最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

おかずにトーストにパンケーキに使いたい「ペースト」3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 濃厚な食感のあるペーストは、肉や魚介、野菜などをやわらかく滑らかな状態にしたもの。おかずやトースト、パンケーキなどに使えば、なぜか豪華な一品にみえるから不思議ですよね。そこで今回は、食材の異なる3つのペーストをご紹介します。

●レバーペースト

ペーストといえばレバーペースト。フランスパンなどにつけて食べればちょっとセレブな食事になり、クラッカーに乗せればちょっとしたおつまみになります。タレントの松居直美さんは、自作のレバーペーストをよく作るのだとか。先日は鳥レバーとしめじで作ったレバーペーストをバゲットにのせ、息子さんと食べていました。大人も子どもも楽しめるようですね。

●野菜ペースト

野菜嫌いにもおすすめなのがこのペースト。野菜のペーストと聞くと、ちょっと苦みが出るのでは?と心配になりますが、意外にも食べやすいんです。とくに食べやすいのは、甘みのあるかぼちゃペーストやさつまいもペースト。おやつ感覚で食べられますよ。

作り方は、切った野菜を煮て、ミキサーにかけるだけ。このぺースト、牛乳を混ぜればポタージュ風にも! 甘くすればトーストやパンケーキにも使えますよ。

●アーモンドバターペースト

アーモンドをミキサーで細かく刻み、はちみつと常温に戻したバターを加えてペースト状にします。このアーモンドバター、料理にも応用が利くんですよ。タレントの上原さくらさんは、ホームパーティーでナッツをペースト状にしたものをグリーンカレーに入れてアレンジ。濃厚な旨味のあるカレーになったそうです。

また、アーモンドバターペーストは、豚しゃぶのタレに混ぜても美味しいといわれています。

ペーストは、アレンジの可能性が無限! ぜひ食卓に取り入れてみましょう。

外部リンク(アサジョ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス