最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

化粧水は最低〇回以上!? 乾燥に負けない顔をつくる美肌ルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
紫外線ケアを頑張った夏が終わったと思えばすぐにやってくる乾燥の季節。
もうこの乾燥肌は治らない、何しても無駄……と、諦める前に、一度スキンケアを見直してみませんか?
もしかしたらその乾燥肌、間違ったスキンケアが原因かもしれません! あれこれ高機能アイテムをプラスするよりいつものケアを見直すと乾燥とは無縁の肌になれちゃうかも♡

クレンジングはうるおい重視のミルクタイプを
メイクを落とすのに欠かせないクレンジングですが、メイクと一緒に肌に必要なものも落としてしまっている可能性があります。
それは皮脂です。皮脂はいわゆる天然のクリームとして肌のうるおいの蒸発を防ぐために存在します。この皮脂をとりすぎてしまうと、肌内部のうるおいが蒸発して乾燥肌になってしまうのです。

そうならないために、クレンジングをミルククレンジングにしませんか? オイルクレンジングはよく落ちてらくちんですが、メイク汚れ(油)がよく落ちるため、皮脂も必要以上に奪ってしまいがち。反対にミルクタイプのクレンジングは、洗浄力が高くはないため濃いメイクやウォータープルーフのアイテムは落ちにくいですが、その分皮脂を必要以上に奪わず、クレンジング後も肌がしっとりするので乾燥肌の方におすすめです。乾燥肌に優しいとはいえ、長い間肌に乗せていると皮脂を奪ってしまうので、1分以内に32℃~34℃のぬるま湯で洗い流しましょう。

ぜひ、自分の肌に合ったクレンジングを選びましょう♡

おすすめコスメはこちら♡
がごめ昆布クレンジングミルク / shiro


shiroのがごめ昆布クレンジングミルクは、まず何といっても香りがいい。その上、昆布に含まれる「フコイダン」によってクレンジングしながら保湿ケアできるんです。

化粧水は1回じゃ足りない! 最低〇回はなじませよう
化粧水は保湿には欠かせないアイテムですよね。そんな化粧水は1回肌になじませれば保湿完了と思っていませんか? 実はそれでは足りないのです!

うるうる肌に近づくためには、化粧水を少しずつ最低5回はなじませましょう。とはいえ、5回! と決めつけずに、肌がもちっとするまでその時の肌状態と相談して、乾燥しているときは5回以上、うるおっているときは5回だけなど臨機応変に回数を変えてみてくださいね♡
保湿に欠かせない成分は、セラミド、アミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸などです。これらが入っている化粧水を選ぶようにしましょう。

おすすめ化粧水はこちら♡
ナチュラルモイストローション / アミノリセ

金沢にある老舗の酒蔵「福光屋」による化粧品ブランドの化粧水で、お米と水を発酵させてできる独自成分『コメ発酵液FRS-01』が配合されているのが特徴。日本酒のアミノ酸よりも約3倍ものアミノ酸が含まれているとかで、使った直後から肌のふっくら感を感じることができて、おすすめです♡

シートパックは使用時間を守って!
より乾燥に効く美容成分を浸透させるために、シートパックを使用している方も多いのではないでしょうか。
シートパックは化粧水よりもたっぷり保湿成分が含まれており、マスクを肌につけるので密閉効果もあります。そのため、より多くの保湿成分を肌に浸透させることができます。それゆえに、肌にのせればのせるほど美容成分が浸透すると思いがちですが、実はそれ逆効果なのです!

水分は少ないほうから多いほうに移動する性質があるので、水分の多いシートマスクが蒸発する際に肌の水分も一緒に持っていかれてしまい結果肌が乾燥してしまうのです。シートマスクを使うときはパッケージに記載されている時間を必ず守るようにしてください。

おすすめフェイスマスクはこちら♡
美白フィルアップ3Dマスク / JADE BLANC


天然由来成分90%以上のオーガニックコスメのブランドであって、きちんと効果を実感できるアイテムを多数取りそろえているのが魅力的です。 このシートパックは美容液約1本分が配合されていてとっても贅沢。やや値段は張りますが、季節の変わり目のスペシャルケアにはぴったり♡

トライアルセットもおすすめ♡

毎年毎年悩まされてきた乾燥肌も少しのスキンケアを見直すことで和らぐ可能性があります。諦めずに、日々のスキンケアを見直してみてください。きっと今年こそ乾燥肌と無縁のうるうる肌になれますよ♡
(濱田文恵)

外部リンク(LAURIER PRESS)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス