最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【オーナーに聞く】キャンピングカーの魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。
9月5日(火)のテーマは「キャンピングカーLIFE」でした。今、キャンピングカーに乗る人が増えているようで、日本RV協会の調査によると、2016年の日本国内におけるキャンピングカーの総保有数は10万台を超えたとのこと。軽自動車を改造したキャンピングカーも登場し、そのリーズナブルな価格にも注目が集まっています。というわけで今回は、キャンピングカーのオーナーに、キャンピングカーの魅力について聞いてみました!
(TOKYO FM「シンクロのシティ」2017年9月5日(火)放送より)



キャンピングカーLIFE

【◆ダイレクトカーズ:代表取締役 キャンピングカーディーラー】
やっぱり普通のクルマでは味わえないことをできるっていうのが一番の魅力だと思っています。中で寝たり、冷蔵庫の中の冷たいドリンクが飲めたり、僕は釣りが好きなので餌とかで手が汚れても車内で洗えたり、釣った魚も冷やせるので! 自分の趣味がもっと楽しくなると、人生、面白いなって!(笑)。

――一般的にキャンピングカーの標準装備ってどのようなものが?

基本的に、電子レンジとかシャワーなどがないとキャンピングカーにはならないですね。そのほかに冷蔵庫とかべッドとか付いてくる形なんですけど、お客様のライフスタイル、趣味、遊びに合わせて楽しくなるよう、私どもは力を入れています!

――キャンピングカーって値段もピンキリなんですか?

安価なものでも300~1000万を超えるものもあります。比較的出やすいのは500~700万ぐらいの価格のものです。

――今、軽トラをキャンピングカーにするのが人気だと聞きましたが、どんな車種でもキャンピングカーにできるんですか?

だいたいイケます(笑)。どんな車種でも、だいたいキャンピングカーにできます!

【◆キャンピングカーを所有している60代のご夫婦】
はい、持ってます! TACOS(タコス社)のHANAというキャンピングカーです。T0Y0TAのライトエースですね。ちょっと改造してハイルーフにしたものです。以前はワンボックスカーに乗っていたんですけど、買い換えようといろいろ物色していたときにキャンピングカーを知り、お店を覗いてみたところ、値段もそんなに変わらないので買ってしまいました(笑)。

テレビも付いてますし、車中泊で寝ることもできますし、そのほかにもいろいろ付いてますし。なにより1500ccの小さいサイズなので普段使いができます。クルマの後ろを開けると右手に流し台、ちょうどその真後ろにテレビが付いてまして、天井には換気扇も。流し台の右上左上には棚も付いてます。で、運転席の上には子ども用のベッドスペースが備え付くという感じです! 家具が木製なので家にいるような雰囲気あります。

――キャンピングカーにはどんな魅力が?

どこか旅行に行くとなると宿の手配が必要ですけど、その心配もなく出発できちゃう! 基本的には車中泊でどこへでも行けるかなって! 目的を定めないで北海道まで転々と行ってまた帰ってくる、そんなことをやってみたいなと思ってます! クルマの見方が変わります。踏み込むしかないです! “エイヤー!”です(笑)。

【◆キャンピングカーを所有している60歳の男性】
――キャンピングカーに乗ってどのくらいですか?

だいたい、6年ぐらいです。きっかけは趣味が野鳥の写真撮影ですので、現地で泊まれるクルマはないかなというところで車中泊から入りました。SUZUKIのエブリイのフェイスを変えて、後ろをキャンピング仕様に改装しているものです。フルフラットのベッドは、やっぱり一番いいですよね! 楽に寝られるので。あとは折りたたみ式のテーブルがあってよかったと思いますね。要らないのは、ガスレンジです。中で調理をしませんので。朝食だけ簡単に済ますというところでコーヒーぐらいは沸かしますけど、主に外でやりますし、今は道の駅やコンビニもありますので(笑)。私が始めた頃はお仲間がいなかったんですけど、今はキャンピングカーで泊まりながらいろいろ巡ってるという方をよく見かけます。海沿いでしたら地元の海産物を買って、外で炉端焼きみたいにして食べたりとか。呑んだ後、そこで寝られちゃうのがいいですよね。

――呑んだ後でも、すぐに寝られる車中泊!

はい(笑)。

【◆キャンピングカーを所有している旦那様36歳、奥様43歳のご夫婦】
旦那様:今年乗り始めたばっかりで、今、半年ちょっとです。軽ワゴンに乗ってます。インターネットとかで情報を見て。

――車中泊はどちらで?

旦那様:基本は、道の駅で探してます。道の駅に行くとキャンピングカーに乗っている方たちが、どこに行ってもいました。歩いて観光したり、朝の景色や夜の景色を見に行ったり。もともと行き当たりばったりなんで、宿を予約してということは今までもやってなかったんです。どこまで行けるかというのは、旅のひとつの楽しみでもあるから。時間にも縛られない。

奥様:もう、快適です! 旅館で寝泊まりするより、自由な時間に寝られるので。今年2月に長野に雪まつりを観に行って、外はすっごい寒かったけど、キャンピングカーは快適だったなって。

――キャンピングカーで大変だったことは?

旦那様:快適すぎて何も悪いことはないです(笑)。強いて言うなら、田舎のほうに行くとガソリンの問題とか、坂道とかになるといきなり燃費が悪くなったりする、それぐらいですかね。

――キャンピングカーの魅力は?

旦那様:自由に旅ができるというのは、魅力だと思います。日本一周したいですね! まずは北海道に行きたいな。長期旅行でなんとか。

――キャンピングカーはお2人にとってどのようなものですか?

奥様:普段は仕事で忙しくてなかなか会話できないけど、キャンピングカーだと2人でずっと会話ができたり、景色を見ながら話題が増えていったり。おしゃべりができる場所かなと思います。今も話してるんですけど、ローンが終わったら、またキャンピングカーを買おうかって(笑)。

【人生が自由になる、キャンピングカーLIFE】
堀内貴之は「朝日が見たいなぁとか、星がきれいな夜だったら星を見に行きたいなぁとか、普段思ってもなかなかすぐには出られないじゃないですか。でもキャンピングカーなら、寝るところがあるのですぐに行くことができるし、後はその土地の美味しいものを食べればいい。キャンピングカーの魅力は、なんといってもその自由度ですね!」とコメント。今回お話を伺った人たちのほとんどが「キャンピングカーはメリットばかりで、デメリットはほぼない!」と、とにかく満足しているよう。興味がなかった人も、ついついその詳細を調べたくなってしまうオンエアとなりました。

<番組概要>
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス