最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

こんなヤバいアクロバット見たことない!秘かなブーム・ダブルダッチ世界王者の日本人、圧巻の演技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年8月に開催されたダブルダッチの世界大会「DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2017」で、KO-YA、YUI、Kai、KEITAの4人からなる日本のプロチーム「REGSTYLE」が優勝し、世界チャンピオンとなった。

あまり聞きなれないダブルダッチというスポーツだが、近年日本では徐々に競技人口が増え、マイナースポーツながら日本のダブルダッチ業界は世界から注目されているという。

そこで今回、REGSTYLEのメンバー4人に、ダブルダッチの魅力や今後の目標について話を聞いた。

●ダブルダッチの魅力

--ダブルダッチは、どのようなスポーツなのでしょうか。

Kai 縄を2本使って、2人の回し手が左右のロープを半周ずらして内側に回し、その中を跳んだり、アクロバットを決めるというスポーツです。跳ぶ速さを競う競技色の強い種目や、制限時間内にダンスをしたり、トリックを行ったりするエンターテインメント色の強い種目があり、僕たちがメインにしているのは後者のほうです。米ニューヨーク発祥のスポーツですが、実は今では海外よりも日本のほうが盛り上がってきているんですよ。

--みなさんは、なぜダブルダッチを始めたのですか。

YUI 私は高校2年生の頃に、姉が通っていた大学の学園祭でダブルダッチを見て、一目惚れしました。高校からダンスを始めて、何かダンスの要素を取り入れた新しいことに挑戦したかったので、その大学を受験して念願のダブルダッチサークルに入りました。まさかこんなに長く続けることになるとは思っていませんでした。

Kai 僕はみんなよりスタートが早くて、高校1年生からダブルダッチを始めました。中学までは色々なスポーツをやっていたのですが、中学3年生の頃、都立目黒高校を見学に行った際にダブルダッチを知り、クリエイティブなことがしたかったので、一目見てこれをやろうと決めました。

KEITA 俺は……なんで始めたんだろう(笑)。ずっとサッカーをやっていて、高校からフットサルに切り替えたんですが、本気でプロを目指していました。日本体育大学(以下、日体大)に入ったあとも東京のクラブでフットサルを続けていましたが、日体大に入ったからには何かほかに部活をやろうかなと考えました。そのころ、先輩にダブルダッチをやっていた人がいて、とりあえず仲間に入ったんです。初めはなんとなくでしたが、大学に入って1~2カ月後にフットサルをやめ、そこからはダブルダッチ一本です。もともとダンスやアクロバットとか、目立つのが好きだったのも理由のひとつかな。

KO-YA 僕は友達に誘われたのがきっかけです。高校までサッカーをやっていて、日体大に入ったんですが、当時日体大のサッカー部はそこまで強くなかったので、ここでやってもな……と気が乗りませんでした。しかし、「何か本気でスポーツをしないと4年間つまらないな」と思ったときに、友達がダブルダッチ部に誘ってくれたんです。ダブルダッチに対しては、中途半端にチャラチャラしていると思っていたので、最初はすごく嫌でしたが、いざ見てみたら“本気感”が伝わってきて、「ちょっとやってみようか」と思って始めました。ただ、本気ではまったのは1年くらい後です。先輩の思いの熱さを聞いて、「ダブルダッチってかっこいいな」と思うようになりました。

●ミスが露骨にわかるからこそ、緊張感が生まれる

--ダブルダッチの魅力とはどんなところでしょうか。

YUI 競技を通して成長できる点ですね。ダブルダッチは別名“思いやりスポーツ”ともいわれていて、思いやりを持ってやらないと、ただのチームスポーツでしかないんです。いまだにチームのことや、ダブルダッチ全体のことを考えてメンバーとぶつかることもあるし、悩むこともありますが、チームメイトや色々な人の支えの中で、考え方やどんな言い方をしたら思いが伝わるのかを、ダブルダッチを通して学べている気がします。

Kai 僕とYUIはダブルダッチを始めて約11年ですが、ダブルダッチを通して多くの人と会うことで、人間関係のつくり方を学びました。あと競技の面では、単純にかっこいいのでリスペクトもありますし、自分たちが表現したいことやパッションを、ロープを使って視覚化して伝えられるのが魅力です。

KEITA 魅力なのかはわからないですけど、ダブルダッチをやっている人がそんなに多いわけではないので、ほかの人とかぶらないことをしているというのは、自分の中で好きな部分ではありますね。

KO-YA ダブルダッチはミスを人のせいにできるし、協力し合わないと成り立たないので、自然と協力姿勢が身につく気がします。いろいろな業界、他競技の人と話す機会が最近増えてきているんですが、そのなかで「ダブルダッチってまとまっているよね」と言われることがあります。理由をみんなで話したときに、「チームとして共に何かやろう」という気持ちが育っているんじゃないかという結論に達しました。もうひとつは、対人の競技でありながら、パフォーマンスという部分です。自己満足ではなく、人を楽しませて、何か思いを持ってもらえることがダブルダッチの魅力だと思います。

--逆に、ダブルダッチの大変な部分はどこだと思いますか?

KO-YA チームスポーツであるがゆえに、1人ではできないこと。思いやりが大事だということはいい面ですが、大変な部分でもありますね。

YUI それと、練習環境がまだ整っていないので、練習場所に困るときがあります。ダブルダッチをするにはある程度の高さや広さが必要なので、どこでもできるわけではないんです。一方で、今は主にスタジオや代々木公園、駒沢公園などで練習しているんですが、外でやっていると多くの人に見てもらえて知ってもらえるので、いい面ということもできるんですよね。

Kai あとはミスが露骨にわかっちゃうところ。ミスをするとロープがグチャってなるので、見ている人にとってもわかりやすいんです。僕らが今行っているショーは始めて1年になるんですが、日々練習していてもミスは生まれてくるので、常にそことの戦いですね。

KO-YA 僕はミスがわかりやすいからこそ、観客側に緊張感が生まれて、通し切ったときに盛り上がるんじゃないかとも思います。引っかからずに演技できた後の爆発力はほかのスポーツと比べても絶対に負けません。

●メンバー間の相互理解から見える奥深さ

--メンバーそれぞれのいい部分、悪い部分を教えてください。

KEITA Kaiさんのいいところは真面目で、逆に悪いところも真面目。俺やKO-YAさんは大雑把な性格なんですが、Kaiさんは俺らが雑にやるところをきっちりとやろうとしてくれて、ちょうどいいラインになることもあれば、真面目がゆえに面倒くさいこともある。YUIさんは、唯一の女性なので、一歩引いた位置で見て、一言でまとめてくれる。ただ、団体行動が苦手なのか、たまにひとりでいなくなることがあります。この間はいないと思ったら、ソフトクリームを買いに行ってました(笑)。KO-YAさんのいいところは、どんな場でも空気を読む。でも空気を読みすぎるあまり、ズバッと本音を言う機会が少ないかもしれないですね。

--では、KEITAさんがみなさんの長所短所を言ってくださったので、残りの3人でKEITAさんの長所短所を言っていきましょう。

KEITA 集中砲火!?

Kai KEITAは大雑把で選り好みが激しいし、好き嫌いのもとで行動している。それが多分いい方向に転じていて、超クリエイティブだし、どんなことでも興味を持ったら止まらない。KO-YAさんとかけ合わさるととんでもないミラクルが起きるので、僕らはいつも楽しませてもらっています。

YUI 自分の感覚でしっかりYES・NOをジャッジして、突き進んでいくところは見ていてすごいなと思いますし、ダブルダッチが本当に好きだということが、言葉以外の部分で伝わってくる。あと、こういう場面で、率先して「Kaiさんのいいところは~」ってパッとまとめ上げられる力を持っていることですかね。

KO-YA KEITAは正直だよね。いいことも嫌なこともちゃんと言える正直さはかっこいいです。

Kai でも空気読むときは読む。言っちゃいけないときとかはあるじゃないですか。そういう場面では言葉を押し殺すこともできるんですよ。

●世界王者になるまでの苦労と今後の目標

――8月に開催された世界大会「DOUBLE DUTCH CONTEST WORLD 2017」で見事優勝されましたが、何か苦労されたことはありますか。

KO-YA チームとして動き出すときに、メンバーの気持ちを合わせることを大事にしました。僕らはプロでやっていて、世界チャンプが一番の目標ではない。ただ、目指すものがそれぞれあるなかで、ひとつチームとしての目標を決めようと思った。そのときに全員の気持ちを揃えるのは少し慎重になりましたね。でもそれぐらいかな。あとは楽しんでやってきただけです。

--世界チャンピオンになってから約1カ月ですが、何か以前と変わりましたか。

KEITA 特にはないですね。変わってくるとしたらこれからだと思います。俺がプロになったのは去年ですが、学生の頃は「プロ」というイメージがショーをメインに活動してる感じで、あまり好きじゃなかった。それを変えたくてこのチームに入り、世界チャンプになったので、これからダブルダッチをしている人たちが憧れるプロチームになっていければと思います。

KO-YA 世界タイトルを取った人がプロになることはありますが、プロチームとして現役活動中に世界を取ったのは僕らが初めてだと思います。

Kai プロが大会に出るのはそこそこリスクがあります。学生に負けられないといった意味で。だから、そもそもプロはあまり大会に出ていないんですよ。

--そんななかであえて出場し、みごと優勝されたわけですね。では、今後の目標をそれぞれ聞かせてください。

KEITA 世界一をキープし続けることです。チームでもソロでも、ちゃんと結果を残したり、人前に立ち続ければ、何かしらいいことがあると思っているので、これからもがんばります。

KO-YA 僕も行けるところまでは結果を出し続けるということです。世界大会2連覇ももちろん狙います。そして30代後半から40歳くらいになったら、ダブルダッチをもっと海外に根付かせたいです。ダブルダッチを世界中で爆発させる火付け役になりたいと思っているのですが、ただ今はまだゴリゴリ挑戦していきたいですね。

Kai 世界大会に出るのも、次のステップを意識したわけではなくて、やれること、やりたいことをやってきた結果、世界チャンピオンになれたと思うので、「これをやろう」というよりは、今後もどんどん突っ走って行きます。

YUI 私たちの思いをいろいろな人に知ってもらいたい。ダブルダッチという看板を背負って、違うカルチャー、ダブルダッチに出会うきっかけのない人にもっともっと広げていきたいですね。

--最後に、読者のみなさんに一言お願いします。

KO-YA ダブルダッチ自体がまだそこまで有名ではないので、記事を読んでもらって初めて知ったなら、僕たちのことをチェックしてもらえたらうれしいですね。ぜひアンテナを張って、REGSTYLEが出演するショーやテレビを見ていただければと思います。

--本日はありがとうございました。

(取材・文=日下部貴士/A4studio)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス