最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

牛丼、カツ丼…1000円以内で山盛り食べられる!「丼ものチェーン店」満足度ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


30~50代の男性食通サラリーマン200人が足繁く通っている各種チェーン店のNo.1をアンケートの結果をもとに決定。サラリーマンの胃袋を格安で満たしてくれる至極のメニューとは?

◆“1000円で山盛り”に。満腹になれる丼ものとは?

サラリーマンにとっては身近な存在の丼ものチェーン店。

今回は、1000円で山盛り食べられる丼ものチェーンとサラリーマンが軸にしている絶品丼ものベスト5を決定。そのベスト5を見ながら、丼ものチェーンを知り尽くす松浦達也氏に1000円で山盛りを楽しむオススメの組み合わせを聞いた。

<1000円で山盛り食べられるランキング>

1位 吉野家(52票)

2位 なか卯(40票)

3位 伝説のすた丼屋(28票)

4位 松屋(25票)

5位 かつや(19票)

まず最も票数を集めたのは、吉野家だ。「牛丼なら断トツ。大盛りにしても飽きない」(42歳・営業)という味の安定感とクオリティの高さが1位につながったようだ。

「牛丼の品質の高さは、チェーンでは随一。満腹度重視のベストは牛丼の特盛、卵、お新香にけんちん汁でジャスト1000円。野菜も取れて、好バランスです」

2位はなか卯。特に親子丼に関しては、「いつも特盛をベースにサイドを決めていきます」(38歳・銀行)というほど評価が高い。

「親子丼は出汁が濃くなって、味のクオリティも上がったんです。また、京風のうどんも優秀な逸品。大盛りの親子丼と唐あげ(5個)に、はいからうどん(並)をつければ最後までさっぱりと食べられる。これで930円はお得です」

また、3位の伝説のすた丼屋や4位のかつやはタレや肉質の良さが高評価につながった。松浦氏も「豚肉の良さを生かしたこだわりの大盛りメニューが抜群」と語る。

「すた丼は並のご飯が吉野家の牛丼(並)の2倍近い量です。これに肉飯増し+肉増しにすれば約1kgの重量で930円。ニンニク醤油の秘伝タレで、ペロッと完食できますよ。また、かつやは長期熟成された豚肉をとんかつに使用しています。カツ丼(竹)に、さっぱりキャベツと具だくさんのとん汁(大)を組み合わせると1000円で豚を味わい尽くせます!」

今回は伸び悩んだが、松浦氏が「今年は天ぷらリバイバル元年といわれています」とてんやを推す。

「魚介は仕入れ値が高いんですが、旬の食材を使ったメニューは絶品。海老や帆立が入った元祖オールスター天丼と小そばセット(990円)は特別なごちそう感もすごい」

各チェーン店の特色で通い分けることが、満足度を上げる秘訣だ。

<絶品メニュー ベスト5>

1位 アタマの大盛(吉野家)税込み480円

アタマの大盛を2杯注文すればおなかも満足。特盛でも680円とリーズナブル。

2位 親子丼(なか卯)税込み490円

親子丼の特盛(650円)に、セットメニューを選ぶと満足感を高められる。

3位 すた丼(伝説のすた丼屋)税込み630円

満腹中枢を刺激する餃子セット(900円)や油そばセット(980円)もある。

4位 カツ丼(かつや)税込み529円

豚肉の歯ごたえが楽しめる。ダブルカツ丼(920円)もオススメ。

5位 わさび山かけ牛丼(すき家)税込み470円

牛丼ととろろのコンビネーション。特盛にしじみ汁セットで890円。

【松浦達也氏】

フード・アクティビスト。チェーン店から一流店まで知り尽くす専門家として多方面で活躍中。近著に『新しい卵ドリル おうちの卵料理が見違える!』などを執筆

― [チェーン飯]の絶品ランキング ―


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス