最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ウォズニアッキがムグルッサに快勝で今季7度目の決勝進出 [東レPPO]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「東レ パン・パシフィック・オープン」(WTAプレミア/東京・有明コロシアムおよび有明テニスの森公園コート/本戦9月18~24日/賞金総額100万ドル/ハードコート)のシングルス準決勝で、第3シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)が第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)を6-2 6-0で退け、今季7度目の決勝進出を決めた。試合時間は1時間。
 今大会に10年連続出場となるウォズニアッキは、2010年と16年にタイトルを獲得。昨年は準決勝で日本の大坂なおみ(日清食品)を7-5 6-3で破り、2度目の優勝を果たしている。
 7月にウィンブルドン(イギリス・ロンドン/グラスコート)で2度目のグランドスラム制覇を果たし、全米オープン後に24人目のWTAランク1位となったムグルッサは、世界ナンバーワンとして初めての大会出場だったが、この試合では29本の凡ミスをおかし、最後にはウォズニアッキに10ゲーム連取され、この試合に敗れた。
「長いラリーでは、頑張ったけど体力がなくなって疲れを感じていた。カロラインはいいプレーをしていたと思う。私は大事なポイントをとることができなかった。それで一気に試合の流れが彼女に傾いたと思うわ」とムグルッサは試合を振り返った。
 ウォズニアッキは大会連覇と今季初優勝をかけて、第7シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を破ったアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)と対戦する。
 今季3度目のタイトル獲得を目指しているパブリウチェンコワは、第3セット0-3とケルバーにリードを許したが、試合を通して7度ブレークに成功し、最後は7ゲームのうち6ゲームを奪うなどして、6-0 6-7(4) 6-4の逆転で下して決勝進出決めた。
 パブリウチェンコワは、第3セットでケルバーにリードされていた場面では、次に中国で出場する武漢(WTAプレミア5/ハードコート)のことを考えていたことを認めている。
「第3セットの途中で、次に出場する武漢の大会のことを考えていた。飛行機の予約もしないといけないと思っていたけど、それと同時に私はいつも最後まで全力でプレーしているわよ」(C)AP(テニスマガジン)
※写真は「東レ パン・パシフィック・オープン」(東京・有明テニスの森)の準決勝で対戦した世界ナンバーワンのガルビネ・ムグルッサ(左)とカロライン・ウォズニアッキ(右)
Photo:TOKYO, JAPAN - SEPTEMBER 23: (L-R) Garbine Muguruza of Spain and Caroline Wozniacki of Denmark shake hands after their semi final match during day six of the Toray Pan Pacific Open Tennis At Ariake Coliseum on September 23, 2017 in Tokyo, Japan. (Photo by Matt Roberts/Getty Images)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス