最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「やめときゃよかった…」女性が後悔した“好き好きアピール”って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


好きな人ができると、とにかく一直線! もう彼のこと以外何も考えられなくなってしまう人はいませんか? でも彼女でもない女性からガツガツアプローチをされた彼は、正直困惑しているかも……。
そこで今回は「女性が後悔した片思い中の彼への“好き好きアピール”」についてリサーチしてみました。

1. とにかくLINEを送りまくる

「彼とLINEできることがうれしすぎて、ついついどうでもいい内容まで送ってしまっていた。だけど当然面倒くさがられてスルー……。もっと駆け引きすれば良かった!」(25歳/BA)

▽ 好きな人とのLINEのやりとりって、本当に幸せなんですよね。でも返信がきていないのにしつこくLINEを送りすぎてしまうと、彼にうざがられてしまいます。最悪ブロックされてしまう恐れも……。過剰な駆け引きをする必要はありませんが、彼の気持ちや生活を読み取ることも大切ですよ。

2. プレゼント攻撃

「学生時代に手作りクッキーやケーキを好きな人にあげていました。でも彼が『何が入っているかわからないし食えない』と捨てていたことが判明……」(23歳/販売)

▽ 高級品や彼の好みの物など、プレゼントをあげれば喜んでもらえそうですよね。でも「何か物で釣られているみたい……」と構えてしまう男性は多いもの。特に彼女でもない女性からの手作りお菓子は、食べるのもためらってしまいます。片思い中の彼へのプレゼントは、旅行のお土産程度にとどめておいたほうが良いかも……。

3. SNSの投稿すべてにイイネ

「彼がTwitterで呟いたことや、インスタの写真全てにイイネを押しまくっていた。そしたら彼が裏で『○○さんからいつもイイネがきて怖い』と嘆いていたそうです……」(27歳/飲食)

▽ たまにイイネをするのは問題ありませんが、彼のSNSの投稿すべてにリアクションをするのはダメ。彼から「監視されているようでイヤだ」と怖がられてしまう原因になりますよ。たまにイイネやコメントをするくらいのほうが、彼からも気にかけてもらえるでしょう。

4. 周囲から固めようとする

「どうしても彼と付き合いたかったので、彼の友達と仲良くなってジワジワ攻めていこうと思った。でも彼から『俺の友達にまで迷惑かけないでよ』と怒られてしまいました」(24歳/受付)

▽ 彼が振り向いてくれそうにない場合、周囲から固めていく作戦に出る人もいるでしょう。でも友達から冷やかされたり、恋愛事情に首をつっこまれるのが苦手な男性からすると、ただただうっとうしいだけみたい。ほかの人に頼るのではなく、きちんと自分の力で恋を成就させるようにしましょう。

もしかしたらうまくいく可能性があった恋を、自分のせいでダメにしてしまうのはもったいないですよね。男性の気持ちも考えたうえで、暴走しない程度に好きアピールをするようにしましょうね!

外部リンク(女子力アップCafe Googirl)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス