、ロバート・アルトマン監督の『Dr.T と女たち』(00)など10作程度しかない。決して、むやみに「最低」を連発する手厳しいランキングではないのだ。

人気大衆紙「ニューヨーク・オブザーバー」でも、「『今年最もひどい映画』と評価するのをためらう。なぜなら『今世紀最もひどい映画』のほうがしっくりくるからだ」と酷評されるなど、評論家からは不評を買っている。

監督はこの酷評について「攻撃的な作品を撮っているからね。私はたくさんの悲しみ、苦悩を抱えており、それを表現したいんだよ。映画を作り上げるのは本当に大変なことで、たくさんの人から『ノー』を突きつけられる。その『ノー』を受け止めながらも作り上げるのには、信念が必要なんだ」とコメント。「作品は私の叫びなんだ。もしその叫びを聞きたくない人がいるのなら、それで結構だ」と、やんわり反撃した。

製作会社のパラマウント映画サイドも「監督も主演女優も最高の仕事をし、大胆な映画を作り上げた」「我々は安全パイの作品ばかり作りたいわけではない。作品が嫌いだという人がいても、それで構わない」というコメントを出し、F認定されても気にしないと公言している。

主演のジェニファーも19日に米芸能サイト「EW」の取材に対して「好きな人は好き、また見たいと思うでしょうね。でも嫌いだという人は徹底的に嫌うものなのよ。中間っていうのはないの」「最高の気分だわ。みんなの話題になって、論議を醸して」と余裕な態度を見せた。

ところが、実際にはジェニファーはこの評価に大激怒していると、一部メディアは報道。その証拠に、ネット上に流出している、アロノフスキー監督と共に出席した『マザー!』上映会で、観客に向けて中指をおっ立てたジェニファーの写真を掲載し、「この中指は、評論家たちに対するファック・ユーだ」と伝えた。

この写真を見たアンチは「何様!?」と爆発。「負けビッチの遠吠え」「最近のジェニファーは何もかもが不愉快」などと大バッシングの嵐が巻き起こってしまった。

米芸能ゴシップサイト「Us ウィークリー」は、「ジェニファーは『マザー!』の撮影裏話をおもしろおかしく話していた時に、中指を立てていた」と報道。隣のアロノフスキー監督も楽しそうに笑っているため、おそらく実際にはそうなのだろうが、彼女の人を小馬鹿にしたよう表情も相まって、ネット上では「だとしても、ジェニファーはムカつく」「どんな形であっても、観客に向かって中指をおっ立てるなんて」と炎上は続いている。

気になる映画の内容は、「一軒家で暮らし始めた夫婦のもとに次々と不審な訪問者が現れ、不安がる妻をよそに、夫は彼らを泊めていく。そんな中で妻は妊娠し出産、母になり、予期せぬような出来事が起こる」という精神的にじわじわくるサイコ・サスペンス。妻役をジェニファー、夫役はペネロペ・クルスの夫ハビエル・バルデム、不審な訪問者をミシェル・ファイファーやエド・ハリスが演じている。

アロノフスキー監督は頭脳明晰でハーバード大学卒の秀才としても知られているが、『マザー!』を見た人からは、「別にハーバードに行かなくても、高校中退してても、この映画がどんなにひどいかは理解できる」「良い作品に仕上げるために宗教的な要素を入れたのが大きな間違いだったね」「はいはい、みんな死ぬんでしょ。で、神様が真の救済者なんでしょ。強引に遠慮なく押し付けてくるから、バカにされた気分になる」「最悪」などと、盛大にディスられており、気の毒なほどだ。

今月5日にヴェネチア国際映画祭で上映された際にも、たくさんのブーイングと拍手が入り混じる結果になったと伝えられている『マザー!』は、日本では来年1月19日公開予定。これほど見たくなる「F」ランク作品もないだろう。公開まで待ちきれない。

外部リンク(サイゾーウーマン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス